So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

2017/3/23 Jスポ大丈夫か [区営ジムにて]

内輪ノリの解説が苦手であまり見ていないとは言え、Jスポのメジャーレース中継が薄くなったのは悩ましいな。


■3月23日(木)

筋力トレーニング。

●ワンハンド・ショルダープレス(ハンマー)
 10kg×限界repずつ×6set
 初期重量が謎の為、プレート重量のみ記載

●肩関節のダンベル
 7kg×1set
 8kg×1set
 9kg×10rep×2set

●ワンハンド・バーベル・ロウ(スミス)
 25kg×1set
 35kg×5set

●チェストプレス
 5set

●腹筋
 25rep以上×3set


会場周辺に良さげな食事処が色々あるので、トラック世界選手権がメチャ楽しみ。
伊豆も五輪前にビッグレースを開催するであろうが、現状のままでは食事は絶望的だな。毎度お馴染みの、お弁当屋さんが仕出しついでにやっているのだけじゃなくて、本格的な屋台が出店してくれないものか。かじぱらオムライス、ベロドロームカレー、優香の鉄鍋餃子。そういう感じのご当地B級グルメのオンパレードで良いから、やって欲しい。売り子は競輪学校の生徒にさせれば問題なし。
nice!(0)  コメント(0) 

2017/3/22 古い自転車譲りたい [区営ジムにて]

何年も前に書いたこの自転車が、未だに誰の手にも渡らず我が家の片隅にあると言う。出来れば誰かに再利用してもらいたくて、粗大ゴミにも出せてない。
うーむ。片したい。


■3月22日(水)

筋力トレーニング。

●スクワット
 50kg×1set
 70kg×1set
 75kg×1set
 80kg×5rep×3set
 70kg×10rep×2set

●フロントプレス(スミス)
 25kg×1set
 45kg×7~8rep×5set

●バックプレス(スミス)
 27kg×6set

●腹筋
 25rep以上×3set

●サイドレイズ(マシン)
 5set


Law & Order 犯罪心理捜査班の最初のシーズンが再放送しているので第1話を見直したが、導入部分が長い割に大味な事件だわ、容疑者のアジト突入時にド派手なBGMが流れるわ、署内の他のメンバーとも力を合わせてるわ、犯人への揺さぶり方も割かし普通だわで、後のエピソードとは雰囲気が全然違っていた。
この作品は刑事物で一番好きなシリーズの1つだ。主人公ゴーレンを中心に置いたストーリーが成功している。脆さのある奇人っぷりを見事に演じたドノフリオは凄い。相棒のエイムズは時に姉のように、時に飼い主のようにゴーレンをいなすシニカルで男勝りでユーモアのあるキャラクター。ゴーレンをからかうこともあるものの、彼のミスは絶対に庇うし、お節介は焼かないが、葛藤多きゴーレンを何も言わず見守る。エイムズは、誰もが思う最高のバディではないだろうか。これを女性にさせているという点も素晴らしい。この2人の組み合わせが非常に秀逸だ。
キャスティングで残念なのは、ゴーレンのライバル役の美人犯罪者ニコールだ。女優の演技がちょっとアレで、男を手玉に取る深い闇を抱えた知能犯に全く見えないのに、ゾンビ並みの生命力で何度も再登場してくる。これは辛い。いっそ整形した設定で、演技の上手い女優にすり替えて欲しかった…。
ニコールのお陰で、ゲイよりもレズビアンの方が悲惨な目に遭っていることが多いような印象もある。直ぐに思い出されるのは、大学勤めのインテリホワイトカラーレズ。これは、マイノリティが高度な資格や知識を伴う仕事に就くという“あるある”から来ているので良い。
次、家族と絶縁状態の孤独なアジア系メッセンジャーレズ。ニューヨークでメッセンジャーをやってる人間のアナーキー感から来ているのか?人種もセクシュアリティも環境も、と詰め込み過ぎなキャラ設定だが、今年のアカデミー賞もそんな感じだし、仕方ない。どちらかと言うと、「ふくらはぎが太い=メッセンジャー」という推理をゴーレン達が始めたことにモヤモヤする。
最後、家にダンベルを置いてるレズ。男と付き合ってる形跡が無い+家にダンベルがある=レズだろう、ということで始まる事件捜査。これは以前にも言ったけど、心理捜査と言うより、制作者が持ってるイメージだろ!しかも、ダンベルレズは、自分のダンベルで殺されるので哀れすぎ。
nice!(0)  コメント(0) 

都内で開花するとあがる日記 [雑談]

