So-net無料ブログ作成

香港旅行記まとめ [雑談]

8~9月の香港旅行記を少しずつ更新しています。
尚、昨年12月の香港旅行記は10/24に、4月の自転車観戦旅行の自転車以外の部分は11/11に完成しています。
自分の中での整理も兼ねているので別に良いのですが、このサイトで一番手間暇かかってるコンテンツなのに、ゴミみたいなトレログを遥かに下回るアクセス数という現実には云々。

更新中[2017年8月~9月:夏こそ島へ]
NEW!1日目 11/13更新
NEW!2日目 11/13更新
NEW!3日目 11/15更新
4日目
5日目
6日目
7日目
8日目
最終日

2017/11/11に完成[2017年4月:トラック世界選手権とミシュランと私]
持ち歩き用の小型タブレットで、荒い写真を荒く編集して作成した即興観戦レポートのアクセス数がかなりありました。今更ながら、現地にノートPCを持ち込むべきだったのではと猛省しておりますが、やり直す気力は香港の夜に置き去りにしてしまいました…。毎日丑三つ時まで編集してたんですよ?!
NEW!1日目 10/28更新
NEW!2日目 前半 後半 10/29更新
NEW!3日目 前半 後半 10/30更新
NEW!4日目 11/2更新
NEW!5日目 旅編 11/3更新 観戦編
NEW!6日目 旅編 11/5更新 観戦編
NEW!7日目 旅編 11/5更新 観戦編
NEW!8日目 旅編 11/6更新 観戦編
NEW!9日目 旅編 11/11更新 観戦編
NEW!最終日 11/11更新

2017/10/24にやっと完結![2016年師走:香港でミシュランを探そうの旅]
1日目
2日目 前半 後半 
3日目 前半 後半
4日目 
5日目 前半 後半 
6日目 
7日目 
NEW!最終日 10/24更新

[2016年夏:最愛の添好運北角分店編]
1日目 
2日目 
3日目 
4日目 
最終日 

[2016年年初:トラックワールドカップ観戦ついでの旅]
1日目 
2日目 
3日目 
4日目 
5日目 
最終日

[2014年冬:いつも通りの香港旅行記]
1日目
2日目
3日目
最終日

[2013年冬:いつもの香港旅行記]
1日目
2日目
3日目
最終日

[2011年夏:香港+マカオ]
1日目
2日目
3日目
最終日 
nice!(0)  コメント(0) 

最近の食事写真~2017年1月から9月 甘いもの [雑談]

ガラケーの写真とコンデジの写真が混在しており掲載サイズは色々。

Bubby's 汐留
SW17-3.jpg
ティータイムで利用。大きなカップに入ったコーヒーと、大味でやたら分厚いケーキが付いてくるあたりが、非常にアメリカン。好き。

レストランパティオ、慈恵医大の中のレストラン
SW17-1.jpg
マロンシャンテリー。栗がたっぷり!甘さははっきり付いている方なのでコーヒーに合う。

ViTO 福岡空港国内ゲート店
SW17-2.jpg
あまおうとピスタチオのダブルを頼んだが、こなれている。福岡発のジェラートショップのチェーンらしいが、東京でも売れる美味しさだなぁと思い調べたら、既に東京に何店も出店していた。

あんみつみはし アトレ上野店
SW17-5.jpg
白玉クリームあんみつ+杏。
クリームあんみつは季節に関係なく、いつも美味しい。クリームあんみつを発明した人には、勲章与えとくべきだったと思うんですよね。

MOKE'S BREAD & BREAKFAST
SW17-7.jpg
名物リリコイパンケーキ。酸っぱさがとがっていなくて、良い甘酸っぱさが残る独特なソース。生地もふっくらしていて好ましい。
中目黒と共に発展しました(と主張する)ザイルさんグループのグッズのお店も近くにあるので、ファンの皆さんは帰りに是非寄ってください!ここが潰れたら困る。

アウトレットのHonolulu Coffee
SW17-9.jpg
フレンチトースト。ガッツリ髪が入っていたので、交換してもらったんだぜい。味はまぁ、カロリー高い甘いものですから食べられる。
なくともこの店舗は、容器の洗い方もちょっとなので、フードは頼むべきでは無いな。

香港時間さんの、夏限定のドーム型マンゴープリン
SW17-10.jpg
めくると分かるが、容量の殆どが半分に切られたマンゴーで占められている
SW17-11.jpg
プリン自体も品の良いクリーム感で、気になる甘ったるさやマンゴーのクセも無い。感動的。
まさか理想のマンゴープリンが、日本の板橋にあったとは。子供の頃、返還前の福臨門で食べたマンゴープリンが一番だったと今でも思っているんだが、最早昔過ぎて何とも言えない…。少なくとも日本トップはコスパ含めて、ここで良いのでは。
SW17-12.jpg
マンゴー豆腐花、スルスルといける
SW17-14.jpg
人気のエッグタルト、皮は塩気があって、全体的に甘さは抑え目。
SW17-13.jpg
ミルクティーは最初から少し甘めに味付て出してくれる。喉越し柔らか。
香港だとミルクティーはノンシュガーで提供され、お砂糖は卓上の衛生的にはそんなに思えない小壺から自分ですくって入れるスタイルが主流。故に私は、ノンシュガーで飲むことが殆どなので、ここのは凄く凄く身も心もあった溜まる感じがした。
香港時間さんのスイーツは、香港の下手な専門店よりも上だと思うし、清潔で親切。香港オタクは駆けつけるべし。

カフェ レスト
SW17-6.jpg
ヤマダ電機 LABI1日本総本店池袋(この酷い名称どうにからならないの)の上にある喫茶店。
西洋銀座のスイーツが頼めるし、お代わりコーヒーも良心的な値段だし、で、なかなか良いお店。スシローに戦いに行く前などに重宝する。喫煙席は要らないと思うけどね。

店名は忘れたが、カフェラテ。ラテアートはリンゴ
SW17-4.jpg
こ、これってメジャーなアートなの?それとも私が飢えた熊みたいな顔してたからなの?

