So-net無料ブログ作成

2017/7/1 香港返還20年とジロローザとツール開幕 [区営ジムにて]

10年以上前、豊洲のシネコンの舞台挨拶に来た加藤ローサさんを見たことがある。TVと遜色ない、非常に可愛らしい方であったと記憶している。
何でこんな話をするかと言うと、以前どこかのメディアがジロローザをジロローサと書いていた。だが、Rosaを(ローザでなく)ローサと読むのは南伊、これは加藤ローサ豆知識だ。なので「自転車レースの場合はジロローザで良くないか?」と思ったものである。
十年ひと昔。イタリア語会話をやったり、マスカラまつげのPVにローサが出ていたあの頃、今の彼女がウィッシュと夫婦役をやるなんて夢にも思わなかったっしゅ。おっとそこの君、シムソンズとダンドリ。の事は忘れたから蒸し返すな。


■7月1日(土)

筋力トレーニング。

●スクワット
 50kg×1set
 75kg×1set
 90kg×1set
 105kg×5rep×1set
 110kg×5rep×1set
 115kg×5rep×1set
 90kg×7rep×4set

●デッドリフト(ニーレベル)
 60kg×1set
 90kg×1set
 100kg×3set
 80kg×5set

●ルーマニアン・デッドリフト
 50kg×5set

●スティフレッグド・デッドリフト
 50kg×1set
 70kg×5set

●バーベルロウ
 70kg×4set
 50kg×1set

●腹筋
 100rep×1set


香港返還から今日で20年。
私が初めて訪れた時、かの地は英国領であった。汚く恐い植民地の闇の部分と、西洋的な美しさが混じり合う混沌とした様に心を奪われたことを、今でも昨日のように思い出す。近年の変化は目まぐるしく、在りし日の暗黒街の要素は薄れ、道は綺麗になり、西洋的な面が削がれて来ている。それだけなら只の時代の流れだが、地価は急激に上がり、土地を持たない店主は次々と追い出され、観光客でも分かるくらいの物価の高騰も同時に起きてしまっているのだ。
長引く円安、香港での異常な物価高もあり、正直、観光でのうま味はどんどん減ってきていると思う。私自身、返還前に行った香港に痺れ、叔母に連れていって貰った福臨門の食事に驚愕し、といった思い出が無ければ、ここまで執着して行くことも無いだろう。
元から住んでいる人達にとって、良い場所になることを願うばかり。

色々去来するものはあるのだが、今晩はのんびりワインでも傾けながら、香港の写真集やテレビを見て過ごしたい。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。