ガラケー写真家より皆様へ。
去年、一昨年に撮った都内の桜写真、適当にあげときます。
sakura17-8.jpg

ここ数年の猛プッシュにより、東京を代表するお花見スポットとなった目黒川
sakura17-3.jpg
sakura17-4.jpg
sakura17-5.jpg
sakura17-6.jpg
以前、中目黒駅近くに貼ってあったEXI●Eの事務所のポスターに「EX●LEは中目黒と共に育ちました」というようなメッセージが書いてあったのですが、私の母は「別にE●ILEが誕生する前からそこそこ話題の場所でしたけど?」と食って掛かっておりました。
だけど確かに、彼ら絡みで来ている人は増えた。事務所のグッズを売ってるショップには週末ともなると長い行列が出来るし(平日は知らない)、事務所公式ダンススクール帰りとおぼしきつばの曲がってないキャップをかぶった子供達は小粋なステップを踏みながら駅までの道のりを歩いている。

皇居の桜を見たら忘れずに近くの川にも行きましょう
sakura17-11.jpg
川が花びらでいっぱいになります

楽しい春をお過ごしください。
nice!(0)  コメント(0) 

2017/3/20 ボヘミアも春分 [区営ジムにて]

■3月20日(月)

筋力トレーニング。

●ワンハンド・インクライン・サイドレイズ
 5kg×12rep×1set
 7kg×12rep×1set
 8kg×12rep×1set
 9kg×12rep×1set
 10kg×12rep×1set
 8kg×12rep×1set

●フロントレイズ
 10kg×スーパーセット×1set
 20kg×スーパーセット×4set
 10kg×スーパーセット×1set

●ワンハンド・ケーブル・リアレイズ
 5set

●リアデルト(マシン)
 5set

●アブベンチ
 20kg×25rep以上×3set

●バーベル・ロウもどき
 5set

●インナーサイ
 5set

●アウターサイ
 5set


gleeのシュー先生がLaw & Order 犯罪心理捜査班にゲストで出てる回があるんだけど、髪がクルクルパーマ過ぎて頭に内容が入ってこない…。
スー先生が彼の髪質を罵倒する気持ちが分かったわ。
nice!(0)  コメント(0) 

2017/3/19 昨日はひきこもり [区営ジムにて]

去年の食事写真、まとめてあげました。

怒涛のラーメン編
命の肉編
和食だよ編
イタリアン・フレンチ編
雑多編


■3月19日(日)

筋力トレーニング。

●リバース・ハックスクワット
 35kg×1set
 55kg×1set
 75kg×1set
 115kg×1set
 155kg×8rep×3set
 115kg×1set
 75kg×1set

●ワンハンド・バーベルロウ
 40kg×1set
 60kg×5rep×5set

●バーベル・ヒップスラスト
 40kg×限界rep×5set

●ルーマニアン・デッドリフト
 50kg×1set
 70kg×6rep×1set
 90kg×3rep×1set

●スモウデッド
 110kg×1rep×1set
 100kg×5rep×6set

●デッドリフト
 70kg×10rep×5set

●ラットプルダウン
 5set

トレ後にいきなり!ステーキ行っちゃった
20170319_145231.jpg
300gだから控えめですね


□■突如始まるワインネタ■□
Louis Jadot Santenay Gravieres 2014
20170316_202636.jpg
酸味苦みのバランス良しな辛口フルーティ。
ヴィノスやまざきの福袋にて。中目黒にオープンした勢いで袋を買ってしまったが、お得感が皆無なので来年は買わない(宣言)。

Ch. de Francs Les Cerisiers 2012
20170316_202912.jpg
メルロー主体とのことだが、しっかり渋みもあり濃い。まだ若い感じで、ちょっと残念だった。
コストコで1,000円台。

Mahoney Vineyards Gavin Vineyard Chardonnay 2014
20170316_203522.jpg
辛口フルーティのバランス良しワイン。グッド。
ヴィノスやまざきの福袋に入っていた。定価では買わないだろうな。

San Polino Brunello di Montalcino Helichrysum 2003
20170316_203535.jpg
酸味が少々ありながらも、円やかで上品な味。
数年前に、マカオのフェリーターミナルで1,000円程度で買ったはず。別のヴィンテージも飲んでみたいが、ググったら結構な値段であった…。

朝日町ワイン 巨木の雫 2010
20161209_103610.jpg
完熟しきった山ぶどうのみを使用し、昔ながらの方法で醸造熟成した山ぶどう酒。
不快な酸味では無いが、酸味は強い。甘さもうっすらある程度で、かなり素朴な味わい。

都城 ISHIKORIDOME 2014
20170316_203551.jpg
やや濁っていた日本のシャルドネ。
優しい甘い香りはするものの、強いフルーティさはない。白にフルーティを求めない人には良いのかも。和食には合わせやすそう。

Capucine Blanc 2014
20170316_203605.jpg
バランス良し。
ヴィノスやまざき福袋にて。1,600円くらい(?)で買えることを考えると、かなり上出来。これはリピートしても良いかも。

