So-net無料ブログ作成

2017/4/12 トラック世界選手権2017~Session 1 & Session 2 [自転車雑談]

本日より5日間、トラック世界選手権観戦旅行のレポートをアップします。
と言っても大したことのないカメラで、しかも観客席からの写真撮影です。競技中の詳しい写真は、公式サイトやパスを持ってるカメラマンのSNS、海外の自転車サイトでご確認ください。
私個人の見解ですが、マイナー競技の観戦写真だからこそ、興味を持った人や友達関係だけに見せるのではなく、広く公開する方が好ましいと考えています。その為、雑多且つ誰得写真も多いですが、当ブログにて極力掲載を致します。少しでも現地の雰囲気、トラックレースの楽しさが伝われば幸いです。

昨日より会場沿線に建つ、まともなホテルに居を移したので、移動が楽。ここは12月に下見で泊まった宿であるが、部屋は広いし綺麗、セキュリティばっちりで、夜道も安全なのだ。
さて、量り売りで買ったリキュールでカクテルを仕込み、いざ出発。

乗車時間が短いので、あっさり着いた。

自分的には恒例の、フィニッシュライン付近を撮影
20170412_144619.jpg
マレーシア国旗と言う激レアアイテムの登場に驚き!因みにマレーシアは、団抜きには男女とも出ておりません。世界レベルの短距離選手、アワンの応援かと思われる。

女子と男子の団抜きの予選が行われる、Session 1のスタートは15時。
初日で平日、且つ香港勢の活躍が見込めない種目なので入りは半分以下。お隣はUKからいらした親切なご夫妻だった。
日本は女子団抜きにエントリーしているが、予選を突破しない可能性は否定し難いものがあるので、心して見ます。

女子団抜き予選
最大のトピックは、チームジャパンの日本記録更新。
世代交代が上手く行っているのではないでしょうか。とは言え、今回も予選敗退。
東京までに決勝に行けるレベルになれるよう、強く強く期待しています。間違いなく歴代最強ですから今の中距離勢は。

チームジャパン
20170412_172859.jpg
4人とも凛々しいぜ!

ジャージのカッコよさナンバーワンのNZ
20170412_173115.jpg
団抜きの時は、この黒が特に映える

イタリア娘はみんな手足長いねん
20170412_173011.jpg
スタッフもイタリアの伊達男だったし、もうどうなってんのよ

男子団抜き予選
基本的には順当にタイムが出ていると思う。
勿体ないのはカナダ!NZに追い抜かれた際、NZ最後尾の選手とカナダの先頭が接触。カナダは全員落車でDSQと相成った。
近くをすり抜けられることは明白なのに(NZに限ったことではありません)、そこに注意を払わないで漕いでいたカナダがいけなかったと思う。追い抜かれた以上、カナダの進路が塞がれる格好になるのはやむを得ない。まぁ、素人判断ですけど。

20170412_173213.jpg
20170412_173912.jpg
20170412_174022.jpg
20170412_174130.jpg

合間の休憩に、駅ビルで軽食をば。
エッグタルトとコーヒー牛乳っぽい豆乳をつまみつつ、写真チェックなど。

Session 2は、男女チームスプリントの予選から決勝、女子スクラッチ決勝と、てんこ盛り。
香港スターの李選手が出ない種目はさっさと片す方針の模様。潔い。

イブニングセッションの前にはオープニングセレモニーがあり、香港キッズと選手が行進しておりました
20170412_221710.jpg
これに日本選手で参加したのは誰か分かるかな?日焼けと笑顔がヒントだよ!

※コンデジのスポーツモードで撮るよりも、プレミアムおまかせオート+スピード重視連写にした方が綺麗に撮れることに気がついたので、以後写真が急に明るくなります。屋内スポーツは難しい。

女子スクラッチ決勝
日本からは上野選手が出場。
日本だけの話では無いが、オムニアムと追い抜きの名手サラ・ハマー選手がペースを上げた時、それに乗れなかったのは致命的。サラ・ハマー選手の実力からして決まりやすいことは明白だろう。
そうなってしまうと、結果は当然、精鋭グループでスプリントが強い選手が勝つ。有力選手の逃げに入り込むベースの力が無いと、メダルどころの話では無いのだろうな。

スタート前の上野選手をさつえ…
20170412_222203.jpg
うん?
20170412_222433.jpg
ここにはおらんな
20170412_222659.jpg
OH……
フィニッシュラインからかなり遠くにいたようで、スタート前の様子が全く撮れなかったわ。

