So-net無料ブログ作成

2017/4/29 故郷と呼べるのは練馬だけ [自転車でちょいとお出かけ]

■4月29日(土)

愛しの練馬周回。

自宅-練馬-適当-自宅

としまえん
DSC04880.JPG
大型連休に入っても入り口が混雑しない、この神秘性よ!

建設中の森●学園(嘘)
DSC04881.JPG

この辺りは都知事ゆりぴょんの地元なので
DSC04884.JPG
建物もグリーン推し(偶然)

石神井川沿いはゆっくり流すのに丁度良い
DSC04882.JPG

無事、帰宅。

走行距離;20km


日本に店舗が無い(らしい)ベルギーのチョコを手に入れた
DSC04887.JPG
CORNEと言うメーカー。赤ワインが進みます

今日はコンデジで撮った写真をPCのソフトでリサイズしたんだけれど、タブレットのアプリより断然綺麗に仕上がることがよく分かりました。
とは言え、トラック世界選手権の写真は編集し直しません。めんどくさいし…。
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/28 ジロ本 [区営ジムにて]

両親がヨーロッパに旅行に行っているので、ジロのプログラムがあったら買ってきて欲しいと頼んだのは先日の話。本日「本は買えた」とのメールが届いたのだが、果たして本当にジロ本なのか、ただの自転車雑誌なのか。真実は明日明らかに…!
それにしても、専門誌レベルでもロードに差を付けられてるトラックって本当になぁ。


■4月28日(金)

筋力トレーニング。

●デッドリフト(ニーレベル)
 60kg×1set
 100kg×1set
 130kg×1set
 150kg×2rep×1set
 130kg×5rep×3set
 100kg×3set

●ミドルロウ(マシン)
 5set

●ラットプルダウン
 14set
 
●腹筋
 30rep以上×4set

●アブベンチ
 20kg×1set


空いてる時間のジムは、腹筋台に座ってずっとスマホいじってる人(トレも殆どせず15分占拠)がいたりと、不思議な人達のワンダーランド。
昔のO尚さんなら、絶対注意しただろう。
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/27 イースター休暇取ってるのでGWはカレンダー通り [区営ジムにて]

花粉も減ってると思われるし、折角コンデジを買ったので撮影がてらサイクリングでもしようかと思案中。

案としてはこういうものがあります。
「朝の代々木で小金持ちの暮らしを垣間見よう」
「ノーモア灰皿テキーラ!夜が明けたギロッポンのドンキ周りで撮影敢行」
「お疲れ様、お勤め終わりのホストを心の中で労る旅@新宿。嵐が去った2丁目を添えて」※この辺りは土曜の夜が凄いらしいので、日曜に行うと楽しげ
「特命、都内の香港料理のお店の場所を確認せよ」
「結局中目黒寄って帰るだけの巻」

運動はジムですりゃ良いので、自転車はただの移動手段と考えCAAD10+サイクルウェア+スニーカーで出発かぁ?
先ずは注油と清掃だな。


■4月27日(木)

筋力トレーニング。

●スクワット
 50kg×1set
 70kg×1set
 80kg×8rep×3set
 極端なローバーでやる時は、バーにパッドを巻くように。
 そうしないと、古傷の肩とか手首がやられる。

●バーベルロウ
 60kg×1set
 80kg×4set

●バーベル・ヒップスラスト
 40kg×5set

●プルオーバー
 5set

●リアデルト(マシン)
 5set
 
●腹筋
 30rep以上×3set

●レッグプレス
 5set

●レッグカール
 6set
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/25 昨日風邪ひきかけた [筋肉への誓い]

日曜の夜もかなり疲れてたのだが、月曜日は悪寒もしてしまい、会社ではアンカ等で暖を取る始末。トレの強度と、トレ直後の摂取のバランスの悪さを悔いた。
2日連続でキツいトレをするのなら、ジムにお弁当か、おにぎり+お肉のおかずくらい持っていかないとな。反省。


■4月25日(火)

筋力トレーニング。

●フロントプレス(スミス)
 27kg×1set
 47kg×3set
 37kg×3set

●バックプレス(スミス)
 37kg×3set
 27kg×4set

●ワンハンド・ケーブル・リアレイズ
 5set

●サイドレイズ(マシン)
 5set
 
●腹筋
 30rep以上×3set

●リアデルト(マシン)
 6set

●ペックデック
 5set


私が行きまくっていることが間接的な原因となり、兄はGWに人生初の香港旅行に赴く。
おすすめの店だけでなく、電子マネーは何処で買えば良いか、両替は何処ですれば良いかなど、ググればすぐ分かることも聞いてくる。ういやつじゃ。
現地通貨はATMでおろす派なので、両替所は知らないんだなぁ。雑居ビルの両替所に行って各店のレートをにらめっこしたり、はたまたカモにされるよりも、気も時間も使わずに済むから、ずっと良いと思っている。買い物は極力カードにするし。
ただ、インドに出張に行った時はどんなにレートが悪くてもホテルで両替をした。ホテルの外の治安が宜しくないのと、両替手数料が経費で落とせたから。

そうは言っても、インドは、個人的にはまた行ってみたい国の1つである。
先ず、心惹かれる建物や像が沢山あるから、もっと色々見てみたいというのがある。
それに、あまり日本には作品が上陸していないが、おじさんヒゲを生やしてないマッチョイケメン俳優も結構いるし、女優は言わずもがな綺麗だ。テレビを見るだけでも楽しい。
食べ物だって、南北で異なりバリエーションがあるし、そこそこの値段の店はスパイスのきかせかたも品が良く、日本人の舌に合う。
自分はインドのごく一部しか知らないから、「白人視点で描いたインド」が舞台の映画の方が、共感する点は多い。Slumdog MillionaireやThe Best Exotic Marigold Hotelは、インド滞在の際の驚きが無ければそこまで感動しなかったと思う。
いつか、もう少しインドのことが理解出来る日が来たら、現地の人にウケる映画のツボも分かるようになるのだろうか。
また彼の国に行けることを願いつつ。
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/23 スグリン イン ロシア [区営ジムにて]

国別対抗戦が終わると、ようやっと春爛漫って感じですな。※春に気づくの遅すぎ問題
うちの母は何故か、メドベージェワ選手の演技を見る度にスグリワールド イン ロシアって言う…。
皇帝プルが引退しても、優秀な女子選手が後ろにちゃんと控えているところが流石おそロシア。夢の中じゃなくても、メドの演技は素敵って素直に言えるよ☆


■4月23日(日)

筋力トレーニング。

●デッドリフト(ニーレベル)
 60kg×1set
 100kg×1set
 140kg×1set
 180kg×3~4rep×3set
 100kg×10~12rep×5set

●バーベルロウ
 60kg×10rep以上×5set

●肩関節のダンベル
 8kg×15rep×5set 

●ワンハンド・バーベルロウ
 40kg×5set

●ルーマニアン・デッドリフト
 50kg×5set

●アブベンチ
 22.5kg×10rep以上×5set

●サイドレイズ(マシン)
 5set

6~7年くらいぶりの2週間に及ぶ完オフを取ったのに、昨日と今日とでもう肉体がボロボロになってしまった。
だが、バーベルと向き合う時間が体の厚みを決めると思うので頑張んべ。


□■突如始まるワインネタ■□
どんどん雑になる味の感想。

Ch. Roland La Garde Tradition 2011
20170421_173423.jpg
酸味がありつつも、円やかで飲みやすかった。もう少し酸味が控えめでコクがあっても良いかな。
ワインバーにて。

Ch. Le Temple 2004
20170421_180903.jpg
まぁまぁ濃いめで酸味が少しあり、口当たりは柔らかい。好み。
ワインバーにて。

Castel Vieilh La Salle De Notre Terre Rouge 2008
20170422_222227.jpg
特にデキャンタせずとも、ベストな味で直ぐに飲めた。タンニン控えめで酸味はほどほど、変な苦みがなく、良い意味で飲みやすい赤。
巷でちょこっと話題のビオディナミ農法で造ったワインだが、予想以上にレベルが高くて驚いた。但しオリは多め。
伊勢丹のセールで3,000円で買ったものだが、良い買い物であった。

Beringer Napa Valley Chardonnay 2014
20170421_175455.jpg
辛口フルーティの大王道。変な癖も無く飲みやすいし、果実感もあるが軽すぎない。少し余韻のある感じ。
香港のWatson's Wineのセール価格でで200HKD以下。

Clairault Estate Margeret River Chardonnay 2013
20170421_175443.jpg
これも良い辛口フルーティなのだが、ちょっと飲み口が軽いかなぁ。
生ハムやチャーシュー入りメロンパンと一緒に。チャーシュー入りメロンパンには、なかなか合っていた。
香港のWatson's Wineのセール価格でで200HKD以下。

菊水酒造 にごり酒 五郎八
20170423_135855.jpg
にごり酒界では人気の品らしいが、なるほど濃厚で甘みもありながら、くどくなくてスルスル飲める。素朴な味だけど、田舎くさすぎない絶妙な塩梅。
京都の伊勢丹で購入。値段も手頃なので文句なし。

博多百年蔵 しぼりたて純米酒
20170421_173828.jpg
フレッシュで甘みがあって、絞りたて特有の舌触りがある感じ。
酒蔵でのみ購入可。コスパも良く優秀。

博多百年蔵 しぼりたて大吟醸
20170421_173808.jpg
しぼりたて純米酒より辛口で、独特の旨味があり美味。香りも良く、個人的にはこちらの方がより好み。
酒蔵限定、しかも時期限定のレアアイテム。
タグ:ワイン
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/22 ラ ラ ランドじゃ駄目なのか [区営ジムにて]

香港のトラック世界選手権と言えば、会場付近でかなり残念なことがあった。
20170416_133129.jpg
こんな感じで、頭の悪い各国代表選手が何人も信号無視していて、中には香港の歩行者が怪我をしかけた場面も見かけた。
自分が10分くらい外を歩いただけでも、ドイツ男2名、ロシア女1名、ポーランドとかそういう感じのジャージ男1名が信号無視。
写真が撮れたところの車連にはメールを送っといたけど、無視するだろうから、ここにも載せておく。
近代オリンピック第1回大会から存在しながら、ロードレース以上に稼げない世界になっているのは、これまでの連盟の怠慢もあるだろう。だが、大会数が増えたところで、「自国のナショナルジャージを着て」、「競技で使う機材に乗りながら」、会場とホテルを行き来する最中で交通法規を無視するような選手が多数いる限りメジャー化は厳しいだろうな。体力だけある馬鹿がやるスポーツと世間に喧伝してるようなもの。
世間にはもっとブッ飛んだ選手ばかりの団体もあるが、そういうスポーツは分かりやすく華やかだから、上手くメディアを巻き込んで知名度をあげてしまう。トラックのような、ファン以外にとっては地味な世界と違うのだ。
結局のところ、開催地をリスペクト出来ない奴を国の代表にしちゃ駄目という話。選手の振る舞いが、開催地の人が持つ競技のイメージに影響与えかねない。信号無視の多さを顧みると、連盟や指導者にも問題があると言わざるを得ないかな。連盟関係者の傲慢さが、世界各国に広まらなかった原因だと、いい加減思い知るべきだ。
個人的にはトラックはメジャーになって欲しいし、選手のことも応援しているけど、自転車競技団体から自浄作用があまり感じられないところが凄く残念。

伊豆でレースをやる際は、くれぐれも気をつけて貰いたい。
数年前のロード全日本の会場で、どっかの選手ご一行が信号云々しちゃって、地元から苦情が来たという噂がありましたしね。


■4月22日(土)

筋力トレーニング。

●スクワット
 50kg×1set
 70kg×1set
 80kg×1set
 90kg×5rep×1set
 100kg×4rep×2set
 100kg×1rep×1set
 70kg×8rep×5set

●リバース・ハックスクワット
 80kg×5set

●ハックスクワット
 120kg×5set

●バーベル・ヒップスラスト
 40kg×5set
 
●アブベンチ
 20kg×20rep以上×5set

●チェストプレス
 3set

●リアデルト(マシン)
 6set


ラ・ラ・ランドは大好きな作品だけど、一点だけ気に入らない点がある。主演の歌がイマイチなのだ。
オープニングナンバーのAnother Day of Sunに関しては、ダイナミックさとスピード感重視で、わざと粗い感じに作って成功している。勢いを削って、綺麗に歌って踊っていたら、多分あそこまで心に響くパフォーマンスにはならない。それに、オープニングで歌い踊るのはCity of Starsに憧れた無名の人々なのだから、あれで良いのだ。
だが主演は別だ。タップダンスと歌との関係で、どうしても名が上がる「雨に唄えば」と比べるのは酷だし無意味だが、それにしてもちょっとなぁ。純粋なミュージカル作品では無いにしろ、往年のミュージカル作品を意識する描写もあるんだから、主演は一定水準より歌が上手くないと。正直、主演の歌唱力があんまり過ぎて、ジョン・レジェンドの歌との差が出過ぎてしまっていた。
俳優が決めであるならば、歌う部分はプロのものに吹き替えても良かったと思う。極力俳優にやらせるというのは当然、監督の意図的な演出なのだろうが、少々こだわり過ぎな印象。
そうは言っても、やはり全体として凄く良く出来た作品だ。ライトな映画ファンに取っつきやすくしつつも、細かい描写やオマージュにオタクは唸るし、ハリウッドのお偉方をくすぐる「ハリウッドとハリウッドに夢を抱く人々への、敬意と、ほんのちょっぴりの皮肉」の盛り付け。監督の頭の良さが光っている。
賛否両論あるようだが、2016年を代表する1本であることは間違いないだろう。
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/17 香港で自転車とミシュランのスターを探せ!【最終日】 [雑談]

