So-net無料ブログ作成
自転車漫画 ブログトップ
前の10件 | -

イズの魔法使い76~You Can't Stop The Cadence #40 [自転車漫画]

長らく続いたツール・ド・おきなわ編。わたくし最愛の沖縄が舞台であり、ロードレースを最初から最後まで描くのは今後無いだろうとの思いから、伸びに伸びましたが、これにて完結です。
レース編は多少見逃しても追いつける程度の展開だった為、全話欠かさずに読めてる人はあまりいないんじゃないかな?!#1から読み直すと、色々繋がるところもあるかも知れないよ?!<雑な振り>
明日のツール・ド・おきなわが無事に終わりますように。

75の続き。
トラック組の打ち上げ@香港。

TWOI-comi76.jpg
※画像はクリックすると拡大します

どぅる天は美味しいけど手間がかかるので、出せるお店が限られている琉球料理屋さんの逸品メニュー。
皆さんも沖縄本島に行ったら、探して食べてみましょう。

【蛇足】
香港の100万ドルの夜景と言えば、九龍半島から香港島の中環方面(=植民地時代に最初に開発されたエリア周辺)を見た写真や、香港島のヴィクトリアピークから眼下を見下ろした写真が使われる事が非常に多い。香港島がアジア経済の中心の1つである事は疑う余地も無く、そこには夜に煌めくビルが多数そびえているのだから、当然と言えましょう。
ですが今や、摩天楼がひしめく範囲は急増し、都市の夜景を楽しむエリアは広がりつつあります。象徴的なものは、97年の返還以降に一気に開発が進んだ西九龍ではないしょうか。香港イチ高いビル(ICC)を筆頭に、周囲はそれを囲み守るかのように高層ビルが群れています。最初にあの長細いビルを見た時は、写真を見ても違和感しかありませんでしたが、今となってはそれを変だと思うことも無くなりました。
中環が植民地時代の発展の象徴であるならば、西九龍等の新興開発区域は中国の勢いや彼らのパワーの証明なのでしょう。それのどちらが香港にとって良かったのかは、各々の立場によって見解は異なり、香港人の中であっても共通解は無いように感じます。ただ言えることは、この飽和しつつある世界の代謝を止めることは誰にも出来ないし、新しい価値観はそこで生まれ育まれていくということ。団結して抗うか、共に回り続けない限りは転び、取り残されていくだけです。
漫画では、1コマ目が西九龍、6コマ目が中環の夜景となっております。(現在の景色から、ビルは加えたり削ったりしてます)

今後もスローペースで続いていきますので、万が一にも読まれている方は、たまにご訪問頂けますと幸いです。

過去の漫画はこのカテゴリを遡れば読めます。
nice!(0)  コメント(0) 

イズの魔法使い75~You Can't Stop The Cadence #39 [自転車漫画]

74の続き。
前回に引き続き、おきなわの表彰式兼パーティーの会場。

TWOI-comi75.jpg
※画像はクリックすると拡大します

妹は2位だし、チームメートはちゃんと大集団の前の方にいて必要な時に仕事してたじゃん。だけどギルモア姉は、おきなわでアイス食べてただけだよね。
高校生の時も、落雷のインターハイ優勝を、さも自分の手柄のように言ったんだろうな。鯉ちゃんに着信拒否されて、タスマニアで悲鳴を上げてれば良いのに…。

次を読む

過去の漫画はこのカテゴリを遡れば読めます。
nice!(0)  コメント(0) 

イズの魔法使い74~You Can't Stop The Cadence #38 [自転車漫画]

73の続き。
#1が昔過ぎてみんな忘れてるだろうけど、トラック組は香港のヴェロドロームで開催しているトラックワールドカップに出場しているんですよ

TWOI-comi74.jpg
※画像はクリックすると拡大します

高校生の出番は、今回はこれで終了。
ヘルメットとアイウェアを外すと、「あらこんな顔でしたか」って人はいますけど、まさかジャイアントパンダの香香こと平等はジェルが無いとただのモジャだったなんて…。

この長かった話も終わりに近づいているので、調子に乗って色々書き残します。例に倣って、読み飛ばしても支障無いですよ。

【蛇足1】
飛騨の笛田は、結構前から考えていた「岐阜側の乗鞍(※ホビーヒルクライマーの頂点の大会では長野側の乗鞍を登る)をホームとしているクライマー」です。前前前世からジロローザ編辺りから何度も、お父さんと一緒に登場しております。
この漫画で一番、計画的に出て来ている人物ではないだろうか…ガブとかサコーとか初登場が唐突すぎた