両親のオランダ・ベルギー土産のチョコ達
SW17-8.jpg
CORNEのチョコ詰め合わせ、ベルギー王室御用達らしいGallerのチョコバーは、やっぱりヨーロッパのチョコは最強だわと思わせる底力を感じる。
左後ろでほぼ見切れてるんですけど、オランダのスーパーで買えるTony's Chocolonelyの塩キャラメルの板チョコは自宅用のお土産にオススメ。甘めのチョコに、ところどころジャリジャリ海塩が入っていて、中々パンチがきいている。疲れている時に食べると止まらない。ここで実際の製品が見られるよ。
nice!(0)  コメント(0) 

最近の食事写真~2017年1月から9月 麺類 [雑談]

博多らーめん ShinShin 天神本店
Ra2017-2.jpg
博多ShinShinらーめん。飲みやすい系さっぱり豚骨ラーメンの繁盛店だけあって、臭みの無いあっさり味。
博多ラーメンに脂っこいクドさは求めてはいないけれども、個人的にはかなり物足りないスープだった。もう少しパンチがあっても良いと思うんだが。
Ra2017-3.jpg
麺は細い方らしいのだが、博多のお店を色々巡っていない私には違いが分からず。
Ra2017-1.jpg
チャーシューは塩加減と柔らかさと脂身加減が好みでした。
結局舌が、神保町のめんめんかめぞうに完全に染まっているという事なんだろうなぁ。魚介系のクセになるスープと、歯ごたえが独特な特製細麺は最高だと思います。しかも安い。

穴守稲荷の中華そば さとう
Ra2017-4.jpg
東京の醤油ラーメンで、これを超えるものを出せる店は、先ず無いのでは。抜群に素晴らしいラーメン。チャーシュー大好き星人の私でさえ、ここの麺とスープなら具は必要ないくらいだと感じた。飽きない。
スープはしょっぱくないけどしっかりキレていて、優しいだけじゃない奥深さ。メンマもチャーシューも、ラーメンに合わせてばっちりのものを作っている。麺も具もスープも、東京ラーメンのスタンダードを真っ直ぐ最上級に仕上げている。変な個性が無いのに、忘れられない味。
羽田方面に行かれる方は、必食です。

舎鈴 アトレ上野店
Ra2017-5.jpg
つけ麺+チャーシュー。毎日食べられる、がコンセプトらしいのだが、良くも悪くも大した個性が無く、つまらない。巷で流行ってるつけ麺の名店の味を何となく再現していて、不味くは無いので潰れない程度に人が入ってる店ってあるけど、ああいう感じで感動が無い。こういうのをチェーン展開してしまうとは、六厘舎も相当儲かっているのでしょうな。
これを毎日食べることを許されるより、月に1回好きなつけ麺を食べられる権利を与えられる方のが遥かに幸せです。

大門の新店、中華そば いづる
Ra2017-7.jpg
濃厚煮干しそば。煮干しの苦味も旨味もドバっと感じられる濃厚スープ。
ここの麺に凄く合っているとは思わないけれど、絶妙な火入れで柔らかく仕上がっているチャーシューは絶品。噛む必要も無いくらいで、下手な和牛のローストビーフよりずっと美味しい。
Ra2017-6.jpg
お店オススメの、替え玉ならぬ和え玉。1杯でまぜそばも楽しめるなんて、嬉しいですね。
Ra2017-8.jpg
ニボニボしてる店内。濃厚煮干しラーメン好きは行くべし
nice!(0)  コメント(0) 

最近の食事写真~2017年1月から9月 日本の食べ物 [雑談]

漸く写真をまとめられる状態になったので、暫く写真関係の記事をどんどんアップしていきます。

天丼 金子半之助 日本橋本店
wa2017-11.jpg
天丼の安いお店は都内にも幾つかあるけど、ここのコスパはかなり高いと思う。具の多さはご覧の通りだし、名物半熟卵の天ぷらはユニーク。ご飯の量によって、器が上げ底になっているのがニクいね。
ウェイターのオペレーションはきっちりしていて、感じは非常に良い。とは言え、店内がガラガラの時は、グループをテーブルに横座りさせなくても良いとは思うが。海外のお客さんも多いみたいだから仕方ないのかな。

アウトレットパークのぼてぢゅう、ねぎ焼きモダン+チーズしか食べない。
wa2017-12.jpg
ぼてぢゅう 渋谷宮益店
wa2017-6.jpg
すじコンねぎ焼き。流石に渋谷宮益坂は内装もリッチでござんした。美味しいね。

新宿ぱすたかん
wa2017-7.jpg
wa2017-8.jpg
オリジナリティ溢れるお好み焼きが多い。中でも、チーズのミルフィーユ焼きは、神お好み焼きの1つと言って良かろう。自宅で再現を試みたが無様な失敗に終わった。

故あって寄った小倉鉄なべ 本店さん
wa2017-1.jpg
鉄なべ餃子2人前。好みのカリカリ具合。小さいので、これだけ4人前くらい食べても良かったなぁ。
wa2017-2.jpg
炊餃子なる、水炊き的な白濁スープで炊かれた餃子。燻した具を入れており、香りが餃子っぽくない。手が込んでいるんだけど、ちょっとスープの味が濃かったね。
wa2017-3.jpg
〆のちゃんぽんがよく合いました

3月の博多で、従姉・伯母が色々ご馳走してくれたのですが、写真に残っているのはこれだけ
wa2017-4.jpg
wa2017-5.jpg
天神のひょうたん寿司。東京ではこの値段じゃ食べられない、というレアなネタも安い。地元客と外国人観光客で常に混んでいるのも納得。
コロッケなどのおつまみメニューも隙が無く、夜だったらここでずっと飲んじゃうと思う。ランチタイムにつき、博多の飲食でも置いている店が限られるという田中六五を少々。

ま、地元では、池袋のスシローばかり行ってますけど…
wa2017-9.jpg
数量限定のお皿はハズレ無しなので、いつも頼んでいる
wa2017-10.jpg
※3人で闘った結果
nice!(0)  コメント(0) 

2017/8/28 夏だから島に行く【3日目】 [雑談]

台風は去りつつあるものの、風が強い午前中であった。
旅行的には、マニアックなお買い物スポット2連発と、友人との食事で終わる充実した1日。

【移動範囲】
宿-九龍湾-Horizon Plaza-湾仔-宿-湾仔-宿
九龍湾-Horizon Plaza、Horizon Plaza-湾仔はバス。それ以外はMTR。

【食事】
朝ご飯はスーパーで買ったフランスのヨーグルトを口にした。
気温が上がる前に活動したいとの思いから、朝が慌ただしい日が多く、ヨーグルトだけで済ませた日が多い夏の旅だった。イケてるヨーグルトの数々は、一切撮ってないんですけどね…。雑だから皆が読んでくれないんだろうか、私の旅日記。

ランチは九龍湾の德福廣場にある翠園酒家で。駅から外に出ずに行ける!