悲しきかな帰国日。別れを惜しみ、鰂魚涌を少しばかりお散歩。
鰂魚涌イチの名所は、カメラ小僧のメッカであるモンスターマンションであろう。Romain Jacquet-Lagreze氏のVertical Horizonでの象徴的な写真や、トランスフォーマーのロケ地として、海外からも人が来るようになった密集住居だ。私は行けずに帰国してますけど…。

鰂魚涌は歩き倒すべきエリアだと感じた
170417-1.jpg
トラム通り沿いにはモンスターマンション以外にもボロビルがあるし

飾り花のお店も多くって
170417-2.jpg
大規模なFuneral Homeがあるから、そういうお花屋さんが多いのよ(ええっ)

海沿いは公園とか政府関連の施設があって、歩いていて気持ちが良いの
170417-6.jpg
香港はド中心部でも大きい公園があるけれど、それらより喧騒と切り離されていて、観光客も少ないから異なった雰囲気がある

太古駅に近づくと、近代的なオフィスビルや、若向けレストランやカフェがあるし
170417-5.jpg
4日前に行ったEspresso Alchemy Quarry Bay店
今日もカフェラテ頂きましょうかね
170417-4.jpg
私、どう見てもハート柄の顔してないので、ハート以外も描いて欲しいの。肉まんとか。
170417-3.jpg
雰囲気にやられたのか、タンパク質オタクなのにベジタリアン系のキノコサンドを注文してもうた。東京のカフェで出されても違和感が無い味で美味しかったです。調味料の使い方や味付けが、ダサくないカフェご飯になってる。ドレッシングにビネガーがきいてました。

おとついお夕飯を食べに行った粥麵館が入っているKerry Centreのオブジェが気になっていたので、再突入
170417-7.jpg
170417-8.jpg
170417-9.jpg
170417-10.jpg
中華圏鉄板の縁起ものと言えど、ゆるぎない鯉推し。ビルオーナーの前世が、というよりオーナー本人が半鯉人であっても、私は驚きません。
粥麺館は普通に良いお粥屋さんだし、観光客も安心して行けるサービスレベルで清潔なのに、検索しても大して引っかからない。日本の皆さんも是非行ってみてください。
鯉モチーフが大好きなのでそればっかり撮って帰っちゃったのですが、前衛的なアートがビル内に点在しています。人が全然いないので、思い通りに撮影出来まっせ!

香港島だと西環を推す声も多いけど、鰂魚涌も変わりゆく注目エリアに加えて欲しい。

最終日はいつもあまり出歩けないのが残念。疲労と荷物の最終パッキングが気になり、冒険出来ない性格だ。終わりまでガツンと詰め込める人って凄い。
ホテル発の直行バスで空港に行き、
170417-12.jpg
出国前エリアにある翠華餐廳
170417-13.jpg
焼味セットを。タンパク質を確保じゃ。
空港内レストランの中では値段がまともだし、メニュー豊富で味もそこそこ。お茶だけでも席がちゃんと確保できるのが有難い。休憩ならここ一択かも。

4月の香港は人生初だけれど、気候も良くて、寒がり暑がり族にはベストシーズンかと。チケットと休みが取れれば、固定イベントにしても良いな。
さて、次は何時行けるか。
nice!(0)  コメント(0) 

トラック世界選手権のレポート全部出来てます [自転車雑談]

出国前に間に合った。
ご興味ございましたら、4月12日の日記から遡ってご覧ください。
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/16 トラック世界選手権2017~Session 9 & Session 10 [自転車雑談]

香港ヴェロドロームで5日間にわたり開催された、トラック世界選手権の最終日。
李選手のメダルが期待され、且つ花形種目である女子ケイリン。過去に銀を獲った上野選手のアルカンシェルなるか、の女子ポイントレース。この2種目を中心にお伝えします。

女子ケイリン
李選手、フォーゲル選手はサクッと1次ラウンド通過。
だったのだが、イブニングセッションで明暗が別れ、李選手は2次ラウンドを落とし、7-12位決定戦でも勝ち切れずで全香港が泣いた。
フォーゲル選手が、危なげ無い試合で金を勝ち取る。

予選
20170416_121424.jpg
20170416_120003.jpg

1-6位決定戦。李選手よりも小さな体なのに、パワフルなフォーゲル選手。
20170416_174743.jpg
大会中、彼女だけは、予選からずっとファンの応援に応えていた。そして今日も観客とハイタッチ。
20170416_175018.jpg
スタッフにヘルメットを渡すのも慣れたものよ
20170416_175233.jpg
国旗かけて喜んでいる姿が、ヒーローごっこをしている少年のようで可愛い。
わたくし、今日もまたハイタッチしちゃいましたので、これからはフォーゲル姐さんと呼ばせて頂きやす…。

1kmTT
ペルビス選手、予選トップ通過のまま決勝でもぶっちぎり、優勝。

良いシェイプのペルビスたん
20170416_123547.jpg
20170416_190347.jpg
おめでとうございます
20170416_190244.jpg
昨日のドミちゃんと同じポーズ

同タイムゴールにつき、2位が2名という珍事となった。ブロンズは無し。
20170416_181333.jpg
国旗掲揚ソフトって、色んなパターンを組み込んでるんだなと感心した(そこ?)

イブニングセッション直前の中国太鼓軍団のパフォーマンスはクールだった
20170416_225451.jpg
このおじさんが音頭を取って、弟子的な若者達が太鼓を掻き鳴らしたのだ。
伊豆だったら何だろ?天城越え熱唱?

女子ポイントレース
上野選手は2回ラップを試みるも失敗。
2回目の逃げの時は有力選手サラ・ハマー選手とだったのだけれど、途中で切れてしまったのが惜しかった。その後ハマー選手は警戒する追走をもはね除け、単独でラップを決める。最終的に2位。この独走力には痺れる。
スプリント力が高いか、強い独走力が無いと、点に絡むのは難しいですよね。トップ選手はクレバーでパワフル。上野選手もレベルをもっと上げていかないと、優勝は厳しい気がする。

20170416_190706.jpg

優勝はUKのバーカー選手
20170417_125159.jpg
20170417_125052.jpg
ネビル・ロングボトム系の顔をしたイギリス人の観客(以後、ネビ男)から英国旗をゲットするバーカー選手。左下の銀色の物体は、観客席の手すり。
20170416_190729.jpg
20170416_224959.jpg
表彰式を見ながら、お隣のUKご夫人が「サラ・ハマーっていつも2位なのよね…」と言っていた。近年の銀メダルの多さに加え、イギリスに勝てない率の高さが泣けるレベルである。
ハマー選手が次にイギリスに勝つ日まで見守りたい。

ネビ男、いつも大概前方の席にいて写真を撮ったり、国旗をかざして浮かれてたんだけど、選手の知り合いなのかなぁ。伊豆で世界選があったら、来るんだろうか。
そもそも、イギリスの天下もいつまで続くのかね。ロード・トラック共にスキャンダルが多いし(ドーピング検査逃れ、過度の薬物投与、指導者のハラスメント)、UCIの会長が変わったら、英国における自転車競技熱のピークも過ぎる気がしないでもないが…。

男子マディソン
5日間の疲れで中盤までウトウトしながら観戦。
個の力はオーストラリアも相当なものだが、フランスのコンビネーションは絶妙にはまっていたと思う。という訳でフランスが華麗に勝利し、オーストラリアは女子に引き続き金を逃した。
国旗掲揚の際、フランス国歌が歌えると目立つことが分かったので、伊豆でビッグな大会をする前に歌えるようになりたいと思いました。一部歌詞が頭から抜けてしまった場合は、メロディに合わせて「美しく散る」と言えば多分OKでしょう。←駄目

やったね!
20170416_225224.jpg

オヤジコレクション
有終の美。

20170416_121954.jpg
20170422_163003.jpg
20170422_163235.jpg

今日も走るオヤジ達
20170416_122030.jpg
20170416_122106.jpg

では、簡単ながら、2017年の世界選手権トラックのレポートはこれにて終了とさせて頂きます。
20170417_130558.jpg
またね!

最後に、今回は掲載スピード重視の為、カメラで撮った写真を小型タブレットに転送→スマホ用画像編集ソフトで加工、としました。
元々屋内スポーツの撮影は得意で無いコンデジで撮影したことを含め、画像の荒さはご容赦ください。

しかし、バイクをひょこひょこ担いで参戦した世界選手権で、10連覇までしちゃったレジェンド中野ってモンスターですね…。

#TWC2017
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/16 香港で自転車とミシュランのスターを探せ!【9日目の旅編】 [雑談]

トラック世界選手権も最終日と相成った。
日曜日ともなれば午前中の早くから予選が始まるので、グルメに走る余裕なし。されど、何かは口に入れよう
170416-1.jpg
坑口駅直結の、東港城にあるPacific Coffeeで軽めに。大半のテナントがオープン前だからか、店内はガラガラ。日本のセブンイレブンのドーナツって安くて美味しくて凄いわ~。(直接の感想を言わない)

香港の世界選手権大会では、週末のチケットの価格がやたら高く設定されていた。
今日の午後なんて、平日の午後の倍以上の値段を平気でつけているんだが、他国開催に比べて値段差をつけすぎじゃないかなぁ?良くも悪くも、儲けられる時に徹底的に儲けたがる、一部香港商人のがめつさが出ちゃってるように思う。日本人が全世界に日本規格を求めるのと同じで、これはなかなか解決しない点だろうな。
だけど私。香港ヴェロドローム大好きだから。きっとまた行くよ。←骨抜きか

昼前に一旦解放されたので、将軍澳駅方面へ歩き、ショッピングビルへと。目的は莆田 将軍澳Popcorn店でのランチだ
170416-6.jpg
本国シンガポールではミシュラン1つ星。香港でもチェーン展開していて、銅鑼湾店はビブグルマンに選ばれているそうな。

お通しとして出された、おつまみの海苔とナッツ
170416-3.jpg
見て分かる通りビールに合う

祭りの終わりも近いので、タイガービール行きます!
170416-4.jpg
オリオンビールに並ぶくらいに好きな南国ビール。両親が若い頃、マレーシアに住んでいた事が大いに影響していると思われる。

黃金麥皮蝦
170416-5.jpg
大ぶりのエビがカリッと揚がっていて、美味なり。塩気だけでなく、甘さがしっかり感じられる味。ボリュームがあった。

エメラルドグリーンの差し色が、南国の快活さを表現している店内。接客は明るく親切。
ああ、非香港の方が、接客マニュアルがこなれているんだろうか…。

ランチの行き帰りに、参加選手がホテルまでサイクリングしている姿もかなり見かけたが、信号無視の多いこと。
この大して流行ってない競技をメジャーにして、尊敬を得たいのなら、選手にはもう少し利口にならないと駄目だろうな。商売道具に乗って、仕事で使ってるジャージを着ながら、海外の一般人に迷惑をかける。ダサいのはチームGBのリオ五輪限定ジャージだけにして欲しいわ。(また言う)

ヴェロドローム周辺の高層マンション群が、ごっつぁんです級の充実度
170416-7.jpg
170416-8.jpg
たまらんばい

幾つかPick up
170416-13.jpg
左側の青系とピンクが入ったビル群、Michael Wolf氏のArchitecture Of Densityの表紙のもののように思うのだがどうだろうか。私は若干色盲っぽいので、色の表現に違和感があっても気にしないで欲しい。

お台場のツインタワーの趣がある~
170416-14.jpg
NARIKINが出入りしてそうでときめく~

いい塩梅に怪しさが出てる無機質白ビル
170416-15.jpg
ハリウッド映画で、主人公がモンスターや幽霊をドゴスコ退治する舞台に使えそう
170416-9.jpg
教会が裏にあるのも、それっぽさが出てるというか

ヴェロドローム沿いの屋台
170416-16.jpg
オリンピックはメインランドと別枠で出られるのだし、香港自転車界は未だ暫くこのままの形式を維持するのかな?幸多からんことを。

長いこと当ブログをやっているが、これ以降の、競技場を出てから夜寝るまでの写真だけロストしてしまった。
撮影データをDVDに焼くことに失敗したあたりで何かしてしまい、PCからもDVDからもそのデータが消えてしまったのかなぁ。写真データは従来、PCのローカルに保存する以外大したバックアップもせずに放置していて特に問題無かったのに、色々やろうとしたらこの様だ。トホホのホ。
リカバリは色々試みましたが、復旧出来たのはビルの写真のみ。解像度を下げてでも良いから、これからはクラウドにも、データはちゃんと保管しておこう。
本来であれば、撮影した観覧車や夜景の写真を以降に説明付きで載せるところだが、残ってないからもう良いね。中環~尖沙咀の夜景を見たり、ホテルで最後の晩餐を済ませましたと簡単に記録のみ。

当日に書いた観戦レポートはこちら
お気に入りを選んで、レース写真を再掲。

おめでとう
170416-10.jpg

写真を無くした悲しみは、オヤジが癒してくれる
170416-12.jpg
170416-11.jpg

当日レポートに載せてないフォーゲル姐さんの写真
170416-20.jpg
国に関係なく祝福を受ける瞬間を見るのは、良いものです
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/15 トラック世界選手権2017~Session 7 & Session 8 [自転車雑談]

本大会も残すところ、あと2日。
遂に採用された女子マディソンと、李選手が得意な500mTTに注目のSession 7とSession 8のレポートです。

500mTT
ロシア勢の1、3フィニッシュで終了。
李選手、惜しくもメダル獲得ならず。

過去の世界チャンピオンの証である、ジャージの虹ラインがカッコ良い李選手。
予選出走前
20170415_132529.jpg
決勝出走前
20170415_195536.jpg
コーチのシンクロ走り
20170415_132647.jpg

