So-net無料ブログ作成

2016/12/20 ミシュラン香港・マカオ版を探せ!【3日目の後半】 [雑談]

マカオグルメの旅、ブーストかけます。
500mほど歩くとミシュラン掲載店があるので、馬拉糕を背負った体でるんるんスキップして行きまっせ。

焼いた豚を挟んだバンズの有名店、新英記咖啡麵食。ミシュラン掲載店ですよ。
161220-57.jpg
無情に閉まるシャッター。本日は休業ですって。

観光客ゼロ、もとい歩行者がゼロに近い道をてくてく歩き、次へ
161220-58.jpg
161220-59.jpg
161220-60.jpg
161220-61.jpg
161220-62.jpg
161220-63.jpg
161220-64.jpg
161220-65.jpg
161220-66.jpg
161220-67.jpg
ほどほどに廃れてて、たまんないですね

昨日フラれたドライフルーツの名店「檸檬王」さんだが、マカオの下町にも同じ名前のお店があるらしい。
マカオと香港とでは店名が同じであってもパッケージが違う。両者の関係はよく分からないが、ミシュランにはマカオの店だけがストリートフードのカテゴリーで掲載されている。
これは行かねばだ。

マカオの檸檬王は、マンションの片隅にある
161220-68.jpg
知らなきゃいかない場所だなぁ。人だかりも出来てない。

係の人を呼び出したところ、出てくるは愛くるしいおじさん。
甘草檸檬はあるかと聞いたら、普通にあるという。香港では欠品続きの人気商品も、ここではあるということか。折角なのでまとめ買い。

店舗の近所には、地元の人が集まる綺麗な公園があるし、ちょっと歩けば繁華街にも出られる。
住むには良い所なのだろうな。

気になる食堂
161220-69.jpg
お昼を食べるお客さんでいっぱいだった

公園
161220-70.jpg
ポルトガル的ね

次のグルメを求めて行くわよっ
161220-71.jpg
161220-72.jpg
161220-73.jpg

巷で話題のココナツアイスのお店、洪馨椰子
161220-74.jpg
あんたもお休みかいっ!

めげずに進むわよっ
161220-75.jpg
161220-76.jpg
161220-78.jpg
161220-79.jpg

バイク、片側に重心寄り過ぎよっ
161220-77.jpg

観光客でごった返す通りに近づいてるわよっ<何故オネエ口調になるのか>
161220-80.jpg
161220-81.jpg
161220-82.jpg

人多過ぎな観光地のど真ん中に来てしまった
161220-83.jpg
目的はこれね。ミシュラン掲載の台灣帝鈞碳烤胡椒餅
161220-84.jpg
台湾の胡椒餅が頂けるんですよ。「マカオで台湾かいっ」てツッコミが来そうですけど、私もそう思います。
一度に焼ける数に限りがある為、レシートが引換券になっている点は覚えておこう。つーか、それちゃんと説明して欲しかったな…。クッシャクシャのレシートをお店の人に渡す羽目になった私の気まずさと言ったら。
161220-85.jpg
肉汁・ネギ・サクサク生地・胡椒の辛さで、まぁ不味い要素が見当たらない食べ物ですよね。
マカオで食べるべきかはさておき、良いファーストフードです。

人がいすぎて気味が悪い観光区画は早々に抜け、ガイドブックの常連・佳記麵家に勇んで向かう
161220-87.jpg
お店の前が工事中。い、嫌な予感が
161220-88.jpg
嫌な予感は当たるぜ…ここも休みか。

グルメ通りと評判な福隆新街で仕切り直しである
161220-86.jpg
161220-92.jpg
普段4,000歩しか歩かない肥満体が、この時点で2万歩以上歩いているのだが…

高級乾物を惜しげも無く使った軽食が手軽に頂ける添發碗仔翅美食 さん
161220-91.jpg
行列が消えた瞬間に通りかかったので、迷わず入店

隣りの席の人が食べていた海鮮焼きそば
161220-89.jpg
店構えに反して、味は高級店風。乾物のエキスを生かした薄味である。
161220-90.jpg
名物フカヒレスープの1番安いものも。これでも十分美味しいし、日本で食べたら高そうな高級具材がふんだんに入っている。

2品で110パタカくらい?
乾物を生かした料理なのに、割安。値段で対抗出来る店が、香港には幾つあるだろうか?