おめでとうイタリア!
20170412_222817.jpg

男子団抜き1次ラウンド
OZ速しですね。

20170413_111940.jpg
20170413_112101.jpg
20170413_112232.jpg

女子チームスプリント
日本からは出場無し。と言うか、女子短距離は今回、枠があったにも関わらず出場を見送った模様。東京五輪に早くも赤信号ですね。
優勝はロシア。スタート時の表情からして鬼気迫っていて迫力がありました。

イタリア
20170412_233716.jpg
去り際もハンサムな伊達男

中国
20170412_234627.jpg
体をねじるねじる

2位:オーストラリア
20170412_234256.jpg
OZヘルメットのカッコ良さを是非知って欲しい

3位のドイツ
20170412_235406.jpg
ガールズケイリンでも鬼の強さだったフォーゲル選手、サドルと靴下が可愛い

優勝はロシア
20170413_000319.jpg
20170413_000355.jpg

男子チームスプリント
日本は1次ラウンド敗退。良くなってきていると思うが、この結果が規定路線になってしまっている。
他国はオリンピックイヤーに相当仕上げてくることを加味すると、競輪選手組は、徹底的にトレーニングしないと東京は厳しそう。いつまで、競輪とケイリンを一緒にさせる気なのだろうか。

カナダ
20170413_005958.jpg
スタート前に転倒。高級機材につき、自転車から救助される(悲)。カナダチームはお祓いに行った方が良いのでは…
20170413_010053.jpg
そこ、気ぃつけなはれ!な指
20170413_010201.jpg
無事、再スタートが切れた時はホッとしました

コロンビア
20170413_011140.jpg
20170413_011301.jpg
美しきアフリカンカーフ

ベラルーシ
20170413_012234.jpg
1走の様子がおかしいことに即気付き、手を挙げ始めている3走
20170413_065327.jpg
再走時、3走だけ不安げに見えた

何とか3位のフランス
20170413_012545.jpg
1走の異変に気づく、競輪でもお馴染みのペルビスたん(ペルビスは何となく、たん付けしたくなる。ドミトリエフ選手はドミちゃん一択だけど)
20170413_103136.jpg
やり直しは上手く行き、安心のペルビスたん
20170413_103338.jpg

ドイツ
20170413_064753.jpg
20170413_064919.jpg
1走の脚って、たんぱく質と筋トレだけで出来るもの?と、見る度に思う。絞り切って無いとは言え、ボディビルの観点で見ても異常にぶっといんだが。

優勝:NZ
20170413_065144.jpg
20170413_105351.jpg
美しい
20170413_105639.jpg
OZボーイじゃないので、勝ってもはっちゃけ過ぎない

完全なる趣味の世界:オヤジコレクション
スタッフのオヤジさんが気になって仕方ないroso氏の欲望を満たす写真。

20170412_235112.jpg
20170412_235258.jpg
20170413_103036.jpg
20170413_111846.jpg

闘魂注入オヤジ
20170413_103423.jpg
20170413_105545.jpg

かけっこオヤジ
20170412_234206.jpg
20170413_104837.jpg
20170413_104905.jpg

スクラッチやポイントレースは、選手とオヤジが一気に出てくるので楽しい
20170412_222541.jpg
20170412_222614.jpg
わらわら

アジアオヤジ
20170412_234511.jpg
シャツをインする真面目さが好き

師弟
20170412_222329.jpg
後はお前さん次第だ…な背中

フランス短距離は、かけ声かけるのがオヤジじゃなく女性なので、流石自転車大国だなぁと思ってます
20170413_105722.jpg
かけ声はアレ!アレ!でした
20170413_103246.jpg
転倒後駆け寄る姿は、まるでお母さん

心をこめて修繕中
20170413_115456.jpg
ですので、
20170413_115517.jpg
明日も引き続き宜しくお願い致します!

#TWC2017
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/12 香港で自転車とミシュランのスターを探せ!【5日目の旅編】 [雑談]

旅行のメインイベントたるトラック世界選手権が午後から開幕する。
身体の求めるままに寝ていたら、昼前。

身支度をしてから、MTRで金鐘へ。Pacific Place内にある中華レストラン天一酒家で朝ご飯を。

エビ焼売
170412-1.jpg
ぷりっと歯応えのある焼売の上に、エビを1尾まるまるのっけて、蟹の卵をトッピング。蝦餃より旨味が凝縮されている。

雪山叉燒包
170412-2.jpg
いわゆるひとつのチャーシューメロンパン
170412-3.jpg
断面図。
チャーシューメロンパンは何軒かで食べたことがあるが、日本の美味しいメロンパンに一番近いと思った。皮を軽くたたいても分かるが、香港にしては大分薄い。写真だと伝わりにくいけど、叩くとコツコツ言うのです。チャーシューは蜜が絡んだ甘辛で、パンの薄さとクッキー地のほの甘さで食が進む。
感動的。これを食べる為だけに、天一に行っても良いね。

マンゴープリン
170412-4.jpg
マンゴー以外の果物でカサ増しするのは…。先ほどの2品と比べると、急にレベルが落ちた感じ。味がぼやけてしまう。

ホテル並みの値段で、点心のゴージャスな見た目や味もホテル級。ショッピングビルのテナントとしては、当たりの部類に入る。
が、接客はなんだろうなぁ、サーブするおばさん達の仕事っぷりは、香港の大衆広東料理店にちょっと色つけただけって感じで値段に見合わってない。その後8月の休日のランチタイムに行った時も、同様の印象を受けた。また、2回とも色の濃い壁に密着した席に案内された為、基本的にしないと決めている写真の明るさの調整もこの店だけしている。
2食分の結果を加味すると、チャーシューメロンパンが良いだけあって、パン系・パイ系メニューは高水準。お茶と一緒にパンをつまむ程度の、休憩利用が一番良いのかも。

建物を出て、歩いて湾仔方面に。
立て続けの食事となるが、ビブグルマン掲載のThe Butchers Club Burgerでランチを頂く。支店が香港に何軒かあるが、ビブグルマンに選ばれてるのは湾仔店である。

バーガーと言えばビール
170412-5.jpg
割高だけど、これから祭りに行くのだからガソリンは必要

お得な部類に入るランチメニューをチョイスしたが
170412-6.jpg
ポテトの量は欧米水準としても、バーガー小さいわ!よくこれで白人客は怒らないな。
まずい訳では無いんだけど、良くも悪くも欧米人が食いつくような出来。日本のグルメバーガーに慣れている人には、これで本載るんだ~と感じるのでは。お肉自体の良さやソースへのこだわり、具の完成度は東京のバーガー屋さんの方がずっと上だし安い。安値で食べられる西洋料理は東京の方が上だと、先生何度でも言うぞ。(金八か)

白人サラリーマンのたまり場でしたが、別の日に通りがかったら朝も朝で白人の集会所と化していた
170412-7.jpg
白人に囲まれてバーガーを食べたい人はここに行こう!

観覧グッズを取りに宿に戻ります。飲み水や、大きい日の丸や、小さい日の丸やらがあるのですよ。
170412-8.jpg
ワオ!ホテル前に世界選手権ラッピングのトラムが通ったよ。香港選手の似顔絵が描かれていて、愛に満ちた作品だが、なして李選手はこの表情。似てるけど、もっと他にも可愛い表情があるだろ色々と!笑顔が特徴的だとは思うけれど、オフショットのメガネかけて髪おろしてる時はアラレちゃんみたいで可愛いじゃん!←自転車何処行った

世界選手権会場は、観光客が行くわけの無い坑口駅から案内に従って5分の場所にある香港ヴェロドローム。
トラックレースは夜に観戦出来る自転車競技でありまして、予選を中心にやるセッションと決勝が集中するイブニングセッションとの間に長めの休憩を挟んでいます。その為、通しで見ると拘束時間はそれなりに長い。3日以上のイベントにもなると、最終日には選手並みに疲れてる自分がいる。合間に良質な休息が取れるかどうかは凄く重要です。
香港ヴェロドロームの良いところは、都市部から近くアクセスが簡便なことと、新興のベッドタウンに恥じぬモンスター級の駅ビルを擁するところ。食事の選択肢は沢山あります。これが日本だと、会場からバス(本数が激少ない)で20分以上のセブンイレブンで買ったものと、昼時のみ会場で買えるカレーやコロッケが命綱だ。

さーて本日の合間ご飯は
170412-9.jpg
駅直結の南豐廣場に駆けつけ、泰昌餅家の分店でエッグタルトと豆乳を。値段も安いし、放置してくれるからイートインとしては優秀。

当日に書いた観戦レポートはこちら
各国のジャージを間近で見れるのも現地観戦の良いところですが、チームGBがリオ五輪で来ていた鬼ダサいジャージも生で観たかったな。特に表彰式で羽織ったやつは、美人のローラの美しさを消しにかかる勢いの田舎のヤンキーデザインだったから、感動すら覚えたわ…。Stella McCartneyデザインだなんて信じたくないYO。
※今大会ではめっちゃ普通のジャージでした。

上記レポートより、2枚だけ再掲。

スペインチーム - 男子団抜き予選
170412-10.jpg

日本代表 - 女子団抜き予選
170412-11.jpg

私自身は自転車競技、とりわけトラックレースを観るのが好きだが、連盟はいつになったら腹をくくるのかと思わざるを得ない初日であった。
nice!(0)  コメント(0)