点心は香港人の友人がチョイスしてくれました
170828-21.jpg
右上の黒い鍋が豚足とざっくり切った生姜を煮込んだもの。日本人的には絶対しょっぱいものの色をしているのですが、お酢が入っている筈なのに甘みしか感じないくらい甘い。やたら辛い中国生姜と激甘酢が混ざり中和されるかと思いきや、生姜を口に含むとむせる。生姜以外は、こういう味付けが好きなのね、と美味しく頂けた。料理の香り=八珍甜醋の香り。調味料の匂いで全部かき消されてる…。
お鍋の左は私の好物のチャーシューパイ。チャーシュー饅より、パイの方がパリパリの皮に蜜が絡むので好き。
お鍋の下にある、ピーナツときくらげと葉物の和え物は、いかにも中華のお通しって感じで好み。1人でバクバク食べていた。

左、シーフードを詰めた湯葉揚げ。右、ロブスターのスープをパイで覆ったもの。
170828-22.jpg
湯葉揚げはサクッと揚がっていて、シーフードが入った春巻きよりも食べ良いと感じた。ランチで一番気に入ったメニュー。

アワビがのったちまき
170828-23.jpg
ちまきは、お腹が膨れるだけでときめかない点心ランキングでも上位に入っていたのだけれど、これは大きさも程ほどで、しっとりしていた。

翠園は昔から香港にある店で、子供の頃は尖沙咀店によく行っていた。
チェーン化している今でも、こんなに美味しいんだね。空席が無いほどに込み合っているのも納得。

翠園を擁する德福廣場がある駅前周辺、Google Mapで見ると明らかだが、建物と建物が繋がり、どんだけーな面積にまで建物が巨大化していてしまっている。
気軽にご飯が食べられるお店やファストファッションを始め、店舗も沢山。高級ブランド以外は大体揃うのではというボリュームなので、地元の方の多いこと多いこと。

ディナーは湾仔の富臨酒家。系列店もあり名前はよく聞くが、入店は初。

エビ炒め
170828-24.jpg
ビールに合う、油っ気と醤油っ気

Suckling pig
170828-25.jpg
肉不足を感じ注文し。うーん、ここでは海鮮の方が美味しいだろうな。街市の近所にある、ごくごく普通の焼味の路面店の味。

春雨ホタテ
170828-26.jpg
焦しニンニクたっぷり油こってりで、島の味そのもの。ビールが進むぜい。

白魚のオムレツ
170828-27.jpg
ほんのり塩気があり、他の料理と比べてあっさりした味

島の観光客向けレストランで食べるような味付けの海鮮が、島よりも手軽に安く食べられた。これなら、家族を連れて行っても良いな。
サーブしてくれるおじさん(カンフー映画で主人公に小言言ってるような顔付き)が、香港基準で凄く気が利いて、茶目っ気もあり愛くるしかった。「日本人は中華食べるの?月餅知ってるの?」と色々聞かれたなぁ。

【街歩き】
初めて降りる九龍湾駅から、つながり過ぎて訳が分からない状態のモンスター駅ビルを進み、目指すは粵東磁廠さん。
こちらは磁器の工房で、今でも絵付けを九龍湾の工業ビルの中で行っているそうな。有名レストランやホテルに食器を卸している関係で、検品で弾かれたB級品の在庫が作業場にたんまり。それを求め、日本人を始めとした観光客が職人が絵付けをしている横で品定めをするという、シュールな場所である。私でも分かるような名の知れたところの食器も平然と転がっていたりするんだけど、専属契約とか、B品は売らずに捨てろとか顧客は言わないのだろうか…。緩いぜ香港。
かなり混沌としたトレジャーハントの場所と聞いていたので、午前中を使い切るつもりで行って来ました。

マニアには知られた場所の割に、ネットで執拗に写真を掲載している方も少ないようなので、バシバシ載せていきます。

日本人がワサワサするエリア
170828-13.jpg
お高いところの柄が散らばってますぜ

基本、在庫過多
170828-2.jpg
170828-3.jpg
170828-11.jpg
1年に1度も触られずに終わってる子らも腐るほどいるだろう

タバコダメ
170828-18.jpg
そういう次元の話じゃないのでは

隅は足を踏み入れられない状態
170828-12.jpg
170828-17.jpg
奥のどうやって取るの。閉店セールか移転大セールでもしない限り、そこへ行きつかない気がする。

薄々気づいてる方も多いと思いますが、壺とか重くて不安定なやつをガンガン上に置いている
170828-4.jpg
170828-5.jpg
地震が無いからと言って、それで良いのか

社長さんの近くの棚には、粵東磁廠が発祥の廣彩柄を含むアンティークなカップ&ソーサーが置いてあり可愛らしい
170828-7.jpg
1客1,000HKD超えもあるので、購入を躊躇してしまった。よくよく考えたら、小ざっぱりした雑貨屋で売ってる近年の湯呑でも1,000HKD超えなんてざらにある。鬼高くも無かったのに、何を悩んだのだ。

奥様に大人気の3段トレーのコーナー
170828-8.jpg
在庫を全部置いちゃう精神で、背景に買われる見込みの薄い像が散見される。ワンチャンを狙いに行く姿勢、嫌いじゃないよ。

この奥の棚で、嘉麟楼のティーポットを発見したので持ち帰った
170828-9.jpg
冗談抜きで、蓋が行方不明のティーポットも普通に陳列してるから注意して

職人さんが休憩中の間に、作業場も撮らせて頂きました
170828-15.jpg
閉所恐怖症は働けないですな
170828-14.jpg
青獅子は1ペア1,200HKDと値札が貼ってあった。いかがでしょう?

招き猫は粵東さんの製品じゃないよね?
170828-1.jpg

亀さま
170828-6.jpg
下も亀なのか??