NZハンセン選手
20170415_132731.jpg

女子マディソン
世界選手権種目でも唯一、男子のみしか存在しなかったマディソンだが、今回より遂に門戸を女子に開いた。
見終わり確信しましたが、この種目は素晴らしい。未来永劫開催すべきです。
野郎(敢えてこう言う)のマディソンも良いのですが、女子マディソンは本当に華やか!その中に力強さや戦略、テクニックが垣間見えて、ワールドレベルの試合は見ていて飽きません。
優勝は、作戦、技術、パワーの出しどころをきちっと分かっていたベルギー。自転車大国は古典的な種目に強い!
逆にやっちまったな、は2位が獲れそうだったのに、落車してチャンスを棒に降ったオーストラリア。おお豪州、2度も落車するとは情けない。

オヤジと女子コンビが大量に出てくるとか天国か
20170415_214510.jpg

スタート前の雰囲気も、また良い
20170415_214602.jpg
20170415_214658.jpg
20170415_214726.jpg
20170415_214823.jpg

おめでとうベルギー
20170415_214913.jpg

女子個抜き
チームジャパンからは、梶原選手が出場。
USの選手が1、3フィニッシュ。

梶原選手は予選敗退
20170415_143234.jpg
毎日お疲れ様でした

男子スプリント~1/4決勝、準決勝、決勝
競輪でも人気者のドミちゃんが優勝。

怒濤のドミちゃん特集
20170415_220944.jpg
20170415_224303.jpg
ゴリラドミちゃん
20170415_225720.jpg
20170415_225814.jpg
本当におめでとう!
20170415_225911.jpg

男子オムニアム
ルールが変わりまくりで、現場が振り回されているオムニアム。
今シーズンから採用された、ゲーム系種目を4回やるスタイルより、以前のタイム系もあるスタイルの方が、十種競技のような格があって良かったです(断言)。
ポイントレースで順位がかなり入れ替わり、ゴールスプリントまで結果が分からず。それを制すはフランス。

香港選手の緊張をよそに、浮かれてるイタリアンピーポー
20170415_134113.jpg

エリミネイションは落車が多かった。
種目としては面白いけど、見直すべき点もあるのでは無かろうか。
20170415_200203.jpg
「前輪のタイヤが外れたよぉ」

飯島コーチ渾身のダッシュも印象的でした
20170415_221540.jpg

オヤジコレクション
やめられない止まらない。

20170415_135211.jpg
20170415_135921.jpg
20170415_153509.jpg
20170415_153604.jpg
20170415_221003.jpg

オヤジ走る
20170415_135833.jpg
20170415_134940.jpg
20170415_211125.jpg
20170415_132605.jpg

オヤジの豊漁
20170415_132822.jpg

事故現場の修繕オヤジ
20170415_213647.jpg
20170415_215756.jpg

アビーロード感
20170415_143745.jpg

ありがちなミス
20170415_213408.jpg
オヤジを愛するあまり、選手に全くピントが合ってない

#TWC2017
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/15 香港で自転車とミシュランのスターを探せ!【8日目の旅編】 [雑談]

トラック世界選手権も4日目に入り、応援と、くだらないレポート作成からくる疲労が溜まって来ている。

街で食事を取りましょうか
170415-6.jpg
北角へ出ます

ミシュラン1つ星、添好運点心専門店(北角分店)で元気とやる気を注入だ。例の通り、開店ちょっと前から並び、一回転目での入店です。
メニュー名は、公式サイトでの名称を優先。

鶉春蛋魚茸燒賣
170415-1.jpg
何気に新メニュー。うずらの卵がのった焼売。

陳皮牛肉球
170415-2.jpg
点心の店なら何処にでもある定番メニューだが、添好運のものはどこか品が良い

白灼青油菜
170415-3.jpg
レタスなので食べやすい。

鳳爪排骨飯
170415-4.jpg
中華な皆さんがよく頼んでいるので、トライ。もみじと排骨が付いた、豪華ご飯。塩気があるが、くどすぎない。持ち帰って部屋でビールと一緒に食べても良さそう。

美味炆鮮竹卷
170415-5.jpg
かなり好きでよく頼んでいる。香辛料や調味料を強くし過ぎない味付けと、湯葉の独特の歯ごたえ。和食に近いものを感じる。このタレと、ご飯の相性は最高。

今日も今日とて、お客を回転させることに全力を注いでいる感じの接客であった。清々しい。

イベントのかきいれ時、週末につき、今日はセッション間休憩が長すぎた。
付近をウロウロする気力は無い。ホテルに戻って仮眠をして
170415-11.jpg
目覚めてから暫し高密度住宅を見つめていたが、何も食べずに夜遅くまで観戦なんて不可能。

合間ご飯は、ビブグルマン掲載の粥麵館にしました
170415-12.jpg
1品目、好きな具を3品選んでお粥にして貰いました。分かりづらいですが土鍋が大きくて、並みの店の2人前弱あります。香港基準だと、かなり薄い味かなぁ。最初は滋味深さを味わいつつ、途中で卓上のお醤油をかけるのも良いでしょう。
170415-13.jpg
エビワンタン麺も、なかなかの出来。スープがやはり上品だが、美味しいワンタンスープの味になっている。

新しいビルの中にある、清潔なお店で、英語も通じますし、スタッフも物腰柔らか。街中の粥屋さんよりは高いですが、とてつもなく高くしてる訳でないので、小汚いお粥屋さんが駄目な人でも安心して使えると思います。

レースを終えて帰路につく頃には23時近いものの、香港は坑口駅はマンションの灯りで明るい。
170415-15.jpg
伊豆の世界選手権開催はポシャったけど、あの田舎で、トラックレースは夜遅くまでやるスポーツだという前提をどう処理するつもりだったんだろう

当日に書いた観戦レポートはこちら
お気に入りを選んで、再掲。

ナターシャ・ハンセン選手
170415-7.jpg
魅力が伝えられない私のバカバカッ<キャラが崩壊したまま戻らない筆者>

カッコいいドミちゃん
170415-14.jpg

全部持ってこうとするイタリアのチャラ集団
170415-8.jpg
アイウェアに手をかけているところが、もうズルいとしか

昨日の答え合わせの前に、今日の香港中距離コーチ
170415-10.jpg
もしかして:アジアの虎

正解は、香港が誇るスクラッチの世界チャンピオン、ロードレースでもアジアの先頭をひた走っていたワン・カンポーさんでした。
現役当時のお顔立ちは10年前5年前という具合。可愛いお子さんもいらっしゃいますが、御年44。漕ぐと速いのに、老けるスピード遅くないですか。
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/14 トラック世界選手権2017~Session 5 & Session 6 [自転車雑談]

本日は梶原選手が出場する女子オムニアムの日。
もともと水泳で全国クラスだった梶原選手は、高校時代から自転車競技を始め直ぐにトップへと登り詰めました。ジュニア時代は、アジア選手権で怒濤のゴールド狩りを行ったことも記憶に新しい大学生。東京オリンピックでのメダルも期待されています。
オムニアムは今シーズンより競技ルールが大幅改正され、ゲーム系に強い選手が勝つ種目となりました。アジアチャンピオン梶原選手は、どこまで行けるか?大いに楽しみです。
※余談ですが、会場では各国選手に自国の言葉で「ありがとう、さよなら」を言って貰っているVTRが流れているんだけど、日本を代表して出演しているのは梶原選手!

始まりまっせ
20170414_132353.jpg

女子オムニアム
キュア選手とアーチボルト選手の上位2名のしのぎ合いにエキサイトした、「4種目の」オムニアム。
梶原選手は、動ける種目でしっかり仕掛けて健闘。

1種目目、スクラッチ。
20170414_144106.jpg
20170414_144119.jpg
20170414_144915.jpg
梶原選手、問題ない逃げの時は集団で温存し、危険な選手のアタックをチェックすることは出来ていた。が、終盤怖いくらい集団が密集した時に後方にいた為、上がることが出来ずゴール。あれは見ている方が怖いくらい込み合っていた。
残すは3種目で、総合16位。
20170414_150520.jpg
怪我しなかっただけ良し。

2種目目、テンポ。
20170414_174558.jpg
20170414_180341.jpg
梶原選手は、脚を削り有力選手の逃げグループに合流したことで、集団のラップに成功。但し海外選手はラップしてから更にもう一段階ダッシュがかけられる。
一瞬集団から遅れるシーンもあったが、最終盤に追いつき、無事ゴール。この種目で21ポイント取り7位となり、総合は38ポイントの12位に。トップ選手は80ポイント、この後どこまで巻き返せるか。

3種目目、エリミネイション。
20170415_005559.jpg
20170415_005734.jpg
梶原選手、まさかの2番目にエリミネイト…総合16位に後退し、入賞に黄色信号。
しかし、彼女が撤収直後の周回で後方3名が巻き込まれる酷い落車が発生。巻き込まれ無かったのは不幸中の幸いか。
Wiggleの兼用選手、エイミー・キュア選手が上手い。無駄足を使わないよう動くのが実に良い。終盤は得意のスプリントできっちり1位を取り、総合でも1位に上昇。
20170415_084136.jpg
カナダは今大会かなりツイてないな、1日も早い回復をお祈り申し上げます

4種目目、ポイントレース。
梶原選手が積極的に動き、その逃げにエイミー・キュア選手が乗った為、一時バンクは小集団3つくらいにバラけた。後方集団に取り残されたアーチボルト選手は、総合争いをしているキュア選手の攻めにより辛い時間を過ごす。数周逃げたものの、ラップするほどのスピードが出ない為、集団は再び1つに。
その後隙を見て、梶原選手が再アタック。アイルランド含めた2名と協調し、今度こそ集団のラップに成功。これは嬉しかった。
その後も、ゴールポイントを狙おうと終盤単独で逃げを追おうとするなど、仕掛けていった梶原選手。長い逃げを2回やっても、まだ脚が残っている。今までの日本女子にないタフさとアグレッシブさだ。
総合11位で世界選手権を終えたが、エリミネイションの取りこぼしは勿体なかった。とは言え、彼女がやはり逸材であることも再認識させられたので、良い試合だったと思う。今後のトレーニング次第で来年は6位以内も狙えるのでは無かろうか。
20170415_120655.jpg
総合優勝はアーチボルト選手

女子スプリント~準決勝、決勝
優勝は剛脚フォーゲル選手。彼女は仕掛け方が素晴らい。

あ、今日はコーチ黒い服なんだ…
20170415_115836.jpg
20170415_120212.jpg
李選手、準決勝で匠のフォーゲル選手に完敗
DSC03232.JPG
フォーゲル選手はいつもお茶目。
敢えて大きいまま載せますので、クリックしてビッグサイズで見てね。

3位決定戦では2本先取し、李選手は銅メダル!
20170415_113435.jpg
20170415_002406.jpg
李選手の女子力な

全く隙を見せず、準決勝、決勝とも2本先取したフォーゲル選手
20170415_100045.jpg
20170415_014127.jpg
子供のように喜びまくり、あどけない
20170415_103702.jpg
体、ねじりすぎだって~。
20170415_003711.jpg
実はこの後、(バンクの傾斜を利用して)観客席に寄ってきたフォーゲル選手と、ハイタッチが出来た。去年、この会場でローラ・トロット選手<現在はケニー夫人>の手袋が取れなかった悔しさイズバイバイ!ああ、最高に嬉しいぜ。私は勝った。
この一件で、私の中でフォーゲル選手は李選手と並ぶくらい気になる存在に格上げされた。ああ、私の右手が、フォーゲル選手の可愛いグローブとハイタッチしたなんて…。

男子スプリント~予選、1/16決勝、1/8決勝
競輪選手の結果は聞くな。

予選トップタイムのドミちゃん、1/8決勝も余裕の勝利
20170414_150737.jpg

1/16決勝で敗退のテオ・ボス選手
20170414_152246.jpg

男子個抜き
まさかの決勝やり直しがあったが、OZがゴールドを増やす結果に。

おめっとさん
20170415_104141.jpg

男子ポイントレース
キャメロン・マイヤー選手が強すぎた。
単独でラップを決め、完璧な勝利。

カナダイケメン
20170415_013042.jpg
飯島コーチと倉林選手
20170415_013006.jpg

オヤジコレクション
働くオヤジコレクション。

20170414_180402.jpg
20170414_150706.jpg
20170414_152233.jpg
20170414_152327.jpg
20170414_180729.jpg
20170414_180825.jpg
20170414_180136.jpg
20170414_180916.jpg
20170415_093526.jpg

オヤジ大漁祭り
20170414_143815.jpg
20170414_144018.jpg
20170414_174249.jpg
20170414_174342.jpg
オヤジと女子選手のセットが至高

フランスの女性スタッフが醸し出す安心感
20170414_152505.jpg

まだ2日残ってます
20170415_003415.jpg
深夜に、ハーバービューを眺めながらワインを傾けつつ、ブログを書いたりおつまみを食べているので、生活リズムが滅茶苦茶だ!!

