So-net無料ブログ作成

2017/4/15 トラック世界選手権2017~Session 7 & Session 8 [自転車雑談]

本大会も残すところ、あと2日。
遂に採用された女子マディソンと、李選手が得意な500mTTに注目のSession 7とSession 8のレポートです。

500mTT
ロシア勢の1、3フィニッシュで終了。
李選手、惜しくもメダル獲得ならず。

過去の世界チャンピオンの証である、ジャージの虹ラインがカッコ良い李選手。
予選出走前
20170415_132529.jpg
決勝出走前
20170415_195536.jpg
コーチのシンクロ走り
20170415_132647.jpg

NZハンセン選手
20170415_132731.jpg

女子マディソン
世界選手権種目でも唯一、男子のみしか存在しなかったマディソンだが、今回より遂に門戸を女子に開いた。
見終わり確信しましたが、この種目は素晴らしい。未来永劫開催すべきです。
野郎(敢えてこう言う)のマディソンも良いのですが、女子マディソンは本当に華やか!その中に力強さや戦略、テクニックが垣間見えて、ワールドレベルの試合は見ていて飽きません。
優勝は、作戦、技術、パワーの出しどころをきちっと分かっていたベルギー。自転車大国は古典的な種目に強い!
逆にやっちまったな、は2位が獲れそうだったのに、落車してチャンスを棒に降ったオーストラリア。おお豪州、2度も落車するとは情けない。

オヤジと女子コンビが大量に出てくるとか天国か
20170415_214510.jpg

スタート前の雰囲気も、また良い
20170415_214602.jpg
20170415_214658.jpg
20170415_214726.jpg
20170415_214823.jpg

おめでとうベルギー
20170415_214913.jpg

女子個抜き
チームジャパンからは、梶原選手が出場。
USの選手が1、3フィニッシュ。

梶原選手は予選敗退
20170415_143234.jpg
毎日お疲れ様でした

男子スプリント~1/4決勝、準決勝、決勝
競輪でも人気者のドミちゃんが優勝。

怒濤のドミちゃん特集
20170415_220944.jpg
20170415_224303.jpg
ゴリラドミちゃん
20170415_225720.jpg
20170415_225814.jpg
本当におめでとう!
20170415_225911.jpg

男子オムニアム
ルールが変わりまくりで、現場が振り回されているオムニアム。
今シーズンから採用された、ゲーム系種目を4回やるスタイルより、以前のタイム系もあるスタイルの方が、十種競技のような格があって良かったです(断言)。
ポイントレースで順位がかなり入れ替わり、ゴールスプリントまで結果が分からず。それを制すはフランス。

香港選手の緊張をよそに、浮かれてるイタリアンピーポー
20170415_134113.jpg

エリミネイションは落車が多かった。
種目としては面白いけど、見直すべき点もあるのでは無かろうか。
20170415_200203.jpg
「前輪のタイヤが外れたよぉ」

飯島コーチ渾身のダッシュも印象的でした
20170415_221540.jpg

オヤジコレクション
やめられない止まらない。

20170415_135211.jpg
20170415_135921.jpg
20170415_153509.jpg
20170415_153604.jpg
20170415_221003.jpg

オヤジ走る
20170415_135833.jpg
20170415_134940.jpg
20170415_211125.jpg
20170415_132605.jpg

オヤジの豊漁
20170415_132822.jpg

事故現場の修繕オヤジ
20170415_213647.jpg
20170415_215756.jpg

アビーロード感
20170415_143745.jpg

ありがちなミス
20170415_213408.jpg
オヤジを愛するあまり、選手に全くピントが合ってない

#TWC2017
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/15 香港で自転車とミシュランのスターを探せ!【8日目の旅編】 [雑談]

トラック世界選手権も4日目に入り、応援と、くだらないレポート作成からくる疲労が溜まって来ている。

街で食事を取りましょうか
170415-6.jpg
北角へ出ます

ミシュラン1つ星、添好運点心専門店(北角分店)で元気とやる気を注入だ。例の通り、開店ちょっと前から並び、一回転目での入店です。
メニュー名は、公式サイトでの名称を優先。

鶉春蛋魚茸燒賣
170415-1.jpg
何気に新メニュー。うずらの卵がのった焼売。

陳皮牛肉球
170415-2.jpg
点心の店なら何処にでもある定番メニューだが、添好運のものはどこか品が良い

白灼青油菜
170415-3.jpg
レタスなので食べやすい。

鳳爪排骨飯
170415-4.jpg
中華な皆さんがよく頼んでいるので、トライ。もみじと排骨が付いた、豪華ご飯。塩気があるが、くどすぎない。持ち帰って部屋でビールと一緒に食べても良さそう。

美味炆鮮竹卷
170415-5.jpg
かなり好きでよく頼んでいる。香辛料や調味料を強くし過ぎない味付けと、湯葉の独特の歯ごたえ。和食に近いものを感じる。このタレと、ご飯の相性は最高。

今日も今日とて、お客を回転させることに全力を注いでいる感じの接客であった。清々しい。

イベントのかきいれ時、週末につき、今日はセッション間休憩が長すぎた。
付近をウロウロする気力は無い。ホテルに戻って仮眠をして
170415-11.jpg
目覚めてから暫し高密度住宅を見つめていたが、何も食べずに夜遅くまで観戦なんて不可能。

合間ご飯は、ビブグルマン掲載の粥麵館にしました
170415-12.jpg
1品目、好きな具を3品選んでお粥にして貰いました。分かりづらいですが土鍋が大きくて、並みの店の2人前弱あります。香港基準だと、かなり薄い味かなぁ。最初は滋味深さを味わいつつ、途中で卓上のお醤油をかけるのも良いでしょう。
170415-13.jpg
エビワンタン麺も、なかなかの出来。スープがやはり上品だが、美味しいワンタンスープの味になっている。

新しいビルの中にある、清潔なお店で、英語も通じますし、スタッフも物腰柔らか。街中の粥屋さんよりは高いですが、とてつもなく高くしてる訳でないので、小汚いお粥屋さんが駄目な人でも安心して使えると思います。

レースを終えて帰路につく頃には23時近いものの、香港は坑口駅はマンションの灯りで明るい。
170415-15.jpg
伊豆の世界選手権開催はポシャったけど、あの田舎で、トラックレースは夜遅くまでやるスポーツだという前提をどう処理するつもりだったんだろう

当日に書いた観戦レポートはこちら
お気に入りを選んで、再掲。

ナターシャ・ハンセン選手
170415-7.jpg
魅力が伝えられない私のバカバカッ<キャラが崩壊したまま戻らない筆者>

カッコいいドミちゃん
170415-14.jpg

全部持ってこうとするイタリアのチャラ集団
170415-8.jpg
アイウェアに手をかけているところが、もうズルいとしか

昨日の答え合わせの前に、今日の香港中距離コーチ
170415-10.jpg
もしかして:アジアの虎

正解は、香港が誇るスクラッチの世界チャンピオン、ロードレースでもアジアの先頭をひた走っていたワン・カンポーさんでした。
現役当時のお顔立ちは10年前5年前という具合。可愛いお子さんもいらっしゃいますが、御年44。漕ぐと速いのに、老けるスピード遅くないですか。
nice!(0)  コメント(0)