So-net無料ブログ作成

2016/12/21 ミシュラン香港・マカオ版を探せ!【4日目】 [雑談]

目覚めた時の体は重くなく、マカオの疲れもあまり残ってはいないようだ。
宿の目の前を走るトラムを利用し、金鐘の近くで下車。

朝ご飯は
161221-2.jpg
車仔麺之家さんで、車仔麺を

車仔麺とは、麺と好きな具を組み合わせて頂ける屋台発祥の麺だ。
車仔麺之家さんは、朝から開いている数少ない車仔麺のお店。英語のメニューも置いてあるので、初心者にも良さそう。店内はさっと食べて出られる、立ち食いスタイルです。

着丼
161221-1.jpg
モツや牛バラ肉をトッピング。
ベースのスープは濃いめで中毒性があるが、味はビシッとまとまっていて美味。2~3日に1回食べたくなる感じ。
土地柄、立ち食い麺にしてはお安くは無いし具の盛りも豪快では無い。だけど好き。

TVの天気予報でも言っていたが、今日は雨のようだ
161221-3.jpg
161221-4.jpg
時折ポツポツと降っている

食べたばかりではあるが、額のお店が並ぶトラム通りを進み
161221-7.jpg
おとつい行った金鳳茶餐廳さんに
161221-5.jpg
念願の、パイナップルパンのバター挟みこと菠蘿油とご対面。バターの塩気と昔っぽいパンの甘さが混じり、たまりませんな。
温かいものを提供してくれたが、金華冰廳の方がアツアツを提供してくれた分、より美味しいと感じた。
161221-6.jpg
エッグタルトは、金華冰廳よりここのが上。パイ生地にほの甘いカスタードが乗っていて、お茶と合う。

雨が本降りになって来た
161221-8.jpg
161221-9.jpg

トラムに乗って、ショッピングビルが多い中環へ
161221-10.jpg

街並みを眺めながら都市へと向かう10時半、ふと、このくらいの時間ならミシュラン掲載店も空いているのではと思いつく。

通りかかる度に、入り口が小汚いミシュラン1つ星店だなぁと思っていた一樂燒鵝に駆け込む
161221-11.jpg
ローストグースレッグご飯、皮がしっかりパリパリに焼かれているが、肉はパサついておらず絶妙。
脂っこくも無いし、タレの味も良い。店のゴチャゴチャ感と店員さんの騒々しさに反して味は上級。
161221-12.jpg
郊外油菜
161221-13.jpg
好物のクリスピーポークも。塩が効きすぎてたのが少々惜しい。お肉はチープな感じがしないので、そこらの専門店とは違う。
ここなら、ユンキーと使い分けしても良いと思った。

雨も止んできたかしらん
161221-14.jpg
161221-15.jpg

泰昌餅家さんの前を通ったら素通りは出来ない
161221-16.jpg
エッグタルト1個を持ち帰り。土台がパイ生地じゃなく、ちょびっと塩気のあるタルト。カスタードは濃厚。
ここのエッグタルトが一番好みだな。土台がパイのやつは何か違う気がする。

12時となりました
161221-17.jpg
上の壁が目印の

The Globeさんで1杯引っかけましょうね
161221-18.jpg
時間によるのか、バーカウンターは白人の寄り合いが行われておりました

香港産クラフトビールをば
161221-19.jpg
おつまみはパスしといた(当たり前や)

西に進みます
161221-20.jpg
161221-21.jpg
161221-22.jpg
坂ばかり

がらくた市場のキャットストリート
161221-23.jpg
161221-24.jpg
161221-26.jpg
161221-27.jpg
中華アンティークなものが安く買えるので、お気に入りの場所である。
置物を置く小さい台や、縁起の良さそうなオブジェを自宅用に。大幅ディスカウントを期待する場所ではありませんので、買い物時間も短くて済みます。これが翡翠市場(ジェードマーケット)だと、値下げ交渉にもそれなりのお時間と情熱が。私はどちらも好きですけどね。

スプレー落書きは全世界共通なのか
161221-25.jpg
ウサギに何があった

私が斜めになっているのではない、坂の途中に廟があるのだ
161221-28.jpg

売る気があるのか分かりづらい骨董通りを歩き
161221-29.jpg

途中の小さな廟をお詣りしたり
161221-30.jpg
161221-31.jpg
坂が多過ぎですが、お散歩にはもってこいの静かな所ですなぁ

仕上げに香港のトレンドを知るべくPMQに寄っちゃいます
161221-32.jpg
161221-33.jpg
気になるものが売っているような売っていないような。
良さげなブランドをここで探して、品揃えの豊富な本店に突撃するという使い方も良いかもね。