調子乗っちゃって
170828-10.jpg
ゆりやんレトリィバァっぽい像も撮っちゃった

何 故 並 べ た
170828-16.jpg
ほの不細工なネズミと、おぢさん

九龍湾は工場や産業ビル系が多く、これだけの為に行っても楽しめるに違いない
170828-19.jpg
数字が書いてあるの好き
170828-20.jpg
良いっ、実に良いボロ味。室外機もパーフェクト。

【ねこ】
風があり雨もぱらついていたので、ノーねこデー。

【日本へ持って帰るお土産】
・金魚柄ソーサー@粵東磁廠
 何十年か前のデザインで、カップは何処かに行ってしまったらしい。
 柄がかなり細かいので、セットで残っていたらゴージャスだったろうな。
 部屋に飾っているが、自宅が鯉と金魚モチーフで溢れてきていーる。
・英国時代の軍関係の施設?のカップ&ソーサー@粵東磁廠
 白地に紺とゴールドのラインが入った綺麗めデザイン。
 検索しても何のロゴで如何なる施設かが分からなかった。
嘉麟楼のティーポット@粵東磁廠
 ワンポイントの麒麟が可愛らしい。
 レストラン仕様でたっぷり入るから、使い勝手が良い。
・嘉麟楼のミニ角皿、ミニスープ皿、お椀@粵東磁廠
 シンプルなデザインで、どんな料理でも合わせ易い。
 因みに、嘉麟楼には行ったことが無い。
上海灘のマグカップ@粵東磁廠
 いつも使っている安マグカップと違い、薄手で高級感がある。
 まだ6個くらいは倉庫に残っていた。
ザ・ペニンシュラ香港THE LOBBYで使われているティーポット@粵東磁廠
 日本人マダムが大体買ってるのは、客室用のデザインの方らしい。
・粵東磁廠のレンゲ×6
・Camelの魔法瓶 Camlux Hotelオープン記念デザイン@Camlux Hotel
 魔法瓶でお馴染みのCamelが開業したホテルで入手。
 少ししか使っていないが、保温性は高いと思う。
・友人の結婚式に来ていくシャツやジャケット@Horizon PlazaJoyce
 再来週の結婚式用のジャケットを、このタイミングで買う緩さ
・やたら攻めてる革靴@Horizon PlazaのLane Crawford
 レンクロのアウトレットは、靴のサイズが豊富で助かった。
 服も全体的に値引き率が高かったものの、攻め過ぎてて着る場所が。
・赤ワイン(NZ)と白ワイン(仏)@Horizon PlazaのBoutique Wines
 アウトレットのワイン屋さんは、こざっぱりしたワイン倉庫でした。
 お宝発掘度は低いが、面白いものが日本で買うより安かったり。
 白ワインが私の家の中で絶賛ロスト中。どこに消えた。

【今後へ生かすメモ】
・涼しい日だったので苦も無く探検できた粵東磁廠ではあるが、天気の良い夏の日だと大変かも。扇風機以外の冷房はあるのだろうか。
・九龍湾はかつて工業の街だったので、気になる建物がちらほらとあった。今は亡き啓徳空港の周りは、味わいのある古ビル探しにもってこいの場所だろう。
・Horizon Plazaは25階以上あるアウトレットで、各階の移動は奇数階にしか止まらないエレベーターと偶数階にしか止まらないエレベーターで行う。台数が限られているので、休日はエレベーターの争奪戦となるとみた。糅てて加えて、間違えたエレベーターに乗ると、ショップじゃなくて工場の作業場みたいなところに出ちゃう不親切設計。近頃シャレオツな公式サイトも開設されたとは言え、全方向に突っこめる仕様は継続中の模様。

【全体の振り返り】
台風の余波で天気が安定しない日だったので、室内中心。九龍湾の粵東磁廠と、香港島側のHorizon Plaza。迷路系スポットに2つも潜入出来てハッピー。九龍湾からHorizon Plazaまでバスで1本で行けることを友人が調べてくれたので、大いに助かった。
効率良く移動出来た反面、常に食器が詰まったコロコロを引きずっていたことになるので、屋外の写真は殆ど撮れていない。

友人に連れて行って貰ったレストランは2軒とも良かった。海鮮は下手に島に行くより、地元の人が行く店の方が安いな。
nice!(0)  コメント(0) 

2017/8/27 夏だから島に行く【2日目】 [雑談]

シグナル8くらいの台風と一緒に遊んだ1日。アイツじゃじゃ馬だから、わしとしたことが、無茶苦茶に振り回されてもうたわ…。

【移動範囲】
宿-北角-銅鑼湾-宿-金鐘-海怡半島ー尖沙咀-佐敦-銅鑼湾-宿-深水埗-美孚ー佐敦-宿
移動は全てMTR。

【食事】
土日は朝から飲茶が頂けると分かったので、金鐘駅直結の天一酒家で朝ご飯です。4か月ぶり
尚、今回も暗い席なので、写真の明るさを調整しました。加工しないと、怪しい儀式の供物として点心を捧げているみたいになるので止む無し…。

エビ焼売
170827-39.jpg
前回ほどは感動しなかったが、焼売好きにはウホウホであります

パイ生地にシーフードを味付た具がのっているもの
170827-40.jpg
中華というよりは西洋料理なのだけれど、パイ部分の出来が良いので美味。ワイン持ってこーいな味。

変わり種な牛肉球
170827-41.jpg
牛肉球の具を焼売の皮で包み蒸したものに、型で抜かれた人参と桜えびがのっている。こうすると牛肉球も上品になるね。

雪山叉燒包ことチャーシューメロンパン
170827-42.jpg
170827-43.jpg
絶品。ここは、パイとかパン系は下手なレストランより、ずっと良く出来ていると思う。

マンゴーサゴ
170827-44.jpg
マンゴープリンと違って普通に箸が進んだ

お夕飯は、買い物ついでに深水埗の劉森記麵家を試すことに。

調味料がドーン
170827-45.jpg
一番右の、ビッグサイズの余均益のチリソースが欲しくてたまらない

薑蔥黑柏葉撈麵
170827-46.jpg
ボソボソし過ぎない絶妙な塩梅の竹昇麺に、センマイとネギがたっぷり。麺に水分が絡んでいるので悲惨なボソボソ食感に変貌することも無いし、別添えのタレも麺と好相性。具も臭みが無いしふんだん。値段も安い。全てにおいて、ミシュランに載っている永華麺家の撈麵より上だと思う。
本旅行でもトップ3の食事だった。深水埗の飲食店は、今のところ全部安ウマ。Amazingだね。

隣りのテーブルでせっせと店員さんが包んでいるのが気になって、餃子も追加注文
170827-47.jpg
日本で食べる餃子くらいのサイズの皮に、ギリギリまでエビと貝がみっちり詰まっている。麺の後でももたれずにスルスルいける。文句のつけようがない。

【街歩き】
台風接近中の日曜の朝に、街市を3つ巡りました。

初っ端に北角街市。
渣華道街市と混同されてい事が多い、マイナー気の毒な街市である。北角駅から離れてるのがいけないんじゃろうか…。

降りしきる雨の中
170827-1.jpg
この雨の中、外に置き去りで納品されている鯉科(多分)の魚…盗まれないのか?

