So-net無料ブログ作成

2017/4/16 トラック世界選手権2017~Session 9 & Session 10 [自転車雑談]

香港ヴェロドロームで5日間にわたり開催された、トラック世界選手権の最終日。
李選手のメダルが期待され、且つ花形種目である女子ケイリン。過去に銀を獲った上野選手のアルカンシェルなるか、の女子ポイントレース。この2種目を中心にお伝えします。

女子ケイリン
李選手、フォーゲル選手はサクッと1次ラウンド通過。
だったのだが、イブニングセッションで明暗が別れ、李選手は2次ラウンドを落とし、7-12位決定戦でも勝ち切れずで全香港が泣いた。
フォーゲル選手が、危なげ無い試合で金を勝ち取る。

予選
20170416_121424.jpg
20170416_120003.jpg

1-6位決定戦。李選手よりも小さな体なのに、パワフルなフォーゲル選手。
20170416_174743.jpg
大会中、彼女だけは、予選からずっとファンの応援に応えていた。そして今日も観客とハイタッチ。
20170416_175018.jpg
スタッフにヘルメットを渡すのも慣れたものよ
20170416_175233.jpg
国旗かけて喜んでいる姿が、ヒーローごっこをしている少年のようで可愛い。
わたくし、今日もまたハイタッチしちゃいましたので、これからはフォーゲル姐さんと呼ばせて頂きやす…。

1kmTT
ペルビス選手、予選トップ通過のまま決勝でもぶっちぎり、優勝。

良いシェイプのペルビスたん
20170416_123547.jpg
20170416_190347.jpg
おめでとうございます
20170416_190244.jpg
昨日のドミちゃんと同じポーズ

同タイムゴールにつき、2位が2名という珍事となった。ブロンズは無し。
20170416_181333.jpg
国旗掲揚ソフトって、色んなパターンを組み込んでるんだなと感心した(そこ?)

イブニングセッション直前の中国太鼓軍団のパフォーマンスはクールだった
20170416_225451.jpg
このおじさんが音頭を取って、弟子的な若者達が太鼓を掻き鳴らしたのだ。
伊豆だったら何だろ?天城越え熱唱?

女子ポイントレース
上野選手は2回ラップを試みるも失敗。
2回目の逃げの時は有力選手サラ・ハマー選手とだったのだけれど、途中で切れてしまったのが惜しかった。その後ハマー選手は警戒する追走をもはね除け、単独でラップを決める。最終的に2位。この独走力には痺れる。
スプリント力が高いか、強い独走力が無いと、点に絡むのは難しいですよね。トップ選手はクレバーでパワフル。上野選手もレベルをもっと上げていかないと、優勝は厳しい気がする。

20170416_190706.jpg

優勝はUKのバーカー選手
20170417_125159.jpg
20170417_125052.jpg
ネビル・ロングボトム系の顔をしたイギリス人の観客(以後、ネビ男)から英国旗をゲットするバーカー選手。左下の銀色の物体は、観客席の手すり。
20170416_190729.jpg
20170416_224959.jpg
表彰式を見ながら、お隣のUKご夫人が「サラ・ハマーっていつも2位なのよね…」と言っていた。近年の銀メダルの多さに加え、イギリスに勝てない率の高さが泣けるレベルである。
ハマー選手が次にイギリスに勝つ日まで見守りたい。

ネビ男、いつも大概前方の席にいて写真を撮ったり、国旗をかざして浮かれてたんだけど、選手の知り合いなのかなぁ。伊豆で世界選があったら、来るんだろうか。
そもそも、イギリスの天下もいつまで続くのかね。ロード・トラック共にスキャンダルが多いし(ドーピング検査逃れ、過度の薬物投与、指導者のハラスメント)、UCIの会長が変わったら、英国における自転車競技熱のピークも過ぎる気がしないでもないが…。

男子マディソン
5日間の疲れで中盤までウトウトしながら観戦。
個の力はオーストラリアも相当なものだが、フランスのコンビネーションは絶妙にはまっていたと思う。という訳でフランスが華麗に勝利し、オーストラリアは女子に引き続き金を逃した。
国旗掲揚の際、フランス国歌が歌えると目立つことが分かったので、伊豆でビッグな大会をする前に歌えるようになりたいと思いました。一部歌詞が頭から抜けてしまった場合は、メロディに合わせて「美しく散る」と言えば多分OKでしょう。←駄目

やったね!
20170416_225224.jpg

オヤジコレクション
有終の美。

20170416_121954.jpg
20170422_163003.jpg
20170422_163235.jpg

今日も走るオヤジ達
20170416_122030.jpg
20170416_122106.jpg

では、簡単ながら、2017年の世界選手権トラックのレポートはこれにて終了とさせて頂きます。
20170417_130558.jpg
またね!