今日は香港のクラフトビールを攻める日。
中環のCraft Brew & Coさんに寄り道。
香港のクラフトビールが飲みたい、と言ったら好みに合いそうなものを選んでテイスティングさせてくれた。気に入ったら、それを頼めば良いと。気がきいているね。

先ずはフルーティなものを~
161221-34.jpg

フードにも力を入れているようだ。
鴨の油で揚げたフレンチフライにチリ、チーズなどを豪快にかけたおつまみ。
161221-35.jpg
ジャンクフードだけど、素材が凝っているのでジャンクじゃないみたいな。ビールに合わない訳がない。
お腹を空かせて延々とここで飲むのも一興か。飲兵衛と一緒に行きたい。

「黒は好き?」と聞かれ、2杯目は黒で。
161221-36.jpg
かなり良かった。次は1杯目から黒でも良いな~。
普段はビールを一切飲まないのだけれど、青山パン祭りとかに行くとクラフトビールばかり飲んでいるし、クラフトビールは好きなのだと思う。
食べ物も接客もビールにも大満足だが、オープンエアの為、道路沿いの席で吸ってるスモーカーの煙が中まで届くのは減点対象。香港の人間の煙マナーは日本より悪いのですが、飲食店の禁煙が徹底されている点は素晴らしい。
東京も飲食店の全面禁煙をさっさとすべし。いつまで愛煙家に媚を売るのだろう。自分の身の丈に合った税金を納めるものだと思っているので、タバコ吸ってる人間は余計に税金納めてるんだから云々、なんて論理はナンセンス。

誠品書店で写真集を買いたかったので、MTRで銅鑼湾へ行き、Hysan Placeに。
香港の建物を只管撮り続けているRomain Jacquet-Lagreze氏というカメラマンがいるのだが、彼の写真が大好きなのだ。無機質写真ラバーにはアツい存在で、彼の写真が契機となり、素人カメラマンが押し寄せるようになったマンションもあるくらい。
フルカラーの写真集なのでそれなりに値段はするのだが、香港ではAmazonジャパンの半額以下で新品が買えた。嬉しい。
個人的には密集したビルを撮ったVertical Horizonより、The Blue Momentと言う夜が更ける前のビルを切り取った写真集がオススメです。

Hysan Placeの徒歩圏に車仔麺のお店があるので、お夕飯はそこかなと思っていたが、何と早じまいをしていた。オーマイガッ。

悔しいので夜景を撮る
161221-37.jpg
161221-38.jpg
161221-39.jpg

転んでもただでは起きない。
香港島の西側、西營盤には冬の風物詩「煲仔飯」のお店が2軒あったし、そこにでも行こうと、トラムに乗る。
似たような所をずっと往復しているのが気になるが…。

トラムの車窓から
161221-40.jpg
161221-41.jpg
161221-42.jpg
161221-43.jpg
161221-44.jpg

着いたが
161221-45.jpg
2軒とも閉店のお時間だったという。キーッ

ここまで来て、空気を吸って帰るのもシャクである
161221-46.jpg
エビワンタンが有名なお店が近くにあるらしいので、そこでディナーと行きましょう

たどり着いたは麥明記嫡傳雲吞麵さん。
店頭には日本の女性誌がディスプレイされており、ウェルカムモードであった。

エビワンタン麺
161221-47.jpg
ワンタンの大きさも、スープのあっさり加減も丁度良いですな

変わり種郊外油菜も
161221-48.jpg
牛バラ煮込みのおつゆをかけたもの。葉っぱはレタスをチョイス。
いつものメニューも、目先が変わるとまた楽しいですな。郊外油菜だけ追い続けてるブロガーとかいないものか。ナンバーワンのお店を伺いたい。

近年出来たMTR西營盤駅から帰ろうか
161221-49.jpg
新駅なんだし、出口近くの階段は直そうよ!

駅の通路はアートに溢れていて、素敵であった
161221-50.jpg
ナマモノを売っているおじさんがくわえタバコをしている所に、昔の香港ってこうだったよな的リアリティを感じます。「鳥インフル以降、清潔さを打ち出してきている今の香港ではどうですか?」と言う質問に私は答えません(真顔)。
161221-51.jpg
香港の人は、ゴチャゴチャしてるところこそが香港と自覚しているんだなと感心した。

都営大江戸線も芸術を戯れに置いているが、香港に比べて圧倒的にダサい!言うならばダサいオブダサい。
現都知事がその内、過去の知事を召喚して徹底追及するやも知れぬな(しない)。

改札まで凝ってる
161221-52.jpg
合理性を追求する香港にしては無駄のある造りに胸キュン

ホテルに戻り
161221-53.jpg
筋トレして
161221-54.jpg
牛乳飲んで寝ました。
牛乳瓶はセブンイレブンに持って行くと1本につき1ドル返金してくれるYO!
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。