そもそも、お店開いてるのか?
170827-2.jpg
目張りが舞台の幕のよう

うーむ、営業中や、準備中のお店を探す方が難しい
170827-3.jpg
170827-4.jpg
170827-10.jpg
170827-6.jpg
生きてないものを撮るのが大好きな人<自己紹介入った>には、たまらない状況

陳列が綺麗
170827-5.jpg
出来る店員がいるコンビニ的

何故そこにCDが
170827-7.jpg
カラス避け?(違)
NAMA UDONも気になる。

扇風機は回り続けてる
170827-11.jpg

ラブ箱モノ
170827-12.jpg
170827-13.jpg
170827-14.jpg

八百屋さん、果物屋さんは、こんな朝でもやってるYO
170827-8.jpg
170827-9.jpg

人が沢山いると撮りづらいんだけど、神様を祀っている店舗の空間って好き
170827-15.jpg
母の実家が商店をやっていたので、心を揺さぶられる

上は公園になっている
170827-16.jpg
マンションは天へ背伸びをし、地下は電車を張り巡らされ。そんな中にも公園よ
170827-17.jpg
遊具に感じる中華

銅鑼湾街市
170827-18.jpg

人いない
170827-19.jpg


170827-20.jpg
やっぱり納品されたまま放置気味

好物のボロシャッター来ましたぁ
170827-21.jpg
左よしっ!
170827-22.jpg
右よしっ!
170827-23.jpg
手袋の位置もパーペキっす

鶏屋さんはお仕事中
170827-24.jpg

八百屋さんは、ここでも絶賛営業中
170827-25.jpg
170827-26.jpg
170827-27.jpg
Manningsの販促品(猫と女の子)が再利用されてる~

電気道街市。何でもネットにあげたがる現代をして、検索しても大して情報が出ない街市。
170827-28.jpg

さかなクンは無人
170827-29.jpg
170827-30.jpg
170827-31.jpg

準備でお忙しげだったので、妙なアングルになってしまったが
170827-32.jpg
八百屋さんはやっぱり、準備万端

熱食中心も併設されているが
170827-33.jpg
朝だし無人

うむ
170827-34.jpg
接写
170827-35.jpg
青島ビール監禁事件

楽しいだろうな、こういうところで飲むのも
170827-36.jpg


170827-37.jpg
背後のテープと椅子のせいで、事件性を感じさせてしまう。実際はただ汚いだけ。

この写真を撮る為に、2往復して八百屋さんに不審がられた
170827-38.jpg

お昼ご飯以降は、雨の中コロコロを引きずっていたので、写真無し。

旅日記を読むと明らかだが、私はMTRばかり乗っている。従いMTR構内の広告を目にすることが多いが、この夏の旅で気になったのはマナー啓蒙の広告。
色々なパターンが掲示されていた中から、2枚だけご紹介
170827-51.jpg
170827-52.jpg
行きの飛行機で何度も観たから、「君の名は。」にしか見えなかった…。組紐外してる三葉かな?可愛いね。←かたわれ時じゃないけど帰ってこい!

【ねこ】
深水埗のおもちゃ屋さんで
170827-49.jpg
まろ眉の白黒逆転猫ちゃんですね
170827-50.jpg
台風ともなれば、ねこ遭遇率も落ちるというもので

【日本へ持って帰るお土産】
・エシレバター有塩@Citysuper 銅鑼湾店
 トーストやバゲットに、これと蜂蜜をかけるのが好き
・老友記の銀蝦XO醤@Citysuper 銅鑼湾店
 小さい蝦がワシャワシャ入った豪勢なXO醤。
 味は濃いめなので、そのまま冷奴にのっけると◎。ご飯にも。
・南Y島の白魚を揚げたおつまみスナック@Citysuper 銅鑼湾店
 ビールによく合う塩コショウ味でした。
 銅鑼湾店は中環のお店より、この手のお土産物類も充実している。
DoughnutのPEAK(大型リュック)
 昨日行った銅鑼湾店には在庫が無かったので、本店で購入。
 当たり前と言えばそうだけど、深水埗店の方がストックが多いんだな。
 ビッグサイズだから、パワーベルト・水・着替えがスッポリ入って便利。
多多餅店のヌガー
 わざわざ何もない駅に日本人が向かうというのも納得の、ハイレベルヌガー。
 全種類ごっそり持ち帰りをしたが、脆心(クリスピーヌガー)は特に良い。
 ヌガーのもさっと部分とサクサク部分が上手く交わり、軽く楽しめる。
 ナッツやドライフルーツを入れて、歯応えにも変化を加えているのもニクい。
 知人から評判が良かったので、遠いけどまた行こう。
・多多餅店のクッキー
 素朴だけど、香港のクッキー界の中では自分好みの方だと思う。
 チョコやアーモンド以外にも、お茶、墨、と変わり種も用意されている。
 香港のクッキーって、濃厚バターが好きな私には大体物足りない。
裕華の茶藝コーナーで白茶、紅茶、ジャスミンティー
 例の如く、試飲して気に入ったものを日本へ。
 ジャスミンティーは、高いものだと香りが全然違う。

【今後へ生かすメモ】
・強い台風が来るとバスやトラムが運休して、MTRが間引き運転となる。
・タクシーは争奪戦となり、事実上拾えない。
・モーレツ台風の時は、超有名ショッピングビルもテナントが開いていない。だが何故か、同じビルにあるレストランだけは平然と営業しているので、ビル自体には入れる。足並み揃えろよ!
・個人商店は人それぞれで開いてたり休んでたり。
・パリピの若者はスマホで台風を撮ってはしゃいでいたけど、そうする余裕も無い程度に、雨風は酷かった。香港の台風は東京のそれとは比べ物にならない。筆者のネイサン・チェンばりの天パが、塗れて直毛になっていたほど。