百年の孤独 2007年ボトル詰め
20170316_204538.jpg
20170316_204549.jpg
度数は高いが、あたりがキツくない。樽の香りもしつつ、少し着色した程度で控えめな色。
瓶ごと凍らせてストレートで飲んだが、最高。ウイスキーオタはどう思うか知らないが、ストレートで飲むならこれくらいのクセの方が万人受けすると思う。
nice!(0)  コメント(0) 

香港旅行記まとめ [雑談]

昨年7月の香港旅行記、完結しました。
同じく昨年12月の香港旅行記は、これからちまちま更新していきます。良ければどうぞ。

いつか完結する予定[2016年師走:香港でミシュランを探そうの旅]
1日目
2日目 前半 後半 
3日目 前半 後半
NEW!4日目 3/16更新
NEW!5日目 前半 後半 3/18更新
6日目
7日目
最終日

2017/1/21に漸く完結[2016年夏:最愛の添好運北角分店編]
1日目 
2日目 
3日目 
4日目 
最終日 

[2016年年初:香港トラック観戦旅行記]
1日目 
2日目 
3日目 
4日目 
5日目 
最終日

[2014年:香港旅行記]
1日目
2日目
3日目
最終日

[2013年:香港旅行記]
1日目
2日目
3日目
最終日

[2011年:香港旅行記]
1日目
2日目
3日目
最終日 
nice!(0)  コメント(0) 

最近の食事写真~2016 それ以外 [雑談]

ボディビル観戦の際、きゅりあんのCAFE and BAR* sweetで食べたハンバーグサンド
16food-42.jpg
時間に追われるボディビル観戦なだけに、さっさと出て、値段も手ごろなのは助かる

年1回くらいクアアイナに行ってる気がする
16food-34.jpg
アボカドチーズバーガーしか頼まない

タイ料理屋さんのカレーラーメン
16food-58.jpg
上の揚がった麺をスープに混じらせるのが大好きで、それの為に頼んでいると言っても過言ではない

サンシャインシティの中華、中華旬彩料理・火鍋 聚
16food-20.jpg
16food-19.jpg
盛りが良い。爆買いアニオタの皆様がご来店するのだろうか?
16food-21.jpg
連れのエビチリもそうだったけど、メニュー写真と実態との差が大きい。実際に出て来たのは田舎くさい見た目の角煮やんけ!

共栄堂のタンカレー
16food-30.jpg
16food-31.jpg
苦味が独特な唯一無二のカレー。
数年ぶりに訪れたら、店員全般に言えるツン感が大分和らいでいて衝撃を受けた。

中野のスリランカ料理店、アチャラナータのランチ
16food-37.jpg
エッグアッパー、米粉とココナツオイルで作ったクレープ状のものに塩コショウで味付けした卵が乗っている。やさしーい味。
16food-38.jpg
スリランカカレーは、上に乗った具を混ぜ混ぜして頂くものだそう。全体的に味付けは濃過ぎず上品。スパイシーなカレーとトッピングのふりかけやお漬物的なものが混ざることで、味わいが非常に深くなる。

中野サンモールにあるマダムのオアシス、梅家
16food-39.jpg
クリームあんみつ。
甘味からおいなりさん、麺類まである古き良き甘味処。増量中のビルダーの皆さんは店頭のおいなりさんを買って、ゴールドジム ウエスト東京へGO!

グランニッコー東京 台場の楼蘭
16food-45.jpg
チャーシュー入りメロンパン
16food-46.jpg
麗しのマンゴープリン
たらふく食べて紹興酒も飲みまくったのに、デザートの写真しか撮ってない

フルーツタワー
16food-71.jpg
話題なんですね、これ

情熱大陸で取り上げられたショコラティンのおチョコ
16food-32.jpg
16food-33.jpg
食べかけの写真で申し訳ないのですが、芸術品のように美しい。
間違いなく、お茶やコーヒーより、お酒に合う。ヨーロッパのチョコのようなド濃厚な感じでは無いのだ。自分がセレブになった気分で、シャンパンやワイン片手につまむのが良いと思います。

入間のアウトレットで時間を潰したい時に使うホノルルコーヒー
16food-41.jpg
コーヒーを飲みながら「コストコでワインを何本買おうかな」と考えていると、あっという間に時間が過ぎていきます。

2017年もハッピーなグルメライフが送れますように
16food-73.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

最近の食事写真~2016 イタリアンとフレンチ [雑談]

中目黒のイル ボスケット
16food-47.jpg
16food-48.jpg
16food-49.jpg
薄焼きピザが売りのお店で、ランチのコスパはメチャクチャ高い。ワインも色々あり、昼から気軽にワイワイ飲める。
中目黒には、高さがウリになってるような店以外にも色々選択肢があるので、是非色々なお店に行ってみてください。というか、中目黒の2大有名ピザ屋は正直…。