【蛇足2】
私が大好きなミュージカル映画に、ヘアスプレーという2007年公開の作品があります。公民権運動の頃のボルチモアが舞台で、街のティーンなら誰もが好きな人気番組「ヘアスプレー」(整髪料会社がスポンサーなのでこんなタイトル)を中心に物語が進みます。この番組の中では、白人と黒人は明確に分けられており、アフリカ系は月に1回のニグロ・デーにしか出演できません。
終始明るく楽しい作品を通して描かれるのは、人種を超えた友情や愛情、互いを変えていく親子・夫婦の絆、マイノリティの苦しみ。主人公は異なる人種の人と関わることに疑問を持っていないのですが、周囲の白人は「よく分からないけど黒人の居住エリアは怖いのでは」「そもそも黒人をテレビに出す必要があるのか」という人も少なからずいます。肌の色で差別することは間違っていますが、そのテーマを堅苦しく扱い過ぎないところが良いところ。だって、『イケてるものは、誰が見てもイケてる』し、皆で歌って踊る方が絶対に楽しいのですから。ラストのYou Can't Stop The Beatのパフォーマンスが始まる頃には、幸せな気持ちになる事でしょう。
60年代のファッションは可愛いし、トラボルタにミシェル・ファイファーにザック・エフロンに ジェームズ・マースデン(初代サイクロップス!)、クイーン・ラティファ、クリストファー・ウォーケンの豪華キャスト。未見の方は、どうぞ気楽に見て頂ければと。
今回の話が何故このタイトルかと言うと、フィナーレにおけるリトル・アイネスというアフリカ系の少女の使い方が、凄く気に入っているからなのです。

あと2回で終わります。
次を読む

過去の漫画はこのカテゴリを遡れば読めます。
nice!(0)  コメント(0) 

イズの魔法使い73~You Can't Stop The Cadence #37 [自転車漫画]

72の続き。

TWOI-comi73.jpg
※画像はクリックすると拡大します

あと3回だけ続きます。

次を読む

過去の漫画はこのカテゴリを遡れば読めます。
nice!(0)  コメント(0) 

イズの魔法使い72~You Can't Stop The Cadence #36 [自転車漫画]

71の続き。
先頭集団は残り1km。

TWOI-comi72.jpg
※画像はクリックすると拡大します

BOX TVはジロローザ編で初登場したアメリカのチームですよ。
続くロード世界選手権2025年ジャパンカップで、わさび及び日本は手も足も出なかったのであった…。

先日君の名は。を漸く見て凄く感動したのですが、もう下書きは全部描き終わっているので、飛騨ジャージの笛田でパロディが出来なかったことが悔やまれます。
飛騨の山奥からサコーのいるパリに飛ぶ笛田!絶対日帰り出来ない。

次を読む

過去の漫画はこのカテゴリを遡れば読めます。
nice!(0)  コメント(0) 

イズの魔法使い71~You Can't Stop The Cadence #35 [自転車漫画]

70の続き。

TWOI-71.jpg
※画像はクリックすると拡大します

分かりづらい「ああ無情」。

次を読む

過去の漫画はこのカテゴリを遡れば読めます。
nice!(0)  コメント(0) 

イズの魔法使い69~You Can't Stop The Cadence #33 [自転車漫画]

68の続き。
先頭集団は再び6人に。

TWOI-comi69.jpg
※画像はクリックすると拡大します

シュポシュポ香港機関車にただ乗りを試みるスーさん…。

次を読む

過去の漫画はこのカテゴリを遡れば読めます。
nice!(0)  コメント(0) 

イズの魔法使い68~You Can't Stop The Cadence #32 [自転車漫画]

67の続き。
105km地点を行く、先頭集団の面々。

TWOI-comi68.jpg
※画像はクリックすると拡大します

上野のジャイアントパンダの赤ちゃん、めちゃくちゃ可愛いですよね。パンダって目は結構鋭いんですけど…。

次を読む

過去の漫画はこのカテゴリを遡れば読めます。
nice!(0)  コメント(0) 

イズの魔法使い67~You Can't Stop The Cadence #31 [自転車漫画]

旅先でホテルのWi-Fiに繋がらないと騒いでいたら、先週の更新を忘れておりました。大いに反省しております。

66の続き。

TWOI-comi67.jpg
※画像はクリックすると拡大します

全部実際に起こったことと言うのが、ロードレースの凄いところです。

次を読む

過去の漫画はこのカテゴリを遡れば読めます。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 自転車漫画 ブログトップ