【全体の振り返り】
大型台風最接近の香港はどうなっているのかを、ただ確認に行っただけの日中であった。
自分が行った範囲では、こう。

Horizon Plaza
最寄駅までMTRは動いていても、そこからのバスが出ていない。バス乗り場のおじさんの話を聞くに、警報発令中は閉まっていた?
Harbour City
レンクロや誠品書店含め、ほぼ全てのショップは閉まっていた。レストランは営業。
K11
駅直結ビルなら空いてるのでは?という期待も空しく、レストランのみ営業。
裕華
閉店ガラガラ~!!シャッターが閉まっていた。
Times Square
レストランと下のCitysuperのみ営業。人々が食べ物を買いに来ていた。

昼過ぎまで、濡れ鼠になりながら香港島から九龍半島の様々なショッピングスポットを周り、その閉まり具合を確認。貴重な経験であった。
これなら帰ろうかな、と諦め14時から銅鑼湾のCitysuper内の有料ワインテイスティングコーナーでウェーイと飲み始める。1時間ほど飲み、「じゃあ帰るべ」とエシレバター有塩や、部屋で食べるヨーグルトなど冷蔵の食料品をしこたま買い込み外へ出た。ら、外界では、台風が去り街のお店が一気に開き始めていたという…。
後で香港の人に確認したところ、警報解除となって交通機関が動き始めると、街はいつもの喧騒を取り戻すということらしい。夕方一歩手前みたいな、半端な時間でも出勤しなきゃいけないのか。ショップ店員さんも大変だな。
冷蔵品をホテルに置き、身なりを整えて夕方から、どうしても買いたかったものなどを探しに再度外出。似たようなところを行ったり来たりで、無駄の多い1日だったぜ。
そう言えば今日は、アマさんたちが日曜の昼前に集会を解散して家路についていました。香港最強のソウルを持ったアマさんがさっさと帰る=屋外にいたら阿鼻叫喚。今後はそれで判断したいと思う。

明日から観光を頑張りまっしゅ。<絶対反省してない>
nice!(0)  コメント(0) 

2017/8/26 夏だから島に行く【1日目】 [雑談]

夏休みを利用して、香港に行ってきました。
翌日から大型台風が来るという予報があったので、初日から大物のお買い物に勤しみます。

【移動範囲(自宅からホテルまでは除く)】
宿-中環-銅鑼湾-宿
移動は全てMTR。

【食事】
フライトでろくなものを食べていない。早めのディナーに、当ブログ的にはユンキーな鏞記酒家へ行きました。

取り敢えずな、ピータン
170826-1.jpg
ピータン嫌いにこそ試して頂きたいピータン。添えのガリが高級お寿司屋さん級。
日本のお酒にも合うだろうし、お土産にするのも良さそう。

しいたけまん
170826-2.jpg
表面のしいたけ感!
170826-3.jpg
裏返すと柄がある。再現の細かさよ。
具は黒トリュフを和えたキノコ。ベジタリアン饅頭だけど味はしっかりで、満足感がある。

ローストグース
170826-4.jpg
以前よりもオイリーになった気が。だけどやっぱり美味しい。香港で富を築いたら週4でこれ食べるわ。
お肉の下に隠れてるお豆がお肉に勝るとも劣らない出来でして、これだけで紹興酒がグイグイいけちゃうね。

ユンキーの入り口付近にいる店員さんは、お客の顔を見て英語で「いらっしゃいませ」と話しかけ、メインランドな団体が来ると大声で「ようこそなりー、サササ上へどうぞ~」と即座に反応していた。香港を代表するレストランに恥じない俊敏さ。
接客係であれば英語は普通に通じるし、結構こちらの動きをちゃんと見ているベテランスタッフには安定感があるから、大好きなお店。ずっとこのままでいて欲しいなぁ。Just the way you areとブルーノ・マーズボイスでお願いしたい。

夜食に文輝墨魚丸大王
170826-13.jpg
看板の色合いが綺麗め。良いカメラでここの看板を撮ると、凄いんですよ。私のカメラでは無理ですけど。

全部入りメニュー紫菜八寶湯を麺なしでオーダー
170826-12.jpg
1つ1つの具が食感を意識していて、見かけのコテコテに反して、凝っている。フィッシュボールはプリプリ、餃子風の具には賽の目切りの人参が入っていた。海苔は日本人にも違和感が無い風味だと思う。
澄んだスープは薄味。お酒を飲んだ後でも良さそう。

【街歩き】
銅鑼湾の夜
170826-5.jpg
B級スナック屋台、興味ある
170826-11.jpg
香港島はトラムよのう

【ねこ】
銅鑼湾の、店名が難しすぎる上海么鳳さん
170826-9.jpg
ドライフルーツのお店です。
衛生観念が日本より緩い香港でも、ドライフルーツのお店は大概綺麗めですよね。医食同源だから?
170826-10.jpg
ぬ!
170826-6.jpg
大人しい子がいるではないの
170826-7.jpg
つーん
170826-8.jpg
明日は台風だにゃ~

【日本へ持って帰るお土産】
九龍醤園のお醤油(砂糖入りと砂糖無し1本ずつ) 
 値段は高いが、八珍とはキレが違う。調味料を買うなら九龍醤園は外せない。
・九龍醤園の芝麻醤なるゴマペースト
 お味噌とあわせると、上品なお鍋が出来る。次回も買おう。
・九龍醤園の鎮江香醋
 カレーの下味に使ったが、円やかで料理の邪魔をしない。
 次は絶対に大量に買う。
・九龍醤園の甜麺醤
 炒め物に入れると一気に本格中華。
 これがあればクッ●ドゥー的なものは要りません。
・九龍醤園の胡麻油
八珍醤園の八珍甜醋
 向こうの人が食べる豚足と生姜煮(※2日後、食べることとなる)に使える調味料。
 フタを開けた瞬間、その独特な料理の匂いがあたりに充満。
 思い出が即座にフラッシュバック!
 容赦なく甘い個性派なので、普通の料理にはちょっと使い辛いかなぁ。
・八珍醤園の花椒
 麻婆系料理にふりかけると、お店のような辛さに。
・Fortnum & Masonのティーバッグ色々@銅鑼湾のレンクロ
 レンクロは服も価格も攻めすぎてて、これ以外買うものが無かったよ。
 ダージリンもCountess Greyも、安ものと違って香り高い。
 父も気に入ってくれたので良かった。
・香港産蜂蜜、利川椰汁咖哩醬、月餅、片糖などなど@銅鑼湾のWellcome
 銅鑼湾のWellcomeに初めて行ったけど、品揃え凄まじく、24H営業。
 楽しくて笑いが止まりませんわ~。