ここでカメラの電池は無情にも切れたが、乾物パワーで私の体は生き返った。
NHKの番組で見て以来、気になって気になって仕方のないお店まで歩く。道すがらにマカオ系のカジノホテルがある為、通行人が多い。

外観写真は撮っていないが、香港から通う人もいる名レストラン、皇冠小館でマカオ最後のご飯です。
メニューにビバンダム君が登場してるし、最新のミシュランサイトにもその名が載っているお店だが、星付き・ビブグルマン・スナックカテゴリーのどれでも無い模様?ミシュランのことはよう分かりません。

もう飲んでも良いよね、マカオビールいっちゃいました
161220-93.jpg
飲んでたら来ましたよ

人気のエビたまご麺が
161220-94.jpg
誇張無しで、今まで食べた中華麺(汁麺、汁無し麺共に含めて)で1番美味しい。これだけでもマカオに行く価値ありだ。
エビの卵のえぐみが一切無い。竹で伸ばした麺は歯ごたえがあるが、必要な水分は残っている。香港の麺にありがちな、モサモサ&パサパサも無し。麺単体でもイケる味で、素材の良さが感じられた。
あまりの感動に麺を2人前食べても良かったが、他のメニューも試したい。

お店の人はエビ麺と一緒に名物の蟹のお粥をプッシュしてきたが、それは食べられん。
追加オーダーは高級白魚のフリットに決定
161220-95.jpg
塩コショウが程よくかかっていて美味。ビールが進みます!

安い店に毛が生えたような店ではあるものの、皇冠小館ではサービス料をきっちり取る。加えて今日は休日なので、サービス料もいつもより割増すと。今日はつくづく休日に泣かされている。
そうであっても、価格に十分見合う料理の質だと思う。同じような金額で、もっと残念なものを出す店もある。
8日間通して一番のレストランだと思っている。

近くのバス停で港へ戻る。
本日のお勤め終了…とは行かない。

ポートワインを持って帰ることも、マカオでの目的の1つである。
フェリーターミナル上階に洒落たワインショップがあったので、そちらで説明を聞きながらポートワインを選ぶ。中国返還から20年弱、所謂ポートワインの在庫は多くないそうだ。
その中から目についたもの、ホワイトポート10年、ヴィンテージポート、タウニーポートの3本を選ぶ。下調べの通り、ヴィンテージポートはポートワインの中でも別格だそうだ。ヴィンテージでなら、どのブランドがオススメかを聞いたら、迷わずFerreiraにしておけと。素直にそれを買う。家で何年か寝かせよう、楽しみだ。
だけど、今度行く時には、直ぐ飲める何十年物とかも買ってみたいなぁ。と帰る前から次のことを考える。

帰りのはチケット通りの船に乗ることになった。
行きよりもドンブラコドンブラコと揺られたので、酔い止めの甲斐なくグッタリ。極端に乗り物に弱い訳では無いのだが、どういうこと。
香港の入国審査に駆け足で行く気も起きず、だらだら入境。上環は朝とは打って変わって、座り込む途方もない人数の団体客に、ファーストフード屋での中国人のおしゃべり、おのぼりさんを取りまとめるガイドの掛け声と、かしましい。

なかなか酔いが抜けず、MTRに乗って宿へ着くのがやっとであった。
少しつまもうと、部屋で昌盛咖啡粉麵店の馬拉糕をかじりながらワインを。
そのまま横になる。3万歩も歩いていた身体の為にも、ひたすら寝よう。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。