#TWC2017
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/14 香港で自転車とミシュランのスターを探せ!【7日目の旅編】 [雑談]

お願いしていた額装が完成したので、受け取りの為、午前中に湾仔へ
170414-1.jpg
中目黒じゃない、この一角は代官山的な雰囲気だ
170414-3.jpg
ま、まぁ小汚いビルと高層ビルの対比には、中目黒駅前の意地でもどかないボロビル達を思い出さなくもないが…

仕上がったものの出来ばえに満足しニヤニヤしつつ、カフェに入り昨日のレポートを完成させる。

Coco Espresso Wan Chai Store
170414-5.jpg
ごく狭い店舗だが、欧米人がコーヒーを求め何組も来ていた
170414-4.jpg
ラテアートも可愛いわ

昨晩、マレーシアのアワン選手が栄冠を掴んだことが嬉しいので、ランチはどうしてもマレー料理が食べたい。現地で評判の良いお店の開店時間まで時間を潰し、いざ行かん。

蝦麵店でシーフードラクサ
170414-6.jpg
麺が選べるとのことで、オススメのイエローヌードルをチョイス。日本のラーメンの麺に近い。ココナツミルクの甘みで中和されたカレースープに、魚介のエキスが混ざった料理に、この麺がよく合う。ベーシックな米麺より、日本人の下に合うのでは無いだろうか。凄く美味しい。
一番高い写真の麺で69HKD、香港の他のマレー料理店と比較して、この味とボリュームなら良心的だと感じた。店員さんは香港らしからぬ、多くの日本人が親しみのもてる接客をする。日本人もよく来ているそうだ。

おやつを買う為、Lee Tung Avenueに行こう。地下の大同老餅家
170414-2.jpg
ここの老婆餅やゴマ入り老婆餅が良いのだ。皮に対して具の量が多く、奇華と比べるとドシッとしている。冷めても美味しく、素朴ながら優しい甘さが疲れた体を癒してくれた。

今日も合間ご飯に桃園制作粥麵餐廳
170414-14.jpg
夕方メニューの、辛めに味付たケチャップ系ソースを伊麺に絡めたもの&ビール。ジャンクは正義。

当日に書いた観戦レポートはこちら
一部、お気に入りを再掲します。女子オムニアムから3枚と、女子スプリントから1枚。

前方席の醍醐味は、選手との距離の近さですかね
170414-8.jpg
観戦初心者の段階で競技を至近距離で見ることが出来れば、ファンになれるのではないでしょうか

チームジャパンの飯島コーチ
170414-7.jpg
世界選手権後に退任されましたが、お疲れ様でした

コミッセール氏
170414-11.jpg

バンクを癒す、フォーゲル選手のあどけなさ
170414-15.jpg

レポートには載せてない写真も、オマケで載せておきます。
香港の中距離班のコーチ陣に、小柄な男性発見
170414-10.jpg
かなりのベイビーフェイス
170414-9.jpg
もしかして:アジアの英雄
答えは明日の日記に!(引っ張るのか)
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/13 トラック世界選手権2017~Session 3 & Session 4 [自転車雑談]

Session 3とSession 4で行われるは、男子ケイリン、女子スプリント1/4決勝まで、男女団抜き、男子スクラッチ。筆者が大好物の、女子団抜きのチャンピオンが決まることもありテンションMAXだ。
また、真打ち李選手がこれより登場。梶原選手と李選手を撮る為にコンデジを買ったと言っても過言では無いので、気合いを入れて観戦。

始まるよ
20170413_145651.jpg

女子スプリント~予選、1/16決勝、1/8決勝、1/4決勝
香港の英雄、李選手は勝ち上がっている。

HONG-KONGの文字の上を走る李選手
20170413_174705.jpg
オランダオヤジを追い詰めるの巻
20170413_174952.jpg
彼女に向けられるカメラと歓声は尋常じゃない。凄い心臓だなぁ。
20170413_174904.jpg
近くで撮れた!嬉しい!!
20170413_232343.jpg
20170413_233622.jpg

この緊張感が好き
20170414_101605.jpg

今まで黙ってたんですけど、NZ短距離のナターシャ・ハンセン選手はかなり美人でしてね…
20170413_233351.jpg
20170413_232546.jpg
20170413_175448.jpg
ブルネット好きだよね、という指摘は甘んじて受け入れます

男子スクラッチ
ポーランドの選手が終盤に単独逃げを決め、そのままゴール。良い勝ち方だ。
昨日の女子スクラッチもそうだったが、今日も香港選手が地元アタックをかけていた。台に絡めないのが残念だが、会場をわかせようとする姿勢は良い。

20170414_003149.jpg
20170414_003228.jpg

優勝者は席の近くからスタートしたので、どアップの写真が撮れていた
20170414_003314.jpg
20170414_003251.jpg
微笑んで見つめ合う姿が素敵。
この写真を撮った時は「オヤジコレクションが増えたぞ!」としか思っていなかったと言う…
20170414_003416.jpg
嬉しくてたまらずダッシュするオヤジさん
20170414_003438.jpg
20170414_005049.jpg
おめでとうございます

男子団抜き決勝
優勝は下馬評通りOZ。

いよっ、新興自転車大国!いよっ、豪州!
20170414_000042.jpg
20170415_000709.jpg
20170414_000225.jpg
20170414_000741.jpg

3位はイタリア
20170414_000449.jpg
20170415_000552.jpg

女子団抜き~1次ラウンド、決勝
大接戦を制したのは、粘り強く力強い「偉大なアメリカ」。

凄いぜアメリカ!
本当に良い決勝戦だった、是非動画サイトなどで確認して欲しい。
20170414_002405.jpg
20170414_002602.jpg
南半球の大人げない観客達は、アメリカに負けた悔しさで、さっさと帰っていったそうな。
全く、それくらいで帰ってたら、日本人は男子フィギュアスケートしか見られなくなるぜ!

2位OZ
20170414_101202.jpg

3位NZ
20170414_100754.jpg

終盤の大失速で4位となったイタリア
20170414_002322.jpg
試走タイムの、ほのぼの写真もどうぞ
20170413_180603.jpg

ローラ不在のUK
20170414_101425.jpg
パッとせず

男子ケイリン
マレーシアのアワン選手、悲願のアルカンシェル獲得!
小柄な彼の口から出た「いつか勝てると信じてハードにトレーニングした。(中略)Today is my time.」の一言は心に響いた。

いや~、アワン、カッコ良すぎでしょ。
ゴールした時、インタビューの時、と会場からも割れんばかりの拍手が起こった。ここまでの拍手、他の種目では起きなかったよ。
20170413_223317.jpg
20170413_234152.jpg
20170413_233953.jpg
20170413_234321.jpg
20170413_234244.jpg

日の丸グローブ着用のペルビスたん、1-6位決定戦に行けず
20170414_111219.jpg

競輪選手の結果は聞かんでくれ
20170414_111106.jpg
20170414_111311.jpg

完全なる趣味の世界:オヤジコレクション
スタッフオヤジさん徹底特集。

20170413_181849.jpg
20170413_181452.jpg
20170413_181544.jpg
20170413_181738.jpg
20170413_234809.jpg
20170413_235603.jpg
20170413_234736.jpg
20170413_234919.jpg
20170413_235059.jpg
20170414_024010.jpg
20170413_235240.jpg

団抜きオヤジ
20170414_024108.jpg
20170414_111426.jpg

ケイリンオヤジ
20170414_111012.jpg

オーシャンズ11風
20170414_020726.jpg

トリプル坊主
20170413_181910.jpg

#TWC2017
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/13 香港で自転車とミシュランのスターを探せ!【6日目の旅編】 [雑談]

生ハムと白ワインを片手に行ったレポート作成作業が深夜に及び、堅気の人が忙しなく働いている時間に目が覚めた。

宿泊地から少し歩くとカフェがあるようなので、目覚めの1杯をそこで
170413-1.jpg
Espresso AlchemyのQuarry Bay店、カフェラテが美味しい。モーニングセットを始めとしたフード類も幾つかあり、店員さんも良い感じ。

ランチを予約した店まで向かいたいのだが、MTRの最寄駅までの道が分からず混乱。来た道を戻るという事を知らない病的な方向感覚の狂いを見せるも、高級マンションの警備のおじさんに道を聞き、何とか駅へ。
炮台山駅で下車し、シティガーデンホテルへ。

観戦前のご飯に相応しいと思ったのが、2016年版まではミシュラン1つ星だった粵(Yue)

アワード受賞の点心盛り合わせ、亮點(Gold Coast Starlight)
170413-3.jpg
サイトの写真に比べると色合いが悪いのは仕方ないとして、にわとりがホラーみたいになってますがな。
凝っているけど味はごく普通。これなら北角の朝から点心が食べられる彩福辺りで、凝ってる点心を頼む方が安いし満足出来る気が。

ホタテのせ焼売
170413-4.jpg
プリプリこりこりでした

エビが入った餃子
170413-2.jpg
見た目も綺麗にまとまっておりますな

サーロインの炒め河粉
170413-5.jpg
マレーシア屋台料理のクイチャオが好きとしては、醤油風味で炒めた河粉(平たい米麺)はたまらない味。日本でないので仕方ない事だが、サーロインにガッツリ火を通し過ぎ。日本のお母さんが、ご家庭で焼いて失敗したステーキ状態。
だけど味付けには程良い中毒性があり、好み。

マンゴープリン
170413-6.jpg
味はしっかり目で好み

広東のそこそこの料理店よりは親切だけど、スタッフに西洋的な振る舞いは期待出来ない。不親切では決してないのだが、開店早々の空いている時間はスタッフがお客放置で暫くしゃべっていたりする。良くも悪くも典型的な香港の中の上以上の店の接客。
テーブルの上に花が置かれているてそこはホテルらしいのだが、混んでくるとかなりお客さんの声で騒々しくなる。終いにゃ宴会場かという賑やかさとなり、1つ星だったホテル中華で食事をしているという事実を忘れるほど。
夜は雰囲気が違うのかと思われるが、他の星を獲得している(していた)ホテル内広東料理店と同様のものを期待して行くと、昼はガッカリするかも。わざわざ気合いを入れてホテル中華に行く時、今後ここを選択肢に入れることは無いだろう。味は悪くないが、少し高くても味も雰囲気もビシッとしたホテルに行くか、似たようなクオリティで安く出すコテコテの店に行くと思う。

気を取り直しましょう。
シティガーデンホテルの近くに愛する添好運点心専門店(北角分店)があるので、ついでに寄り道。会場での補給用に、マーラーカオや店の代名詞的メニューであるチャーシューメロンパンを持ち帰ります。
こちら、昼以降はかなりの混雑が予想されるミシュラン1つ星激安点心店ではあるものの、テイクアウトなら直ぐに対応してくれます。並んでいる人をかき分け、列先頭付近にある紙のメニューをもぎ取り、食べたいものにチェックを付けて、紙に「外買」とデカデカ書いて店内へ。レジの女性にそれを渡し、お会計さえすれば、後は店内の片隅で待つだけ。さすれば、出来次第給仕の人が持って来てくれるのです。信じる者は救われる。

セッションの合間ご飯は、坑口駅近くの桃園制作粥麵餐廳にて
170416-17.jpg
映画でも作ってそうな外観ですな
170413-7.jpg
イベント開催時しかこの駅に行ったことが無いのでその範囲での話になるが、昼時から夜にかけて店内は常に混んでいて、空き席を見つけるのも一苦労。席は勝手に座っても問題無い程度に、店員も慌ただしいし、捕まえづらい。実際私も現地の人よろしく、しれっと座って座席を確保した。
飲み物だけ頼もうとしたら、「今の時間は、パイナップルパン付きのセットにした方がドリンク単体で頼むより安いで」的なことを言われたので、素直にセットに。温かめで、平均的な味のパイナップルパンでしたわ。忙しいのに気がきく店員の兄貴、ありがとう。

当日に書いた観戦レポートはこちら
一部、お気に入りを再掲。

香港の英雄、ロンドン五輪ケイリン銅メダルの李選手
170413-8.jpg
日本のガールズケイリンでも、強さを見せつけた彼女。腰回りの筋肉からして、日本の並みの短距離選手とは出来が違う。
髪おろしてメガネかけてる時は、アラレちゃんみたいな可愛さなのにねぇ。←トラムの絵の件があるので、どうしても言っておきたい

左の黒ジャージが、世界選手権後にガールズケイリンに参戦したナターシャ・ハンセン選手
170413-10.jpg
彼女の魅力が大して写せてない私のバカバカッ!<キャラ崩壊>
お付きスタッフのオヤジさんも好きです。

イタリア団抜き娘
170413-9.jpg
チームの雰囲気が伝わって来るようで好きなのだけれど、『キャプション付けて』にも使えそう。
模範解答: コーチ「すまんが、1走は自転車無しで」 選手「解せぬ」

悲しいことに、世界選手権中の夜ご飯の非充実っぷりは改善せず、最終日以外は概ね生ハムと白ワインで過ごすこととなる。今晩は、白ワインと添好運のチャーシューメロンパンでレポートを書き上げた。
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/12 トラック世界選手権2017~Session 1 & Session 2 [自転車雑談]

本日より5日間、トラック世界選手権観戦旅行のレポートをアップします。
と言っても大したことのないカメラで、しかも観客席からの写真撮影です。競技中の詳しい写真は、公式サイトやパスを持ってるカメラマンのSNS、海外の自転車サイトでご確認ください。
私個人の見解ですが、マイナー競技の観戦写真だからこそ、興味を持った人や友達関係だけに見せるのではなく、広く公開する方が好ましいと考えています。その為、雑多且つ誰得写真も多いですが、当ブログにて極力掲載を致します。少しでも現地の雰囲気、トラックレースの楽しさが伝われば幸いです。

昨日より会場沿線に建つ、まともなホテルに居を移したので、移動が楽。ここは12月に下見で泊まった宿であるが、部屋は広いし綺麗、セキュリティばっちりで、夜道も安全なのだ。
さて、量り売りで買ったリキュールでカクテルを仕込み、いざ出発。

乗車時間が短いので、あっさり着いた。

自分的には恒例の、フィニッシュライン付近を撮影
20170412_144619.jpg
マレーシア国旗と言う激レアアイテムの登場に驚き!因みにマレーシアは、団抜きには男女とも出ておりません。世界レベルの短距離選手、アワンの応援かと思われる。

女子と男子の団抜きの予選が行われる、Session 1のスタートは15時。
初日で平日、且つ香港勢の活躍が見込めない種目なので入りは半分以下。お隣はUKからいらした親切なご夫妻だった。
日本は女子団抜きにエントリーしているが、予選を突破しない可能性は否定し難いものがあるので、心して見ます。

女子団抜き予選
最大のトピックは、チームジャパンの日本記録更新。
世代交代が上手く行っているのではないでしょうか。とは言え、今回も予選敗退。
東京までに決勝に行けるレベルになれるよう、強く強く期待しています。間違いなく歴代最強ですから今の中距離勢は。

チームジャパン
20170412_172859.jpg
4人とも凛々しいぜ!