【今後へ生かすメモ】
・銅鑼湾のインドネシア雑貨店、營多(Indo Market)には、テロンオイルが無かった。土曜の夜はアマさんがわんさかいて、マルキューに集う女子高生に遭遇した時のような密度とテンションでした。アマさん、明日は存分に休んでくださいね。

【全体の振り返り】
重量のあるものを重点的に買った日となった。
帰る頃には、買い物用に持って来たコロコロと、サブで持っているやたら丈夫な化繊のガバガババッグがパンパンになり、筋トレをしている自分でも辛い重さに。MTRの階段を降りる際、見かねた日本人の女性2人に助けて頂いたことが忘れられません。有難や。男はつらいよ、調味料は重いよ。
ほうほうの体で帰るも、明日の天候が気になる。「台風情報はホテルのコンシェルジュに聞ける」とホテル案内にあったので、夜分に電話で確認をしてみた。何となく理解したまま電話を切ったが、これが運のつき。翌日は爆雨の中、ウロウロすることとなる。壮大な旅物語の幕開けである。
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/17 香港で自転車とミシュランのスターを探せ!【最終日】 [雑談]

悲しきかな帰国日。別れを惜しみ、鰂魚涌を少しばかりお散歩。
鰂魚涌イチの名所は、カメラ小僧のメッカであるモンスターマンションであろう。Romain Jacquet-Lagreze氏のVertical Horizonでの象徴的な写真や、トランスフォーマーのロケ地として、海外からも人が来るようになった密集住居だ。私は行けずに帰国してますけど…。

鰂魚涌は歩き倒すべきエリアだと感じた
170417-1.jpg
トラム通り沿いにはモンスターマンション以外にもボロビルがあるし

飾り花のお店も多くって
170417-2.jpg
大規模なFuneral Homeがあるから、そういうお花屋さんが多いのよ(ええっ)

海沿いは公園とか政府関連の施設があって、歩いていて気持ちが良いの
170417-6.jpg
香港はド中心部でも大きい公園があるけれど、それらより喧騒と切り離されていて、観光客も少ないから異なった雰囲気がある

太古駅に近づくと、近代的なオフィスビルや、若向けレストランやカフェがあるし
170417-5.jpg
4日前に行ったEspresso Alchemy Quarry Bay店
今日もカフェラテ頂きましょうかね
170417-4.jpg
私、どう見てもハート柄の顔してないので、ハート以外も描いて欲しいの。肉まんとか。
170417-3.jpg
雰囲気にやられたのか、タンパク質オタクなのにベジタリアン系のキノコサンドを注文してもうた。東京のカフェで出されても違和感が無い味で美味しかったです。調味料の使い方や味付けが、ダサくないカフェご飯になってる。ドレッシングにビネガーがきいてました。

おとついお夕飯を食べに行った粥麵館が入っているKerry Centreのオブジェが気になっていたので、再突入
170417-7.jpg
170417-8.jpg
170417-9.jpg
170417-10.jpg
中華圏鉄板の縁起ものと言えど、ゆるぎない鯉推し。ビルオーナーの前世が、というよりオーナー本人が半鯉人であっても、私は驚きません。
粥麺館は普通に良いお粥屋さんだし、観光客も安心して行けるサービスレベルで清潔なのに、検索しても大して引っかからない。日本の皆さんも是非行ってみてください。
鯉モチーフが大好きなのでそればっかり撮って帰っちゃったのですが、前衛的なアートがビル内に点在しています。人が全然いないので、思い通りに撮影出来まっせ!

香港島だと西環を推す声も多いけど、鰂魚涌も変わりゆく注目エリアに加えて欲しい。

最終日はいつもあまり出歩けないのが残念。疲労と荷物の最終パッキングが気になり、冒険出来ない性格だ。終わりまでガツンと詰め込める人って凄い。
ホテル発の直行バスで空港に行き、
170417-12.jpg
出国前エリアにある翠華餐廳
170417-13.jpg
焼味セットを。タンパク質を確保じゃ。
空港内レストランの中では値段がまともだし、メニュー豊富で味もそこそこ。お茶だけでも席がちゃんと確保できるのが有難い。休憩ならここ一択かも。

4月の香港は人生初だけれど、気候も良くて、寒がり暑がり族にはベストシーズンかと。チケットと休みが取れれば、固定イベントにしても良いな。
さて、次は何時行けるか。
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/16 香港で自転車とミシュランのスターを探せ!【9日目の旅編】 [雑談]

トラック世界選手権も最終日と相成った。
日曜日ともなれば午前中の早くから予選が始まるので、グルメに走る余裕なし。されど、何かは口に入れよう
170416-1.jpg
坑口駅直結の、東港城にあるPacific Coffeeで軽めに。大半のテナントがオープン前だからか、店内はガラガラ。日本のセブンイレブンのドーナツって安くて美味しくて凄いわ~。(直接の感想を言わない)

香港の世界選手権大会では、週末のチケットの価格がやたら高く設定されていた。
今日の午後なんて、平日の午後の倍以上の値段を平気でつけているんだが、他国開催に比べて値段差をつけすぎじゃないかなぁ?良くも悪くも、儲けられる時に徹底的に儲けたがる、一部香港商人のがめつさが出ちゃってるように思う。日本人が全世界に日本規格を求めるのと同じで、これはなかなか解決しない点だろうな。
だけど私。香港ヴェロドローム大好きだから。きっとまた行くよ。←骨抜きか

昼前に一旦解放されたので、将軍澳駅方面へ歩き、ショッピングビルへと。目的は莆田 将軍澳Popcorn店でのランチだ
170416-6.jpg
本国シンガポールではミシュラン1つ星。香港でもチェーン展開していて、銅鑼湾店はビブグルマンに選ばれているそうな。

お通しとして出された、おつまみの海苔とナッツ
170416-3.jpg
見て分かる通りビールに合う

祭りの終わりも近いので、タイガービール行きます!
170416-4.jpg
オリオンビールに並ぶくらいに好きな南国ビール。両親が若い頃、マレーシアに住んでいた事が大いに影響していると思われる。

黃金麥皮蝦
170416-5.jpg
大ぶりのエビがカリッと揚がっていて、美味なり。塩気だけでなく、甘さがしっかり感じられる味。ボリュームがあった。

エメラルドグリーンの差し色が、南国の快活さを表現している店内。接客は明るく親切。
ああ、非香港の方が、接客マニュアルがこなれているんだろうか…。

ランチの行き帰りに、参加選手がホテルまでサイクリングしている姿もかなり見かけたが、信号無視の多いこと。
この大して流行ってない競技をメジャーにして、尊敬を得たいのなら、選手にはもう少し利口にならないと駄目だろうな。商売道具に乗って、仕事で使ってるジャージを着ながら、海外の一般人に迷惑をかける。ダサいのはチームGBのリオ五輪限定ジャージだけにして欲しいわ。(また言う)

ヴェロドローム周辺の高層マンション群が、ごっつぁんです級の充実度
170416-7.jpg
170416-8.jpg
たまらんばい

幾つかPick up
170416-13.jpg
左側の青系とピンクが入ったビル群、Michael Wolf氏のArchitecture Of Densityの表紙のもののように思うのだがどうだろうか。私は若干色盲っぽいので、色の表現に違和感があっても気にしないで欲しい。

お台場のツインタワーの趣がある~
170416-14.jpg
NARIKINが出入りしてそうでときめく~

いい塩梅に怪しさが出てる無機質白ビル
170416-15.jpg
ハリウッド映画で、主人公がモンスターや幽霊をドゴスコ退治する舞台に使えそう
170416-9.jpg
教会が裏にあるのも、それっぽさが出てるというか

ヴェロドローム沿いの屋台
170416-16.jpg
オリンピックはメインランドと別枠で出られるのだし、香港自転車界は未だ暫くこのままの形式を維持するのかな?幸多からんことを。

長いこと当ブログをやっているが、これ以降の、競技場を出てから夜寝るまでの写真だけロストしてしまった。
撮影データをDVDに焼くことに失敗したあたりで何かしてしまい、PCからもDVDからもそのデータが消えてしまったのかなぁ。写真データは従来、PCのローカルに保存する以外大したバックアップもせずに放置していて特に問題無かったのに、色々やろうとしたらこの様だ。トホホのホ。
リカバリは色々試みましたが、復旧出来たのはビルの写真のみ。解像度を下げてでも良いから、これからはクラウドにも、データはちゃんと保管しておこう。
本来であれば、撮影した観覧車や夜景の写真を以降に説明付きで載せるところだが、残ってないからもう良いね。中環~尖沙咀の夜景を見たり、ホテルで最後の晩餐を済ませましたと簡単に記録のみ。

当日に書いた観戦レポートはこちら
お気に入りを選んで、レース写真を再掲。

おめでとう
170416-10.jpg

写真を無くした悲しみは、オヤジが癒してくれる
170416-12.jpg
170416-11.jpg

当日レポートに載せてないフォーゲル姐さんの写真
170416-20.jpg
国に関係なく祝福を受ける瞬間を見るのは、良いものです
nice!(0)  コメント(0) 

2017/4/15 香港で自転車とミシュランのスターを探せ!【8日目の旅編】 [雑談]

トラック世界選手権も4日目に入り、応援と、くだらないレポート作成からくる疲労が溜まって来ている。

街で食事を取りましょうか
170415-6.jpg
北角へ出ます

ミシュラン1つ星、添好運点心専門店(北角分店)で元気とやる気を注入だ。例の通り、開店ちょっと前から並び、一回転目での入店です。
メニュー名は、公式サイトでの名称を優先。

鶉春蛋魚茸燒賣
170415-1.jpg
何気に新メニュー。うずらの卵がのった焼売。

陳皮牛肉球
170415-2.jpg
点心の店なら何処にでもある定番メニューだが、添好運のものはどこか品が良い

白灼青油菜
170415-3.jpg
レタスなので食べやすい。

鳳爪排骨飯
170415-4.jpg
中華な皆さんがよく頼んでいるので、トライ。もみじと排骨が付いた、豪華ご飯。塩気があるが、くどすぎない。持ち帰って部屋でビールと一緒に食べても良さそう。

美味炆鮮竹卷
170415-5.jpg
かなり好きでよく頼んでいる。香辛料や調味料を強くし過ぎない味付けと、湯葉の独特の歯ごたえ。和食に近いものを感じる。このタレと、ご飯の相性は最高。

今日も今日とて、お客を回転させることに全力を注いでいる感じの接客であった。清々しい。

イベントのかきいれ時、週末につき、今日はセッション間休憩が長すぎた。
付近をウロウロする気力は無い。ホテルに戻って仮眠をして
170415-11.jpg
目覚めてから暫し高密度住宅を見つめていたが、何も食べずに夜遅くまで観戦なんて不可能。

合間ご飯は、ビブグルマン掲載の粥麵館にしました
170415-12.jpg
1品目、好きな具を3品選んでお粥にして貰いました。分かりづらいですが土鍋が大きくて、並みの店の2人前弱あります。香港基準だと、かなり薄い味かなぁ。最初は滋味深さを味わいつつ、途中で卓上のお醤油をかけるのも良いでしょう。
170415-13.jpg
エビワンタン麺も、なかなかの出来。スープがやはり上品だが、美味しいワンタンスープの味になっている。

新しいビルの中にある、清潔なお店で、英語も通じますし、スタッフも物腰柔らか。街中の粥屋さんよりは高いですが、とてつもなく高くしてる訳でないので、小汚いお粥屋さんが駄目な人でも安心して使えると思います。

レースを終えて帰路につく頃には23時近いものの、香港は坑口駅はマンションの灯りで明るい。
170415-15.jpg
伊豆の世界選手権開催はポシャったけど、あの田舎で、トラックレースは夜遅くまでやるスポーツだという前提をどう処理するつもりだったんだろう

当日に書いた観戦レポートはこちら
お気に入りを選んで、再掲。

ナターシャ・ハンセン選手
170415-7.jpg
魅力が伝えられない私のバカバカッ<キャラが崩壊したまま戻らない筆者>

カッコいいドミちゃん
170415-14.jpg

全部持ってこうとするイタリアのチャラ集団
170415-8.jpg
アイウェアに手をかけているところが、もうズルいとしか

昨日の答え合わせの前に、今日の香港中距離コーチ
170415-10.jpg
もしかして:アジアの虎

正解は、香港が誇るスクラッチの世界チャンピオン、ロードレースでもアジアの先頭をひた走っていたワン・カンポーさんでした。
現役当時のお顔立ちは10年前5年前という具合。可愛いお子さんもいらっしゃいますが、御年44。漕ぐと速いのに、老けるスピード遅くないですか。
nice!(0)  コメント(0)