最後に、今回は掲載スピード重視の為、カメラで撮った写真を小型タブレットに転送→スマホ用画像編集ソフトで加工、としました。
元々屋内スポーツの撮影は得意で無いコンデジで撮影したことを含め、画像の荒さはご容赦ください。

しかし、バイクをひょこひょこ担いで参戦した世界選手権で、10連覇までしちゃったレジェンド中野ってモンスターですね…。

#TWC2017
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/16 香港で自転車とミシュランのスターを探せ!【9日目の旅編】 [雑談]

トラック世界選手権も最終日と相成った。
日曜日ともなれば午前中の早くから予選が始まるので、グルメに走る余裕なし。されど、何かは口に入れよう
170416-1.jpg
坑口駅直結の、東港城にあるPacific Coffeeで軽めに。大半のテナントがオープン前だからか、店内はガラガラ。日本のセブンイレブンのドーナツって安くて美味しくて凄いわ~。(直接の感想を言わない)

香港の世界選手権大会では、週末のチケットの価格がやたら高く設定されていた。
今日の午後なんて、平日の午後の倍以上の値段を平気でつけているんだが、他国開催に比べて値段差をつけすぎじゃないかなぁ?良くも悪くも、儲けられる時に徹底的に儲けたがる、一部香港商人のがめつさが出ちゃってるように思う。日本人が全世界に日本規格を求めるのと同じで、これはなかなか解決しない点だろうな。
だけど私。香港ヴェロドローム大好きだから。きっとまた行くよ。←骨抜きか

昼前に一旦解放されたので、将軍澳駅方面へ歩き、ショッピングビルへと。目的は莆田 将軍澳Popcorn店でのランチだ
170416-6.jpg
本国シンガポールではミシュラン1つ星。香港でもチェーン展開していて、銅鑼湾店はビブグルマンに選ばれているそうな。

お通しとして出された、おつまみの海苔とナッツ
170416-3.jpg
見て分かる通りビールに合う

祭りの終わりも近いので、タイガービール行きます!
170416-4.jpg
オリオンビールに並ぶくらいに好きな南国ビール。両親が若い頃、マレーシアに住んでいた事が大いに影響していると思われる。

黃金麥皮蝦
170416-5.jpg
大ぶりのエビがカリッと揚がっていて、美味なり。塩気だけでなく、甘さがしっかり感じられる味。ボリュームがあった。

エメラルドグリーンの差し色が、南国の快活さを表現している店内。接客は明るく親切。
ああ、非香港の方が、接客マニュアルがこなれているんだろうか…。

ランチの行き帰りに、参加選手がホテルまでサイクリングしている姿もかなり見かけたが、信号無視の多いこと。
この大して流行ってない競技をメジャーにして、尊敬を得たいのなら、選手にはもう少し利口にならないと駄目だろうな。商売道具に乗って、仕事で使ってるジャージを着ながら、海外の一般人に迷惑をかける。ダサいのはチームGBのリオ五輪限定ジャージだけにして欲しいわ。(また言う)

ヴェロドローム周辺の高層マンション群が、ごっつぁんです級の充実度
170416-7.jpg
170416-8.jpg
たまらんばい

幾つかPick up
170416-13.jpg
左側の青系とピンクが入ったビル群、Michael Wolf氏のArchitecture Of Densityの表紙のもののように思うのだがどうだろうか。私は若干色盲っぽいので、色の表現に違和感があっても気にしないで欲しい。

お台場のツインタワーの趣がある~
170416-14.jpg
NARIKINが出入りしてそうでときめく~

いい塩梅に怪しさが出てる無機質白ビル
170416-15.jpg
ハリウッド映画で、主人公がモンスターや幽霊をドゴスコ退治する舞台に使えそう
170416-9.jpg
教会が裏にあるのも、それっぽさが出てるというか

ヴェロドローム沿いの屋台
170416-16.jpg
オリンピックはメインランドと別枠で出られるのだし、香港自転車界は未だ暫くこのままの形式を維持するのかな?幸多からんことを。

長いこと当ブログをやっているが、これ以降の、競技場を出てから夜寝るまでの写真だけロストしてしまった。
撮影データをDVDに焼くことに失敗したあたりで何かしてしまい、PCからもDVDからもそのデータが消えてしまったのかなぁ。写真データは従来、PCのローカルに保存する以外大したバックアップもせずに放置していて特に問題無かったのに、色々やろうとしたらこの様だ。トホホのホ。
リカバリは色々試みましたが、復旧出来たのはビルの写真のみ。解像度を下げてでも良いから、これからはクラウドにも、データはちゃんと保管しておこう。
本来であれば、撮影した観覧車や夜景の写真を以降に説明付きで載せるところだが、残ってないからもう良いね。中環~尖沙咀の夜景を見たり、ホテルで最後の晩餐を済ませましたと簡単に記録のみ。

当日に書いた観戦レポートはこちら
お気に入りを選んで、レース写真を再掲。

おめでとう
170416-10.jpg

写真を無くした悲しみは、オヤジが癒してくれる
170416-12.jpg
170416-11.jpg

当日レポートに載せてないフォーゲル姐さんの写真
170416-20.jpg
国に関係なく祝福を受ける瞬間を見るのは、良いものです
nice!(0)  コメント(0)