ジャージのカッコよさナンバーワンのNZ
20170412_173115.jpg
団抜きの時は、この黒が特に映える

イタリア娘はみんな手足長いねん
20170412_173011.jpg
スタッフもイタリアの伊達男だったし、もうどうなってんのよ

男子団抜き予選
基本的には順当にタイムが出ていると思う。
勿体ないのはカナダ!NZに追い抜かれた際、NZ最後尾の選手とカナダの先頭が接触。カナダは全員落車でDSQと相成った。
近くをすり抜けられることは明白なのに(NZに限ったことではありません)、そこに注意を払わないで漕いでいたカナダがいけなかったと思う。追い抜かれた以上、カナダの進路が塞がれる格好になるのはやむを得ない。まぁ、素人判断ですけど。

20170412_173213.jpg
20170412_173912.jpg
20170412_174022.jpg
20170412_174130.jpg

合間の休憩に、駅ビルで軽食をば。
エッグタルトとコーヒー牛乳っぽい豆乳をつまみつつ、写真チェックなど。

Session 2は、男女チームスプリントの予選から決勝、女子スクラッチ決勝と、てんこ盛り。
香港スターの李選手が出ない種目はさっさと片す方針の模様。潔い。

イブニングセッションの前にはオープニングセレモニーがあり、香港キッズと選手が行進しておりました
20170412_221710.jpg
これに日本選手で参加したのは誰か分かるかな?日焼けと笑顔がヒントだよ!

※コンデジのスポーツモードで撮るよりも、プレミアムおまかせオート+スピード重視連写にした方が綺麗に撮れることに気がついたので、以後写真が急に明るくなります。屋内スポーツは難しい。

女子スクラッチ決勝
日本からは上野選手が出場。
日本だけの話では無いが、オムニアムと追い抜きの名手サラ・ハマー選手がペースを上げた時、それに乗れなかったのは致命的。サラ・ハマー選手の実力からして決まりやすいことは明白だろう。
そうなってしまうと、結果は当然、精鋭グループでスプリントが強い選手が勝つ。有力選手の逃げに入り込むベースの力が無いと、メダルどころの話では無いのだろうな。

スタート前の上野選手をさつえ…
20170412_222203.jpg
うん?
20170412_222433.jpg
ここにはおらんな
20170412_222659.jpg
OH……
フィニッシュラインからかなり遠くにいたようで、スタート前の様子が全く撮れなかったわ。

おめでとうイタリア!
20170412_222817.jpg

男子団抜き1次ラウンド
OZ速しですね。

20170413_111940.jpg
20170413_112101.jpg
20170413_112232.jpg

女子チームスプリント
日本からは出場無し。と言うか、女子短距離は今回、枠があったにも関わらず出場を見送った模様。東京五輪に早くも赤信号ですね。
優勝はロシア。スタート時の表情からして鬼気迫っていて迫力がありました。

イタリア
20170412_233716.jpg
去り際もハンサムな伊達男

中国
20170412_234627.jpg
体をねじるねじる

2位:オーストラリア
20170412_234256.jpg
OZヘルメットのカッコ良さを是非知って欲しい

3位のドイツ
20170412_235406.jpg
ガールズケイリンでも鬼の強さだったフォーゲル選手、サドルと靴下が可愛い

優勝はロシア
20170413_000319.jpg
20170413_000355.jpg

男子チームスプリント
日本は1次ラウンド敗退。良くなってきていると思うが、この結果が規定路線になってしまっている。
他国はオリンピックイヤーに相当仕上げてくることを加味すると、競輪選手組は、徹底的にトレーニングしないと東京は厳しそう。いつまで、競輪とケイリンを一緒にさせる気なのだろうか。

カナダ
20170413_005958.jpg
スタート前に転倒。高級機材につき、自転車から救助される(悲)。カナダチームはお祓いに行った方が良いのでは…
20170413_010053.jpg
そこ、気ぃつけなはれ!な指
20170413_010201.jpg
無事、再スタートが切れた時はホッとしました

コロンビア
20170413_011140.jpg
20170413_011301.jpg
美しきアフリカンカーフ

ベラルーシ
20170413_012234.jpg
1走の様子がおかしいことに即気付き、手を挙げ始めている3走
20170413_065327.jpg
再走時、3走だけ不安げに見えた

何とか3位のフランス
20170413_012545.jpg
1走の異変に気づく、競輪でもお馴染みのペルビスたん(ペルビスは何となく、たん付けしたくなる。ドミトリエフ選手はドミちゃん一択だけど)
20170413_103136.jpg
やり直しは上手く行き、安心のペルビスたん
20170413_103338.jpg

ドイツ
20170413_064753.jpg
20170413_064919.jpg
1走の脚って、たんぱく質と筋トレだけで出来るもの?と、見る度に思う。絞り切って無いとは言え、ボディビルの観点で見ても異常にぶっといんだが。

優勝:NZ
20170413_065144.jpg
20170413_105351.jpg
美しい
20170413_105639.jpg
OZボーイじゃないので、勝ってもはっちゃけ過ぎない

完全なる趣味の世界:オヤジコレクション
スタッフのオヤジさんが気になって仕方ないroso氏の欲望を満たす写真。

20170412_235112.jpg
20170412_235258.jpg
20170413_103036.jpg
20170413_111846.jpg

闘魂注入オヤジ
20170413_103423.jpg
20170413_105545.jpg

かけっこオヤジ
20170412_234206.jpg
20170413_104837.jpg
20170413_104905.jpg

スクラッチやポイントレースは、選手とオヤジが一気に出てくるので楽しい
20170412_222541.jpg
20170412_222614.jpg
わらわら

アジアオヤジ
20170412_234511.jpg
シャツをインする真面目さが好き

師弟
20170412_222329.jpg
後はお前さん次第だ…な背中

フランス短距離は、かけ声かけるのがオヤジじゃなく女性なので、流石自転車大国だなぁと思ってます
20170413_105722.jpg
かけ声はアレ!アレ!でした
20170413_103246.jpg
転倒後駆け寄る姿は、まるでお母さん

心をこめて修繕中
20170413_115456.jpg
ですので、
20170413_115517.jpg
明日も引き続き宜しくお願い致します!

#TWC2017
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/12 香港で自転車とミシュランのスターを探せ!【5日目の旅編】 [雑談]

旅行のメインイベントたるトラック世界選手権が午後から開幕する。
身体の求めるままに寝ていたら、昼前。

身支度をしてから、MTRで金鐘へ。Pacific Place内にある中華レストラン天一酒家で朝ご飯を。

エビ焼売
170412-1.jpg
ぷりっと歯応えのある焼売の上に、エビを1尾まるまるのっけて、蟹の卵をトッピング。蝦餃より旨味が凝縮されている。

雪山叉燒包
170412-2.jpg
いわゆるひとつのチャーシューメロンパン
170412-3.jpg
断面図。
チャーシューメロンパンは何軒かで食べたことがあるが、日本の美味しいメロンパンに一番近いと思った。皮を軽くたたいても分かるが、香港にしては大分薄い。写真だと伝わりにくいけど、叩くとコツコツ言うのです。チャーシューは蜜が絡んだ甘辛で、パンの薄さとクッキー地のほの甘さで食が進む。
感動的。これを食べる為だけに、天一に行っても良いね。

マンゴープリン
170412-4.jpg
マンゴー以外の果物でカサ増しするのは…。先ほどの2品と比べると、急にレベルが落ちた感じ。味がぼやけてしまう。

ホテル並みの値段で、点心のゴージャスな見た目や味もホテル級。ショッピングビルのテナントとしては、当たりの部類に入る。
が、接客はなんだろうなぁ、サーブするおばさん達の仕事っぷりは、香港の大衆広東料理店にちょっと色つけただけって感じで値段に見合わってない。その後8月の休日のランチタイムに行った時も、同様の印象を受けた。また、2回とも色の濃い壁に密着した席に案内された為、基本的にしないと決めている写真の明るさの調整もこの店だけしている。
2食分の結果を加味すると、チャーシューメロンパンが良いだけあって、パン系・パイ系メニューは高水準。お茶と一緒にパンをつまむ程度の、休憩利用が一番良いのかも。

建物を出て、歩いて湾仔方面に。
立て続けの食事となるが、ビブグルマン掲載のThe Butchers Club Burgerでランチを頂く。支店が香港に何軒かあるが、ビブグルマンに選ばれてるのは湾仔店である。

バーガーと言えばビール
170412-5.jpg
割高だけど、これから祭りに行くのだからガソリンは必要

お得な部類に入るランチメニューをチョイスしたが
170412-6.jpg
ポテトの量は欧米水準としても、バーガー小さいわ!よくこれで白人客は怒らないな。
まずい訳では無いんだけど、良くも悪くも欧米人が食いつくような出来。日本のグルメバーガーに慣れている人には、これで本載るんだ~と感じるのでは。お肉自体の良さやソースへのこだわり、具の完成度は東京のバーガー屋さんの方がずっと上だし安い。安値で食べられる西洋料理は東京の方が上だと、先生何度でも言うぞ。(金八か)

白人サラリーマンのたまり場でしたが、別の日に通りがかったら朝も朝で白人の集会所と化していた
170412-7.jpg
白人に囲まれてバーガーを食べたい人はここに行こう!

観覧グッズを取りに宿に戻ります。飲み水や、大きい日の丸や、小さい日の丸やらがあるのですよ。
170412-8.jpg
ワオ!ホテル前に世界選手権ラッピングのトラムが通ったよ。香港選手の似顔絵が描かれていて、愛に満ちた作品だが、なして李選手はこの表情。似てるけど、もっと他にも可愛い表情があるだろ色々と!笑顔が特徴的だとは思うけれど、オフショットのメガネかけて髪おろしてる時はアラレちゃんみたいで可愛いじゃん!←自転車何処行った

世界選手権会場は、観光客が行くわけの無い坑口駅から案内に従って5分の場所にある香港ヴェロドローム。
トラックレースは夜に観戦出来る自転車競技でありまして、予選を中心にやるセッションと決勝が集中するイブニングセッションとの間に長めの休憩を挟んでいます。その為、通しで見ると拘束時間はそれなりに長い。3日以上のイベントにもなると、最終日には選手並みに疲れてる自分がいる。合間に良質な休息が取れるかどうかは凄く重要です。
香港ヴェロドロームの良いところは、都市部から近くアクセスが簡便なことと、新興のベッドタウンに恥じぬモンスター級の駅ビルを擁するところ。食事の選択肢は沢山あります。これが日本だと、会場からバス(本数が激少ない)で20分以上のセブンイレブンで買ったものと、昼時のみ会場で買えるカレーやコロッケが命綱だ。

さーて本日の合間ご飯は
170412-9.jpg
駅直結の南豐廣場に駆けつけ、泰昌餅家の分店でエッグタルトと豆乳を。値段も安いし、放置してくれるからイートインとしては優秀。

当日に書いた観戦レポートはこちら
各国のジャージを間近で見れるのも現地観戦の良いところですが、チームGBがリオ五輪で来ていた鬼ダサいジャージも生で観たかったな。特に表彰式で羽織ったやつは、美人のローラの美しさを消しにかかる勢いの田舎のヤンキーデザインだったから、感動すら覚えたわ…。Stella McCartneyデザインだなんて信じたくないYO。
※今大会ではめっちゃ普通のジャージでした。

上記レポートより、2枚だけ再掲。

スペインチーム - 男子団抜き予選
170412-10.jpg

日本代表 - 女子団抜き予選
170412-11.jpg

私自身は自転車競技、とりわけトラックレースを観るのが好きだが、連盟はいつになったら腹をくくるのかと思わざるを得ない初日であった。
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/11 香港で自転車とミシュランのスターを探せ!【4日目】 [雑談]

明日よりトラック世界選手権。従い本日より、尖沙咀の雑居ビルから、会場へのアクセスが便利なホテルに移ります。離れる日が来ると、ブレーカーが落ちたことも良い思い出に……ならないわ!

チェックアウト前に、ご近所徘徊。

一大観光地のすぐ横にある街市、海防道臨時街市
170411-1.jpg
子供の時に入った以来だと思う。潜入~!

時間的に開いてるお店が少なかった
170411-2.jpg
170411-23.jpg

ムスリム経営の八百屋さんは営業中
170411-6.jpg
170411-4.jpg
170411-5.jpg
170411-7.jpg
170411-8.jpg
香港一有名なモスクがご近所だからか、広いスペースを占有していた。

玉ねぎ、どんだけ
170411-3.jpg


170411-9.jpg
170411-15.jpg
た、たまらん

現代アート、来ましたっ!
170411-10.jpg
一生このままで良い

猫ちゃんご来店
170411-16.jpg
どうも~
170411-17.jpg
綺麗な子ですね
170411-18.jpg
ハート柄がお似合いですこと
170411-19.jpg
いつの間にかお友達も
170411-20.jpg
はい、紙で遊びます
170411-21.jpg
あなたも良いお顔ね

お食事処、海防道臨時熟食小販市場も併設
170411-14.jpg
こういう光景ですけど、勇気を出して足を踏み入れましょう(気が弱いくせに、こういう時は躊躇なく突進する)
170411-11.jpg
170411-13.jpg
170411-12.jpg
目当てのお店がやっていなかったので写真だけ撮って出たのだけれど、軽くお茶でも飲んでおけば良かったな。写真見返す度に渋みを感じるわ。

朝ご飯は澳門茶餐廳で、有名店だけど足を踏み入れたことが無かったので丁度良い。
ここを代表するメニューであるエッグタルトを頼んだら、「まだ無い」とのこと。朝のメニューに載ってるのに何でだ…。カレーもマカオ感あって美味しいらしいので、出前一丁にカレーを乗っけたモーニングセットを。
170411-22.jpg
スパイスがきいていて辛めの本格派。だが重ね重ねエッグタルトが無いのが残念だったわ。

柯士甸駅まで北上。
170411-24.jpg
仕事に追われる人を横目に眠るzzz

街市を見つけたので入る、官涌街市
170411-26.jpg
170411-31.jpg
ごちゃああああああ

かごおおおおおおおおおお
170411-32.jpg
170411-33.jpg

はこおおおおおおおおお
170411-39.jpg
右隅に幽霊のように人が写ってしまった。発砲テトリスチロール。

長靴
170411-41.jpg

味わいあるケース
170411-42.jpg
引きで
170411-43.jpg
満足

営業していない店舗の前にこんなの置いてたんけど、買う人がいるのだろうか
170411-34.jpg
誰に・どこにお金を払えば良いのか

上は熱食中心になっていた
170411-27.jpg
170411-28.jpg
170411-29.jpg
170411-30.jpg
美味しいお店が紛れてそうなので、夕方に行くと楽しいんだろうなぁ

こちらでも
170411-38.jpg
ん?
170411-37.jpg
んん?
170411-36.jpg
ネコォ~

車がバンバン通っている廣東道から少し入ったら、ご覧のようなローカルさが残っている柯士甸。
海も近いし、広い公園もあるし、庶民的なお店もある。またその内、お邪魔してみよう。

1駅乗って尖沙咀へ。Urban Coffee Roasterで1杯飲んでから
170411-44.jpg
チェックアウト、荷物を持ちながら徒歩でランチの場所へ向かう。

ミシュラン2つ星、香宮。レストラン到着早々、スーツケースを預かって貰えて大変助かった。

ホタテ入りの腸粉、黒トリュフのせ
170411-45.jpg
腸粉って好きだけど、具も決まりきっていて若干飽きていたのだが、これには感激した。ホタテの柔らかさも丁度良く、味のあっさりさを黒トリュフでカバーしている。凄く品の良い腸粉。
皮の柔らかさもタレも好み。

60か月熟成イベリコハム入り大根パイ(と本家のWebで紹介されていた)
170411-46.jpg
サクサク。大根餅的な味付けがされた薄切り大根が詰まっていた。
大根餅にも飽きつつあったが、こういうアレンジもあるのだなと。美味しい。

日本でいう所のチャーシューメロンパン
170411-47.jpg
後日更に美味しいチャーシューメロンパンに出会ってしまったので、あまり印象が…。

桜海老、干し貝柱、卵白入りチャーハン(同じく、Webにそう書いてあった)
170411-48.jpg
お上品なパラパラのチャーハンでした

マンゴープリン
170411-49.jpg
器からしてやる気感じますわ、マンゴープリンの好みの幅が広いようで狭いのですが、ここのは好き。マンゴーの変なえぐみは当然無いし、濃厚。お茶によく合った。
高級店なのに、マンゴープリンに市販のエバミルクをドバドバかけていたり(良い生クリームかけるとか、シェフがクリームをブレンドするとかして欲しい)、マンゴーと関係ない果物が入っていたりすると、気持ちが冷めてしまいます。そう言いながらも食べるのですが…。

どれもこれも品の良い味で満足。ウェイターの接客も西洋ナイズされている。唐閣ほど一人一人の空間は広くないが、内装はシノアできらびやかでした。

香宮のあるカオルーン シャングリ・ラ 香港でタクシーを拾い、今日からお世話になる香港島の宿泊施設へ移動。
日記に書かれていないものも色々買っており、大層な荷物だったのでタクシーは凄く楽だった。高速代や荷物代も安いもんじゃ…。

チェックインもつつがなく終わり、荷物を置いたところで香港島観光。
初っ端はMTRで湾仔まで。額のお店が何軒かある、皇后大道東を目指す。というのも、昨日現像した写真の中でも特に気に入っているものを、香港で額装して貰おうと考えたからだ。
170411-50.jpg
湾仔のこの辺りは、東京の山手側に近いものを感じる

言葉が通じないとどうしようもないので、英語の紹介記事や、欧米人のレビューがあったArco Fine Art Framingというお店にお願いすることにしたが、これが正解。
店主と思しき紳士が親切で、枠の色や仕上げもアドバイス頂けたし、ホリデーシーズン直前と言うのに、早めの仕上げも快諾頂けた。初めての香港での額装も安心してオーダー出来た事は大きい。

部屋飲みワインの調達も兼ね、額屋さん至近のHopewell Centre内Watson's Wineでお買い物。
Watson's Wine全般に言えることだが、ラスト数本で安くなっているワインには、日本ではもう手に入らないものが手頃な値段で提供されていることもある。いつも、チェックだけはするようにしている。3本をお会計。ずしっと重い。

はい、定番のトラム撮影スポット
170411-51.jpg
もっとお洒落にデコったトラムで撮るべきだった。漢方薬柄って。

最旬スポットLee Tung Avenue、12月に続き2度目
170411-52.jpg
グランドフロアのジャパニーズアート系ポップレストランや、休日朝は欧米人のたまり場と化すオサレカフェも気になる存在だし、地下の高級スーパーや大同老餅家さんは観光に関係なく役立つ存在。この敷地内で朝昼晩夜食が済ませられるし、一度くらいはご近所に泊まりたいな。

グランドフロアのコーヒーショップ、Omotesando Koffeeでブレーク
170411-53.jpg
表参道と京都の店が潰れた後でオープンした、日本発のコーヒー屋さん。空白期間の後、表参道の店はコーヒー豆屋として再出発したらしい。香港の観光スポットだと、契約更新時にメチャクチャ吹っかけてきそうですけど、大丈夫なのでしょうか…。
コーヒーは美味しいし、大きな木のテーブルも香港の人は「ニッポンの匠の技!」とか言って感動してくれるのではないかと思いますが、冷房効き過ぎでしたわ。冷房も日本仕様にすれば、光熱費も抑えられるし、ニッポン信仰の厚い香港の若者に日本文化を押し付けることもできると思う。前向きにご検討頂きたい。

再びMTRに乗り天后で降りたが、目当てにしていた飲食店の対応が文章にし難い程にゴミだったので、そこは退店して別のお店で飲み直す。その店の否定的レビューとそれに対する店のリプライを見ると、恒常的にリカーライセンスを持ってないようだ。よくそれで飲み屋をやるよなぁ、さっさと潰れてしまえば良いのに。
170411-54.jpg
はー、近所のお店は親切で良かった。ハッピーアワーで安いし。

飲んでる間に一雨あったので、駅近くのバスケコートも濡れている
170411-55.jpg

ワインだけ置きに宿に帰り、またしてもMTRに乗り、今日の仕上げに太古のショッピングセンターを覗きに行く。が、観光客が足を延ばしてまで見に行くような、余所にないお店がある訳では無かった。香港の誠品書店グループで唯一未訪だったTwo Cityplaza店も確認したけれど、尖沙咀や銅鑼湾店に比べると、規模がガクッと落ちる感じで期待外れ。
見るものも無いので、太古のナイトウォーキングを。この辺りの高級住宅街エリアは、観光客が訪れるエリアでは無いので閑静だし、重厚な新築マンションも散見されます。太古に日本人が多く住んでいるという話にも、合点がいくというものです。

遅くなったが、ホテル近くの食堂でお夕飯をば
170411-56.jpg
福建チャーハン、ボリュームたっぷりだが、程良い薄味で箸が進む。夜食サービスでお茶代もかからずで、リーズナブルだった。
170411-57.jpg
Googleでは凱富菜館という名前で登録されていた。バリバリ地元の人向けのお店であったが、気に入ったので覚えておこう。
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/10 香港で自転車とミシュランのスターを探せ!【3日目の後半】 [雑談]

朝ご飯は通りがかりの新興棧食家
170410-53.jpg
朝からガラスをピカピカに磨いていて好印象なり
170410-51.jpg
及第粥を。及第粥だけは広東語で言える。←他も覚えましょう
170410-52.jpg
葉物を沈めると、具がガシガシ入っている。薄味だけどエキスが出ていて、優しいわ。魚系のお粥が香港人には人気のようです。

朝の廟街
170410-54.jpg
夜の姿が嘘のよう

昨日の今日でガンガンに観光する気にもなれないから、普段しないことをしよう。
記憶を頼りに、油麻地の九龍地圖銷售處なる所へ。日本で言う国土地理院か?古い年代から現在に至るまでの、香港の航空写真や地図といったデータの閲覧や購入が可能なのだそう。
使い方に関する説明がほぼ無い上に、接続が遅すぎるPCと格闘すること1時間弱。欲しい画像をカートにぽちぽち入れ、カートの内容を紙に印刷。受付にお金を払えば、手配完了だ。現像は普通にやると2週間くらい(確か)かかるのだが、解像度を下げれば当日のスピード仕上げも可。

現像待ちの間、上海街をぶらっと
170410-56.jpg
170410-63.jpg
調理器具屋さん以外も、ツボなお店が多い

カフェ代わりに涼茶舗を利用します、徳業堂
170410-58.jpg
店主夫妻が、香港人基準で考えると相当に親切であたりが良かった
170410-57.jpg
亀ゼリーで元気を貰いました

猫ちゃん@上海街、行きますよ
170410-55.jpg
170410-70.jpg
あなた今日も寝てるのね(2日前も寝ていた
170410-64.jpg
良い寝顔
170410-65.jpg
おすまし
170410-61.jpg
隙間スキー
170410-62.jpg
店主の風格
170410-71.jpg
いらっしゃい、何にする?

網に覆われたビル
170410-59.jpg
足場は安定の竹。竹の足場組職人は高給取りと以前BSの番組で聞いて、勝手ながら安心したものだ。

空き店舗は何時だって気になる
170410-60.jpg

正午になった。
九龍地圖銷售處で注文した写真を受け取る場所が例の貫通ビルなので、引き取りがてら、突き抜けている場所を確認したいと思います。
170410-66.jpg
170410-67.jpg
170410-68.jpg
うおおお、本当に通ってるよ道路が。本当だよ。(何だと思っていたのだ)
170410-69.jpg
廟街も上から見れる。薄暗い時間に行くのは、落下とか落下とかが懸念されますけど。

現像した航空写真を早速チェック。
趣味と実益を兼ね、今は亡き九龍城の周辺航空写真を、年代別に買い揃えたのだ。写真を見比べると、戦後直後はそうでもないが、近隣に大規模な団地が建ったことで、60年代後半には周囲から孤立した建造物になっていることが分かる。
家に帰って、ディスプレイするのが楽しみだ。

12月にお邪魔した巧佳さんが拡張中と聞き、佐敦方面へ南下。
170410-73.jpg
170410-74.jpg
看板猫ちゃん、今日は活動中でした。
品物がどんどん増えていますね。奥様に対応頂き、旅行カバンにつけるキーホルダーをゲット。

炮台街に打ち捨てられた箱の数々
170410-72.jpg
シマノに何があった

ランチタイムです!
170410-75.jpg
このブロックを攻めます

ワンタン麺で知られた麥文記麵家
170410-76.jpg
エビワンタンスープ、はい美味しい
170410-77.jpg
汁なし豚足麺、病み上がりに沁みるわ~

デザートは隣りの澳洲牛奶公司で。時間を外したのに、地元客で埋まっている茶餐廳とくれば期待せずにはいられない。
170410-78.jpg
牛乳プリンの白い方、蛋白燉鮮牛奶を。牧場の味がします的、素材の味が生きた甘プリンで好み。
すぐ近所にある、同じく牛乳プリンで売ってる義順牛奶公司には、もう行きません!!(言ったな?!)