目白のビブグルマンフレンチ、ル・モンサンミシェルのランチ
16food-55.jpg
ワインで頂きたい前菜の盛り合わせ
16food-56.jpg
ブリオッシュで頂く、お上品サイズのハンバーガー、ポテトは鴨の油で揚がっている。
気軽に入れるフレンチで、夜にも期待出来る感じ。

いつもの所
16food-24.jpg
16food-25.jpg
16food-26.jpg
16food-27.jpg
16food-72.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

最近の食事写真~2016 日本のお料理 [雑談]

六本木の新店、蕎麦六本
16food-35.jpg
辛めのタレで好み。値段も抑えていて良い。
写真は無いけれど、高い方の玄そばというお蕎麦の方が、蕎麦の味わいが深くて気に入った。

福岡の伯母が上京してきたので連れて行った、麻布十番の総本家更科堀井
16food-52.jpg
かき揚げ天もり。カラッと揚がったかき揚げが絶妙。東京の蕎麦屋で出す天ぷらの中でも、トップクラスの出来ではなかろうか。

銀座の美登利寿司
16food-17.jpg
あれま、おつまみの写真しか撮ってない。ここは家族が大好きなお寿司屋さんである。

しかし最近は、池袋にスシローが出来たので、そちらに心を奪われている模様
16food-50.jpg
数量限定の、ネタの盛りが良い豪華寿司は絶対頼む
16food-59.jpg
貝尽くし~

神保町の海鮮居酒屋、魚百の海鮮丼
16food-51.jpg
数種類の魚が混ざっていて嬉しい海鮮丼。ぶつ切りのお刺身、いくら、とびっこで食感の違いも楽しめる一品。
焼き魚のランチも美味しく、近くにあったら通いたくなるようなお店だ。

入間のアウトレットで一番気に入っているレストランは、ぼてぢゅう
16food-40.jpg
16food-57.jpg
16food-70.jpg
今までなめていたモダン焼きだが、ここで食べてから好きになった

2016年と言えば、広島カープ凄かったですよね
16food-54.jpg
日本シリーズの最中、酔っ払いながら入ったカープ 東京支店の広島焼き。チーズも入れた方が良かったな~。

トラックレース観戦で、修善寺詣でをする際の定番ランチ
16food-67.jpg
会場に売りに来てるカレー+三島コロッケ。会場はいつも微妙な温度なので、温かいものが有難い。

上手い時間に試合が終われば、鰻が食べられる
16food-69.jpg
三島の2大うなぎ店のひとつ、うなぎ 桜家さんのうな重。
東京の人間も違和感なく頂ける感じ。表面は香ばしく、身はふわりとしていて美味しい。薄味という人もいるようだが、私は卓上のタレはかけない。
16food-68.jpg
う巻きも良いよ。

あ、東京でもランチで激安うなぎを食べていたんだ…
16food-16.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

最近の食事写真~2016 肉 [雑談]

六本木の中華の人気店、尖沙咀 さん
16food-28.jpg
ランチで人気の角煮の、別バージョン。トロっとしたお肉に、見た目ほどクドくない醤油味がベストマッチ。
ここはメニューに載った料理、メニューにない料理、どれもハズレ無し。内装は完璧にパブやクラブの居抜きの体だが、味は一流、値段も良心的。
料理にケチ付けるところはひとつもないので、ハイボールのサーバーだけ置いてください!
ああ、何度も行ってるのに写真はこれしか撮ってない。

水道橋のビストロ ユウ
16food-36.jpg
16food-44.jpg
ランチから、ビッグサイズの豚肉が頂けますぜ。筋トレオタの人と行くとメチャ盛り上がります。

鶏肉ランチ率が高かった
16food-43.jpg
炭焼きから
16food-53.jpg
揚げたのまで色々食べたなぁ

いきなり!ステーキさん、お世話になりました
16food-18.jpg
16food-22.jpg
16food-23.jpg
平日ランチのコスパは神ですな

東中野のおなかいっぱいさん、大好きです
16food-60.jpg
今年も仕事で疲れ切った時などに、寄りたいと思います

東京の富裕層のアメリカン御用達レストランで頂いた素晴らしいお肉
16food-61.jpg
メインはこの中から、お好きなのを選べるとな。国産牛の小さいヒレでは無く、一番大きいアメリカンなビーフを頼むroso氏。肉に対して真摯な性格である。
16food-65.jpg
こんなにトリュフかけてしまって良いものだろうか…ハラハラ
16food-63.jpg
16food-64.jpg
16food-66.jpg
それ以外の料理も、ペアリングのワインも、ベリーグッド。
照明が上品すぎて、写真だとイマイチになってしまい無念。窓から見える東京の夜景などは、低層階住民の私の心に染み入りました。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -