So-net無料ブログ作成

2017/4/13 トラック世界選手権2017~Session 3 & Session 4 [自転車雑談]

Session 3とSession 4で行われるは、男子ケイリン、女子スプリント1/4決勝まで、男女団抜き、男子スクラッチ。筆者が大好物の、女子団抜きのチャンピオンが決まることもありテンションMAXだ。
また、真打ち李選手がこれより登場。梶原選手と李選手を撮る為にコンデジを買ったと言っても過言では無いので、気合いを入れて観戦。

始まるよ
20170413_145651.jpg

女子スプリント~予選、1/16決勝、1/8決勝、1/4決勝
香港の英雄、李選手は勝ち上がっている。

HONG-KONGの文字の上を走る李選手
20170413_174705.jpg
オランダオヤジを追い詰めるの巻
20170413_174952.jpg
彼女に向けられるカメラと歓声は尋常じゃない。凄い心臓だなぁ。
20170413_174904.jpg
近くで撮れた!嬉しい!!
20170413_232343.jpg
20170413_233622.jpg

この緊張感が好き
20170414_101605.jpg

今まで黙ってたんですけど、NZ短距離のナターシャ・ハンセン選手はかなり美人でしてね…
20170413_233351.jpg
20170413_232546.jpg
20170413_175448.jpg
ブルネット好きだよね、という指摘は甘んじて受け入れます

男子スクラッチ
ポーランドの選手が終盤に単独逃げを決め、そのままゴール。良い勝ち方だ。
昨日の女子スクラッチもそうだったが、今日も香港選手が地元アタックをかけていた。台に絡めないのが残念だが、会場をわかせようとする姿勢は良い。

20170414_003149.jpg
20170414_003228.jpg

優勝者は席の近くからスタートしたので、どアップの写真が撮れていた
20170414_003314.jpg
20170414_003251.jpg
微笑んで見つめ合う姿が素敵。
この写真を撮った時は「オヤジコレクションが増えたぞ!」としか思っていなかったと言う…
20170414_003416.jpg
嬉しくてたまらずダッシュするオヤジさん
20170414_003438.jpg
20170414_005049.jpg
おめでとうございます

男子団抜き決勝
優勝は下馬評通りOZ。

いよっ、新興自転車大国!いよっ、豪州!
20170414_000042.jpg
20170415_000709.jpg
20170414_000225.jpg
20170414_000741.jpg

3位はイタリア
20170414_000449.jpg
20170415_000552.jpg

女子団抜き~1次ラウンド、決勝
大接戦を制したのは、粘り強く力強い「偉大なアメリカ」。

凄いぜアメリカ!
本当に良い決勝戦だった、是非動画サイトなどで確認して欲しい。
20170414_002405.jpg
20170414_002602.jpg
南半球の大人げない観客達は、アメリカに負けた悔しさで、さっさと帰っていったそうな。
全く、それくらいで帰ってたら、日本人は男子フィギュアスケートしか見られなくなるぜ!

2位OZ
20170414_101202.jpg

3位NZ
20170414_100754.jpg

終盤の大失速で4位となったイタリア
20170414_002322.jpg
試走タイムの、ほのぼの写真もどうぞ
20170413_180603.jpg

ローラ不在のUK
20170414_101425.jpg
パッとせず

男子ケイリン
マレーシアのアワン選手、悲願のアルカンシェル獲得!
小柄な彼の口から出た「いつか勝てると信じてハードにトレーニングした。(中略)Today is my time.」の一言は心に響いた。

いや~、アワン、カッコ良すぎでしょ。
ゴールした時、インタビューの時、と会場からも割れんばかりの拍手が起こった。ここまでの拍手、他の種目では起きなかったよ。
20170413_223317.jpg
20170413_234152.jpg
20170413_233953.jpg
20170413_234321.jpg
20170413_234244.jpg

日の丸グローブ着用のペルビスたん、1-6位決定戦に行けず
20170414_111219.jpg

競輪選手の結果は聞かんでくれ
20170414_111106.jpg
20170414_111311.jpg

完全なる趣味の世界:オヤジコレクション
スタッフオヤジさん徹底特集。

20170413_181849.jpg
20170413_181452.jpg
20170413_181544.jpg
20170413_181738.jpg
20170413_234809.jpg
20170413_235603.jpg
20170413_234736.jpg
20170413_234919.jpg
20170413_235059.jpg
20170414_024010.jpg
20170413_235240.jpg

団抜きオヤジ
20170414_024108.jpg
20170414_111426.jpg

ケイリンオヤジ
20170414_111012.jpg

オーシャンズ11風
20170414_020726.jpg

トリプル坊主
20170413_181910.jpg

#TWC2017
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/13 香港で自転車とミシュランのスターを探せ!【6日目の旅編】 [雑談]

生ハムと白ワインを片手に行ったレポート作成作業が深夜に及び、堅気の人が忙しなく働いている時間に目が覚めた。

宿泊地から少し歩くとカフェがあるようなので、目覚めの1杯をそこで
170413-1.jpg
Espresso AlchemyのQuarry Bay店、カフェラテが美味しい。モーニングセットを始めとしたフード類も幾つかあり、店員さんも良い感じ。

ランチを予約した店まで向かいたいのだが、MTRの最寄駅までの道が分からず混乱。来た道を戻るという事を知らない病的な方向感覚の狂いを見せるも、高級マンションの警備のおじさんに道を聞き、何とか駅へ。
炮台山駅で下車し、シティガーデンホテルへ。

観戦前のご飯に相応しいと思ったのが、2016年版まではミシュラン1つ星だった粵(Yue)

アワード受賞の点心盛り合わせ、亮點(Gold Coast Starlight)
170413-3.jpg
サイトの写真に比べると色合いが悪いのは仕方ないとして、にわとりがホラーみたいになってますがな。
凝っているけど味はごく普通。これなら北角の朝から点心が食べられる彩福辺りで、凝ってる点心を頼む方が安いし満足出来る気が。

ホタテのせ焼売
170413-4.jpg
プリプリこりこりでした

エビが入った餃子
170413-2.jpg
見た目も綺麗にまとまっておりますな

サーロインの炒め河粉
170413-5.jpg
マレーシア屋台料理のクイチャオが好きとしては、醤油風味で炒めた河粉(平たい米麺)はたまらない味。日本でないので仕方ない事だが、サーロインにガッツリ火を通し過ぎ。日本のお母さんが、ご家庭で焼いて失敗したステーキ状態。
だけど味付けには程良い中毒性があり、好み。

マンゴープリン
170413-6.jpg
味はしっかり目で好み

広東のそこそこの料理店よりは親切だけど、スタッフに西洋的な振る舞いは期待出来ない。不親切では決してないのだが、開店早々の空いている時間はスタッフがお客放置で暫くしゃべっていたりする。良くも悪くも典型的な香港の中の上以上の店の接客。
テーブルの上に花が置かれているてそこはホテルらしいのだが、混んでくるとかなりお客さんの声で騒々しくなる。終いにゃ宴会場かという賑やかさとなり、1つ星だったホテル中華で食事をしているという事実を忘れるほど。
夜は雰囲気が違うのかと思われるが、他の星を獲得している(していた)ホテル内広東料理店と同様のものを期待して行くと、昼はガッカリするかも。わざわざ気合いを入れてホテル中華に行く時、今後ここを選択肢に入れることは無いだろう。味は悪くないが、少し高くても味も雰囲気もビシッとしたホテルに行くか、似たようなクオリティで安く出すコテコテの店に行くと思う。

気を取り直しましょう。
シティガーデンホテルの近くに愛する添好運点心専門店(北角分店)があるので、ついでに寄り道。会場での補給用に、マーラーカオや店の代名詞的メニューであるチャーシューメロンパンを持ち帰ります。
こちら、昼以降はかなりの混雑が予想されるミシュラン1つ星激安点心店ではあるものの、テイクアウトなら直ぐに対応してくれます。並んでいる人をかき分け、列先頭付近にある紙のメニューをもぎ取り、食べたいものにチェックを付けて、紙に「外買」とデカデカ書いて店内へ。レジの女性にそれを渡し、お会計さえすれば、後は店内の片隅で待つだけ。さすれば、出来次第給仕の人が持って来てくれるのです。信じる者は救われる。

セッションの合間ご飯は、坑口駅近くの桃園制作粥麵餐廳にて
170416-17.jpg
映画でも作ってそうな外観ですな
170413-7.jpg
イベント開催時しかこの駅に行ったことが無いのでその範囲での話になるが、昼時から夜にかけて店内は常に混んでいて、空き席を見つけるのも一苦労。席は勝手に座っても問題無い程度に、店員も慌ただしいし、捕まえづらい。実際私も現地の人よろしく、しれっと座って座席を確保した。
飲み物だけ頼もうとしたら、「今の時間は、パイナップルパン付きのセットにした方がドリンク単体で頼むより安いで」的なことを言われたので、素直にセットに。温かめで、平均的な味のパイナップルパンでしたわ。忙しいのに気がきく店員の兄貴、ありがとう。

当日に書いた観戦レポートはこちら
一部、お気に入りを再掲。

香港の英雄、ロンドン五輪ケイリン銅メダルの李選手
170413-8.jpg
日本のガールズケイリンでも、強さを見せつけた彼女。腰回りの筋肉からして、日本の並みの短距離選手とは出来が違う。
髪おろしてメガネかけてる時は、アラレちゃんみたいな可愛さなのにねぇ。←トラムの絵の件があるので、どうしても言っておきたい

左の黒ジャージが、世界選手権後にガールズケイリンに参戦したナターシャ・ハンセン選手
170413-10.jpg
彼女の魅力が大して写せてない私のバカバカッ!<キャラ崩壊>
お付きスタッフのオヤジさんも好きです。

イタリア団抜き娘
170413-9.jpg
チームの雰囲気が伝わって来るようで好きなのだけれど、『キャプション付けて』にも使えそう。
模範解答: コーチ「すまんが、1走は自転車無しで」 選手「解せぬ」

悲しいことに、世界選手権中の夜ご飯の非充実っぷりは改善せず、最終日以外は概ね生ハムと白ワインで過ごすこととなる。今晩は、白ワインと添好運のチャーシューメロンパンでレポートを書き上げた。
nice!(0)  コメント(0)