裕華をサクッと巡回し
170410-80.jpg
ただ今マイルーム。デザインは洒落てんのよ、デザインは。

ひと眠りし、夜にホテルの近所にある沛公甜品 尖沙咀店へ。1年ぶり
170410-79.jpg
バラマンゴーこと心花怒放。マンゴーたっぷりで大好き。店員の姐さんがスプーンをテーブルに直に置くことだけは耐え難し。潔癖症の香港人って生きていけるのかな…。
この時点では何てことも無く営業していたし、夜遅くになるとデザートを求める人々が列をなしていたものだが、兄貴が5月の連休に行ったら潰れていたと証言。香港の飲食レビューサイトでも結業の文字が。無念じゃ。

縁あって、ザ ランガムのラウンジでのんびり過ごす
170410-81.jpg
おつまみとお酒2杯と紅茶。おお、私にしては控えめ。
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/10 香港で自転車とミシュランのスターを探せ!【3日目の前半】 [雑談]

復調してきたので、MTRに乗り12月に初訪問して気に入った油麻地果欄(Yau Ma Tei Fruit Market)に赴く。
セリが行われている夜中~早朝に行かないと、さして面白くない場所なので注意。

セリが終わりつつある早朝に行くと、道路に行き先の決まった商品があふれているので、箱モノ好きにはたまりませんですばい。(興奮のあまりキャラが崩壊)

果物の段ボール、街の風景に溶け込んでない?
170410-1.jpg
170410-2.jpg
170410-3.jpg
170410-10.jpg
170410-15.jpg
溶け込んでない?<2度聞く>

道路に面しているお店
170410-11.jpg
170410-14.jpg
170410-41.jpg
は、通りすがりでも目に付くでしょうが

最も楽しく刺激的なのは、細長い通路でつながっている建物内部ですよ
170410-31.jpg
170410-32.jpg
170410-7.jpg
170410-9.jpg
170410-30.jpg
170410-48.jpg
170410-20.jpg
170410-34.jpg
170410-35.jpg
170410-27.jpg
170410-39.jpg
170410-21.jpg

はたらく道具
170410-8.jpg
170410-16.jpg

これは芸術品かな?(真顔)
170410-13.jpg

お猫様の宝庫でもあります。
岩合さんに潜入して頂きたかったが、セリに出入りしている人がいることを考えると、TV取材は厳しいだろうな。

きりっとしていたのに
170410-4.jpg
あら可愛い感じでうずくまっちゃって
170410-5.jpg

休憩中
170410-17.jpg
からの
170410-18.jpg
おこもり

じっ
170410-19.jpg

高齢のようです
170410-49.jpg

ZZZ
170410-22.jpg
はっ
170410-23.jpg
寝てませんけど?
170410-24.jpg
働いてますけど??
170410-25.jpg

微動だにしない
170410-26.jpg

・・・・・・
170410-28.jpg
おやすみ
170410-29.jpg

身だしなみを整える朝
170410-37.jpg

箱の守り猫
170410-36.jpg

大事に飼われてるね
170410-45.jpg
170410-46.jpg
170410-47.jpg
発泡スチロールをガシガシやっていたのかしら

ふぃ~
170410-42.jpg
何か用?
170410-43.jpg
用無いなら寝るよ?
170410-44.jpg

目を光らせます
170410-40.jpg
泥棒は許さないよっ

猫マネージャーと使用人
170410-38.jpg

オマケの番犬
170410-33.jpg

九龍城無き今も、その時代の空気が感じられる油麻地果欄
170410-50.jpg
大好きだぁ

後半へ続く
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/9 香港で自転車とミシュランのスターを探せ!【2日目の後半】 [雑談]

思ったより時間を使ってしまった為、旺角は早足で。

金魚街
170409-41.jpg
170409-42.jpg
170409-43.jpg
ドキドキする観賞魚の販売方法だけど、誰もつっこまない

旺角のローカルマーケット街は昼から絶好調で楽しい
170409-44.jpg
カメラ好きには天国です

ミシュランのストリートフード部門で掲載の奇趣餅家
170409-45.jpg
ジモティが引きも切らずにご来店。部屋で食べられるお餅だけ買い上げたが、安いがちゃんと作られていた。塩味系のスナックも人気らしいので、次の機会にはそれを手に部屋で飲んだりしたい。

写真無しだが、八珍醤園も立ち寄った。
販路を広げている調味料メーカーだけあり、九龍醤園よりも種類豊富。日本ではもっぱら朝昼カレーなので、カレーの下味に使うお醤油や、炒め物に便利な醬類各種、冷奴のお供に八宝醤(非常にオススメ。ご飯や冷奴にそのままのせるだけで十分に美味しい)、餃子汁(円やかなお酢がきいていて水餃子にぴったりの絶妙なブレンドだけど、ファイト餃子にも合う)、などなどを大量に。
だけど、お醤油もその他調味料も、小規模経営の九龍醤園の方が上かなぁ。特にお醤油のキレや深みに差がある。

調味料をホテルに置いてから、MTRで中環へと。
近年メディアでの紹介率が異常に高いyum chaグループの新店!龍麵館 でランチ

カンフー映画の世界が再現された内装
170409-60.jpg
170409-56.jpg
170409-57.jpg
170409-54.jpg
170409-55.jpg
170409-59.jpg
170409-52.jpg
170409-53.jpg

料理はインスタ映えを意識しつつも、点心の味は平均以上に美味しく仕上がっている。
カクテル
170409-48.jpg
場に酔ったのか、キラ☆キラカラーでコーティングされたフェミニンなものを頼んでしまった…

黒い衣のタロイモコロッケ
170409-46.jpg
接写だとカメラがこの黒い物体を物体と認識しないという
170409-49.jpg
敷いてある紙は日めくりカレンダー風にしている、細かい

大根餅も華やか、分かりづらいがポーチドエッグがてっぺんに
170409-47.jpg
サクラエビをトッピングするのは良いですね、食感も変わるし塩気が良い

飴ちゃん
170409-50.jpg
では無く
170409-51.jpg
中に中華ソーセージが、その名もキャンディーソーセージロール

豆腐花が本当のお花の様になっている
170409-58.jpg
日本人的には、見かけところてん

うーむ、日曜のランチタイムで店内ガラガラなのに、座りづらい席にお客を座らせるとかいう気の利かなさでは、yum chaの地位は揺るがないのかな。少なくとも、日本のメディアでは未だにyum cha推しで、香港特集とくれば高確率で名前が挙がる。
こういう書き方していますけど、店員さんはみんな若くてフレンドリー。ただ値段の割に諸々がカジュアル過ぎるので、若者以外には合わないかも。

スターフェリーで尖沙咀に
170409-62.jpg
働くおじさん
170409-61.jpg
停泊中
170409-63.jpg
香港島側に不穏な雲

Harbour Cityで服や本を少々見たが、疲労感が強いので切り上げて、一旦休憩に。
宿の部屋で夜まで寝る。ホテルの廊下では日中、廊下に若者向けのサウンドを延々流しているんだけど、夜中にブレーカー落ちるようなところで要らん創意工夫だと思うわ…。

寝たら調子が戻って来たので、お土産を買いに出歩く
170409-64.jpg
Marks & Spencerで幻の2011年ポートワインや、紅茶、お菓子などをお土産に

ザ ミラのイースター飾りつけが良かった
170409-65.jpg
全景
170409-67.jpg
170409-68.jpg
足下のうさちゃんが実に実に可愛い
170409-69.jpg
如何なる経緯で、頭上に人をイラつかせる顔のウサギを配置したのか

夜は少しだけ。Lucullusのイースターチョコを
170409-70.jpg
170409-71.jpg
アジアタッチなうさぎさんも良いね
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/9 香港で自転車とミシュランのスターを探せ!【2日目の前半】 [雑談]

朝起きたら少し疲れている。肌寒さも残る東京から、亜熱帯の香港に行ったから?

MTR大好き。
太子駅で降り、駅近くで軽く食べる心積もりで歩いていたら、地元客がちらほら入っているお店が。朝早くから開いている点心のお店、名點心
170409-1.jpg
お粥と
170409-2.jpg
牛腸粉を注文~
味は平均以上で値段は安く、メニューもメジャーなのは大体置いてある。地元客が多かったが、片言広東語な私でも感じ良く入れてくれた。朝ご飯難民と化しているので、ここは再訪しても良いな。

午前の目標は、6年前にお邪魔した鳥かご屋さんで鳥かごを探すことと、12月に出会ったFlower Marketの美猫と再会すること。八珍で調味料も探したいし…と、私的には詰め込みまくりの内容です。

朝のFlower Market
170409-3.jpg
170409-4.jpg
面白い形にされた竹が気になるのです
170409-9.jpg
170409-10.jpg
170409-11.jpg
花束のセンスが物凄いよ
170409-40.jpg
し、色彩の殴り合い
170409-13.jpg
カラフルな菊
170409-16.jpg
ランランラン
170409-17.jpg
おとなしい色を見かけるとホッとする
170409-12.jpg
170409-14.jpg
170409-15.jpg
お洒落な店先。奥に構えていたのは、スキンヘッドのいかつめ店主でしたが。

猫とたわむる@Flower Market
170409-7.jpg
背景=商品
170409-5.jpg
ジャングルの王者っぽくて凛々しいわよ~
170409-6.jpg
背中も可愛い
170409-8.jpg
この子は、お店の猫では無いのかも
170409-38.jpg
あら?
170409-39.jpg
また会えたね~、今日も眠いのね

6年ぶりのかご屋さん@Bird Garden
170409-22.jpg
170409-23.jpg
変わらずセンスの良いラインナップ。地元の人も何人かかごを買っていた。
これといったものに出会えなかったので、今回は鳥かごにつける壺を代わりに探そうと作戦を変更。あれこれ言って在庫を出して頂いたが、高級な壺セットは1,000HKDを超えるものもザラにあるようだ。小一時間ほど見て、金魚を描きながらも落ち着いた色合いのペア壺を日本へ連れ帰ることにした。
壺は籠によって嵌るものと嵌らないものがあるから、手持ちの籠の写真を持参しておくとスムーズ。

Bird Gardenに行ったついで~レトロ鳥かご好きの皆様に捧ぐ写真集
敷地に自慢げに吊るされた年季の入った籠。昔のデザインの鳥かごを売っているお店は簡単には見つからないし(1軒ネットでアンティーク籠専門店が引っかかったが、廃業していた…)、見つけたとしても新品ならすんごいお値段です。何処かで手頃なのが残っていないものか。
170409-18.jpg
170409-19.jpg
170409-20.jpg
170409-21.jpg
170409-26.jpg
170409-27.jpg
170409-28.jpg
170409-29.jpg
170409-31.jpg
170409-32.jpg
170409-24.jpg
上の籠はベリーグッド、細工も細かい。この5か月後、マカオで雰囲気の似たものに出会ったが、8,000パタカと聞いて卒倒した。往復航空券+ホテル付きの香港旅行が出来ちゃう額じゃないの~。
170409-25.jpg
上の様な、虹のように鮮やかな花柄をした壺も探しているのだけれど、同様に見つけづらくてですね
170409-37.jpg
籠の中の青い鳥

わりかし自由な鳥もいる
170409-33.jpg
とても大人しい子達。ビーチリゾートみたいに「写真を撮ったら飼い主が高額請求してきた!」とかありませんよ~。
170409-34.jpg
ん?
170409-35.jpg
呼んだ?

後半へ続く。
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/8 香港で自転車とミシュランのスターを探せ!【1日目】 [雑談]

大英帝国の植民地であった香港。今でもカレンダーにイギリス感が残っていて、かのイースターも香港では祝日である。
2017年のイースターに香港ヴェロドロームでトラック世界選手権が行われるという事で、およそ1年前から計画をしていたこの旅行。しかし、ここ数年3月頭には終わっていた世界選手権が、普通にロードレースのシーズンに入っている4月に開催するとか勘弁して欲しい。仕事休みづらいじゃん、止めてくれよ。まぁ休みましたけど。
何だかんだで長々休みが取れたので、試合が無い時は、観光とグルメと買い物を楽しみたい。昨年12月に続きミシュラン掲載店などを巡ろうかと計画していますが、正直、インターコンチのヤントーヒンほど値段とサービスが反比例してる店は、もう無いと信じたいね…。正直、日本人スタッフの偉い人の対応もかなりイケてなかった。

楽ちんな羽田発便で香港へ。
みみっちい旅行しかしていない庶民につき、ラウンジや優先カウンターが利用できる航空券を持っていても、2時間前にチェックインが完了するように行動してしまう悲しみ。
170408-1.jpg
JALラウンジ名物のカレーなどを頂く。
ワインも力入れてます、とのことだったが、もう少し色々チョイスが出来ると良かったかなぁ。ちょっと期待外れ。カンタスの香港国際空港ラウンジ(※香港におけるJAL指定ラウンジでもある)の方が、ワインを含めたドリンク類が充実していた。

いつも通り何事も無く、おやつ前に香港着。
早足でイミグレまで駆け、トランクを待ちながら香港ドルをおろし、荷物を手にしてからはSIMを買い、エアポートエクスプレスに乗り。サクサクと進む旅。

今回、最初の3泊は尖沙咀の宿を取っている。10年近く泊まっていないエリアなので、変化を楽しみに…と思っていたが、エアポートエクスプレス九龍駅から無料シャトルバスに乗るのがめんどくさいし、何処に行くにも人混みをかき分けないといけない。疲れている時には非常に辛いものがある。尖沙咀と呼ばれる区画に今後泊まるかは要検討だ。
また、宿泊ホテルは雑居ビルをお洒落に改装した新設のものであったが、部屋が激狭だわ(これは想定内なのでOK)、暑いのに夜中にフロアのブレーカーが落ちてしまい通路でホテルマンがワーワー騒ぐわ(暑いよ!)、と言うか通りはパーリーナイに浮かれた酔っ払いが明け方まで騒いでるわ(これは母の実家もそうなので大して気にならん)と、なかなか出来ない体験がてんこ盛りだった。比較的まともな方のホテルを選んでもこの様なのだから、格安ホステルに泊まった日には大変だろうな。兎に角、どんなに綺麗に改装していようが雑居ビルは雑居ビルである、と痛感した次第である。

荷物だけ置いて、遊びに行ってきます
170408-2.jpg
お宿周辺の路地裏はこんな感じ。九龍半島のゴチャ感が出ておりマニアにはたまりません。

MTRに乗って、幾度となく訪れている翡翠市場(ジェードマーケット)へ。
今まで気にも留めていなかったが、ここにはA貨と呼ばれるミャンマー翡翠を売る店と、そうでない店があり、いわゆる観光客が客引きに引っかかって買っているのは「そうでない店」のもののようだ。
それを知った上で覗いてみると、A貨の店は看板にAの文字が書いてあり、客引きも強引ではないし、最初に吹っかけてくる値段も「そうでない」ところほどボっている訳では無いことが分かった。メインランドの方?香港人?かは分からないけれど、中華圏のマダムはAの店でじっくり品定めをしている様だ。
見ていると良いものが1つ欲しくなってきた。家に飾る用に小さい獅子の対の置物を、A貨の店で値切って購入。翡翠は緑色が濃くなると値段が一気に跳ね上がるから、驚きの白さのものを選びましたが…。

翡翠市場の辺りには、まだ古い香港が残っている所もある。
そういう所にあるおじさん達がたむろしている食堂に入り、軽食を食べたい衝動に常に駆られているのだが、今日はアテがあるし今度にしよう。

直ぐ目の前に街市を発見。街市写真家(だったの?!)としては無視出来ませんから、足を踏み入れます。
尚、今旅行記より、ガラケーから数年前の型落ち液晶傷ありアウトレット品コンデジへとカメラが進歩しております。嬉しさのあまりハッスルしてしまい、場合によって街市での写真に筆者の狂気を感じることもあるかと思いますが、予めご了承頂けますと幸いです。
加えて、街市のお店は赤いシェードで電球を覆っているところが多く、時折被写体の色が不穏に映りますが、どうしようもないので宜しくお願いします。

油麻地街市
170408-3.jpg
170408-4.jpg
170408-11.jpg
170408-12.jpg
170408-33.jpg
みんな大好きお野菜シリーズ
170408-9.jpg
タケノコの存在感
170408-24.jpg
可愛いげある
170408-25.jpg
ドリアン様
170408-26.jpg
ピタヤ達
170408-5.jpg
170408-6.jpg
170408-10.jpg
さかなクンシリーズ
170408-7.jpg
美味しい気がする貝
170408-8.jpg
ぐるぐるカニ君
170408-15.jpg
170408-16.jpg
170408-17.jpg
170408-27.jpg
170408-28.jpg
170408-30.jpg
使い込まれた道具たち
170408-18.jpg
170408-19.jpg
170408-29.jpg
170408-31.jpg
箱モノは宇宙
170408-13.jpg
170408-14.jpg
私を喜ばせる為にゴチャゴチャにして帰ってるとしか思えないわ
170408-21.jpg
あ、あなたは
170408-22.jpg
きゃー
170408-23.jpg
愛くるしい
170408-20.jpg
微妙に警戒
170408-32.jpg
初っ端から大豊作過ぎ!ボルテージ上がりっぱなしなまま街市を後にする。

油麻地停車場大廈と言う、香港オタクの間では有名な道路が貫通しているビル
170408-34.jpg
駐車場や政府関連の事務所が入っていますよ。安定の抜け具合。

お夕飯に向かう道すがら、問屋が連なる上海街に寄り道。何軒か回り、6年使ってボロっちくなった中華ステンレスポットの代わりの品を買い求める(6年前に買った時の日記はこちら)。現在使っているものと全く同じものを探し出したが、価格は70HKDから85HKDに上がっていた。嗚呼、香港の物価上昇率よ。お店の奥から出してくれたものより、展示品の方が良く出来ているように見えたこともあり、そちらをお持ち帰り。
SUNNEX社のステンレス製品は品質が良いと思う。類似の中華ステンレスだと、フタと本体の合わせが妙とか、そもそも機能的になんか変、といったことを経験しているので信用ならない。

上海街の猫ちゃんも、閉店間際だからかウトウトです
170408-35.jpg
可愛がられている猫を見ると幸せになる

4月だと言うのに気温が高い
170408-36.jpg
暑苦しいビルを撮影

お夕飯は開店直後を狙って廟街至近の四季煲仔飯
170408-39.jpg
地元客の多い煲仔飯の名店だが、冬じゃないし早い時間なので入りは2割くらい。食べ終わって外に出る頃には大分増えていて、外で待つ人もいた。上の写真は食後に撮りました。

ビール持ち込み可と聞きつけ、隣りの売店で買ったものを持ち込んでます
170408-37.jpg
おつまみの鴨蛋蠔餅、頼むと直ぐに出てくる。小ぶりなカキたっぷりでホクホク。カリッと揚がっていて、ビールが進む一品。

臘味(中華ソーセージ)と排骨のせ煲仔飯
170408-38.jpg
卓上の煲仔飯用お醤油の甘辛具合が良いですね。ものの本の通り、配膳直後にお醤油を回しかけてから、再度蓋をして蒸らしてから食べた。
私はこういう、おこげ重視でパサついたご飯が大好きなんですけど、日本の釜めしを想像すると水分イズ何処で肩すかしかも。

夜の廟街も久しく行ってないし、見学しましょうかね。ナイトマーケットの端から端までは長いのだけれど、全部歩きます。

れっつらゴー
170408-42.jpg
日が落ちてきております

ガラクタ屋さんは落ち着くわ~
170408-40.jpg
170408-41.jpg
西洋人が喜びそう

ハリポタ?ハリポタ?
170408-43.jpg
えくすぺくとるなむぱとろーなむ、でしたっけ?←よく知らないのに語って不興を買う

界隈は古くから、それこそ私の大好きな深夜特急にも載っている有名な観光地。シニアの西洋人からお綺麗なお姉さん、西アジアな旦那など、様々な方が散策してらっしゃる。
170408-44.jpg
170408-46.jpg
170408-48.jpg

固定式屋台=大排襠スタイルの店が今でも多く残っている。海鮮屋台探しには困りません。
170408-45.jpg
170408-47.jpg
170408-49.jpg
看板の蟹さんが!

歩き終えたら、夜風が心地良い時間に。
同じようなものでも中心から離れると値段が下がるので、時間がある人は全部たどるのも良い運動になるでしょう。廟街の名前の由来となる天后廟周辺に限って、怪しげだったり、いかがわしいお店が多いのはどういう事なのだろう。
この手のマーケットではスリに注意、ってよく言うんだけど、現場を未だかつて見たことがないから謎だ。
にしても、観光客のオーラ出して品物を見ているのに、どの店も店主が私に声かけないのは何ゆえ。そんなに貧乏くさいのでしょうか。ジャパニーズ香港ビギナーギャルには声かけちゃんとするくせにー。

空き店舗が気になってしょうがない
170408-50.jpg

MTRで尖沙咀に戻るついでに、駅直結のファッションビルK11で服を探し求める 。思った以上に香港が暑いから、ジーンズでは過ごせそうもない。
幸い、安くなっていたスウェットがあったので3枚入手。薄手で脚にフィットする為、帰国してからはジムトレで愛用している。

まさかこれで初日の食事が終わりだなんて、有り得ないですぜ。尖沙咀のミシュラン掲載のストリートフード店をハシゴします!
Owl's Choux.Gelato.Coffee
170408-52.jpg
インスタ映えする写真のジェラートシューで人気を博しているようなのですが、幾らなんでもお高い。1つ60HKD弱って。東京のデパ地下で頂けるジェラートと似たような味&クオリティ。
西洋のファッションも食べ物も、最速で最先端が上陸しているのはアジアでは香港にあたるのかも知れないが、手軽な値段から最上が用意されているのは東京の方じゃ無かろうか。
170408-55.jpg
店員さんオススメの、シュークリーム(20HKD~)は部屋でゆっくりと。こちらの方が美味しいし安いよ。皮もサクサクで程良い甘み。凄く妥当。
お店は狭いながらも、木目調でお洒落。店員さんも香港のシャレオツカフェのパターンから漏れず、爽やかで優しげですらっとしたお兄さんで固めております。

ここは日本でも有名ですよね、媽咪雞蛋仔
170408-53.jpg
いつも行列しているのですが、運良く大して並んでない時に行けた。本日のように遅い時間だと、売り切れている味もあるようだが…。店員のお兄さんがいい味出してます。
番号が書かれたレシートを持って待つこと暫し。お兄さんは、焼き上がって直ぐには渡さない。少し蒸らして中が柔らかくなった頃に「どうぞ~」とくれる。
170408-54.jpg
分かりづらいけど、大きくて食べ応えあり。シンプルなものだが、外サク中しっとりが徹底されていて美味なり。香港のベビーカステラと紹介されていることが多いけど、ベビーカステラとは食感が全然違うので、その表現は止めた方が良いのでは。

幸せな1日が終わる。
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/7 トレサボり写真 [雑談]

昨日皇居まで写真を撮りに行ったのだが、厚い雲と強風でイマイチ…
DSC00060.JPG
DSC00061.JPG
なので、

本日はそこら辺の公園で撮ってみた
DSC00083.JPG
夕方は色とか弄って撮るべきかなぁ。だけどそうすると、やたらピンクが強くて見た風景と違う感じになる。

結局、カメラマンの腕次第か
DSC00079.JPG

明日から香港。
往路はプレミアムエコノミーなので、ラウンジでお酒でも飲む予定。
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/5 そこにビートがあれば [区営ジムにて]

アメリカのミュージカルの主人公なんてぇのは、リズムが聴こえりゃ踊るし唄い、情熱のままに突き進む。ショービズに憧れる者は、倒れても何度でも起き上がり、最後に成功を掴むと相場が決まっている。
ミュージカルが描くべきお約束の世界を明るい曲調で歌いながらも、物悲しさがエッセンスとなっているAnother Day of Sunは凄く良い曲。のっけからこれで幕が上がるラ・ラ・ランドは恐るべしだろう。主演が歌ったCity of Starsより、こちらの方がオスカーに相応しいと思う。
City of Starsに比べたら、モアナの主題歌の方がストーリーに合わせつつ韻も踏んでるし、普通にキャッチーで、物語の始まりを感じさせる良曲じゃないかなぁ。オスカーの審査員のオッサンはどれほどぉ~疎いの~ぉ~♪←これが言いたかっただけ


■4月5日(水)

筋力トレーニング。

●ショルダープレス(マシン)
 5set

●バックプレス(スミス)
 25kg×1set
 35kg×4set
 25kg×2set

●ラットプルダウン
 6set

●ロウのマシン
 5set

●肩関節のダンベル
 7kg×5set

●ワンハンド・ケーブル・リアレイズ
 4set

●アブベンチ
 20kg×25rep以上×3set

●プルオーバー
 4set

●リアデルト(マシン)
 6set


穴守稲荷でも桜が咲いていた
DSC00034.JPG
鳥居が剥げてますやん…。
桜の木が少ないせいか、羽田空港周辺のホテルにお泊まりの爆買い観光客も来ず、静かな境内であった。

猫は年中無休で可愛い
DSC00033.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/4 香港まであと少し [区営ジムにて]

いつ会社をビークーになっても良いように、ひたすら遊ぶ所存です。


■4月4日(火)

筋力トレーニング。

●スクワット
 60kg×1set
 70kg×1set
 80kg×1set
 85kg×5rep×1set
 90kg×5rep×3set
 70kg×10rep×3set

●リバース・ハックスクワット
 40kg×1set
 80kg×1set
 120kg×1set
 160kg×2set

●ハックスクワット
 160kg×3set
 80kg×2set
 40kg×1set

●レッグカール
 6set

●腹筋
 25rep以上×3set

●プルオーバー
 2set

●インナーサイ
 4set

●サイドレイズ(マシン)
 4set

ジムの入り口にルールが色々書いてあるんだが、マシンの長時間占有やスマホいじりは、使いたい人が特にいない時は、そんなに問題にならないと思うんだわ。
それよりも、人が使ってるマシンから、断りもせずプレートを取っていく輩の方が腹立たしい。こちらのマシンのプレートを半分以上平気で取るんで(酷いと片側0個、もう片側1~2枚しか残ってない)、私が他所からプレートを借りるハメになる。せめて私が借りた枚数を把握しておいて、その分は私が借りた場所に返すとか、その程度の気配りはして欲しいけれどそれも無し。仕方がないので「あっちに返して貰えますか?」と私がその人に言わなきゃならない。何だかなぁ。
自分のマシンから勝手にプレートを持っていかれるのって、かなり悲しい。例えるなら、「これから楽しい海外旅行だ~」と浮かれた矢先に、現地の空港で置き引きに遭っちゃった時の心境に近い…。
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/2 法事終わり [区営ジムにて]

父が退職し、四国へお遍路に旅立った。
そして、祖父の二十三回忌も無事終了。
何だか色々あった週末だ。


■4月2日(日)

筋力トレーニング。

●デッドリフト(ニーレベル)
 60kg×1set
 100kg×1set
 120kg×1set

●スモウデッド(ニーレベル)
 140kg×1set
 160kg×1set
 180kg×4~5rep×3set

●デッドリフト(ニーレベル)
 100kg×8~12rep×5set

●ラットプルダウン
 10set

●プルオーバー
 5set

●腹筋
 25rep以上×3set

●リアデルト(マシン)
 5set

●チェストプレス
 5set


来週末からの香港旅行に備え、ニューカメラの練習中。
今までガラケーで撮っていた身からすると、無線で直ぐにタブレットに画像が送れる点が非常に便利。これからは写真のアップが早くなるかも?

机を片していなければ、適当にぼかせば良いんですね!
DSC00013.JPG
母がくれたエシレのクロワッサン。バターの風味が素晴らしい。
まぁ、クロワッサン単体で見れば、もっと安くて美味しいところは都内に沢山あるのだろうが。

ゲウチャイ 横浜クイーンズイースト店でのお夕飯
DSC00018.JPG
お肉多めのクイチャオ麺。別に頼んだ汁なしガパオ麺と言い、このお店の定食は、炭水化物だけでなく、たんぱく質もしっかり入っている。素晴らしい。
DSC00019.JPG
タイ風さつま揚げ。右上にうっすら写っているのはワイングラス。
タイの白ワインを頂いたが、普通に美味しいしタイ料理に合っていた!今度買ってみよう。

夜景も鮮明且つ綺麗に撮れる
DSC00027.JPG
DSC00024.JPG
横浜にある遊園地ですよ~

これで漸く、香港の美しい夜景をブログに載せることが出来るかも知れぬな。
nice!(0)  コメント(0)